今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:8,230件

【少々お待ちください】と【少しお待ちください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「少々お待ちください」(読み方:しょうしょうおまちください)と「少しお待ちください」(読み方:すこしおまちください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」という言葉は、どちらもちょっとだけ待つことをお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の違い

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の意味の違い

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の違いを分かりやすく言うと、「少々お待ちください」と「少しお待ちください」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い方の違い

一つ目の「少々お待ちください」を使った分かりやすい例としては、「到着まで少々お待ちください」「すぐお呼びいたしますので少々お待ちください」「開店まで少々お待ちください」などがあります。

二つ目の「少しお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「完成までもう少しお待ちください」「ほんのもう少しお待ちください」「今確認いたしますのでもう少しお待ちください」「到着までもう少しお待ちください」などがあります。

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の使い分け方

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」はどちらもちょっとだけ待つことをお願いするという同じ意味を持つ言葉です。また、「少々」と「少し」はどちらも数量や程度などが僅かであることやちょっとということを意味しています。

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」どちらを使っても問題ないのでお互いに置き換えることが可能です。

例えば「到着まで少々お待ちください」を「到着まで少しお待ちください」と置き換えることや「確認いたしますので少しお待ちください」を「確認いたしますので少々お待ちください」と置き換えることもできます。

また、電話対応において「少々お待ちください」と「少しお待ちください」をどちらに使うかは会社によって違うので、その会社の規則に従うのがいいでしょう。

「少々お待ちください」と「少しお待ちください」の英語表記の違い

「少々お待ちください」も「少しお待ちください」も英語にすると「please wait a little longer」「please wait a little while more」となり、例えば上記の「到着までもう少しお待ちください」を英語にすると「Please wait a little longer for the arrival」となります。

「少々お待ちください」の意味

「少々お待ちください」とは

「少々お待ちください」とは、ちょっとだけ待つことをお願いすることを意味しています。

「少々お待ちください」の使い方

「少々お待ちください」を使った分かりやすい例としては、「お調べいたしますので少々お待ちください」「申し訳ありませんが少々お待ちください」「確認中ですので少々お待ちください」「指示があるまで少々お待ちください」などがあります。

「少々お待ちください」は数量や程度などが僅かであることやちょっとのことを意味する「少々」と待って欲しいことを意味する「お待ちください」が合わさり、ちょっとだけ待つことをお願いすることの意味を持つ言葉です。

「少々お待ちください」は敬語なので目上の人に使える

「少々お待ちください」は敬語なので、ビシネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「少々お待ちください」はどれくらいの時間か

「少々お待ちください」はどれくらいの時間を指しているのかというと、明確な時間が決まっていないのですが、10分以内の短い時間を指すことが多いです。もし長めの時間を表したいのであれば「もうしばらくお待ちください」を使うといいでしょう。

表現方法は「少々お待ちくださいませ」「少々お待ちくださいね」

「少々お待ちくださいませ」「少々お待ちくださいね」などが「少々お待ちください」を使った一般的な言い回しになります。

「少々お待ちください」の類語

「少々お待ちください」の類語・類義語としては、時間をもらいたいことを意味する「お時間をいただきたく存じます」があります。

「少しお待ちください」の意味

「少しお待ちください」とは

「少しお待ちください」とは、ちょっとだけ待つことをお願いすることを意味しています。

「少しお待ちください」の使い方

「少しお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「到着まで少しお待ちくださいませ」「お時間までもう少しお待ちください」「返事に関してはもう少しお待ちください」「受けの方からもう少しお待ちくださいと言われた」などがあります。

「少しお待ちください」は数量や程度などが僅かであることやちょっとのことを意味する「少し」と待って欲しいことを意味する「お待ちください」が合わさり、ちょっとだけ待つことをお願いすることの意味を持つ言葉です。

「少しお待ちください」は敬語なので目上の人に使える

「少しお待ちください」は敬語なので、ビシネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「少しお待ちください」はどれくらいの時間か

「少しお待ちください」はどれくらいの時間を指しているのかというと、明確な時間が決まっていないのですが、10分以内の短い時間を指すことが多いです。もし長めの時間を表したいのであれば「もうしばらくお待ちください」を使うといいでしょう。

表現方法は「少しお待ちくださいませ」「少しお待ちくださいね」

「少しお待ちくださいませ」「少しお待ちくださいね」などが「少しお待ちください」を使った一般的な言い回しになります。

「少しお待ちください」の類語

「少しお待ちください」の類語・類義語としては、時間をもらいたいことを意味する「お時間をいただければ幸いです」があります。

「少々お待ちください」の例文

1.ただいま確認いたしますので、もう少々お待ちください。
2.機材トラブルが発生したため、開演まで少々お待ちください。
3.ただいま開店準備中ですので、開店まで少々お待ちください。
4.少々お待ちくださいと言われたが、彼が戻ってくることはありませんでした。
5.主人はもう少しで帰ってくると思うので、こちらに座って少々お待ちください。

この言葉がよく使われる場面としては、ちょっとだけ待つことをお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように様々な場面で使うことが可能です。

「少しお待ちください」の例文

1.会場にいる皆様申し訳ございません。開演までもう少しお待ちください。
2.お急ぎのところ大変申し訳ございませんが、ただいま最終確認を行っていますのでもう少しお待ちください。
3.社長のが到着するまでもう少しお待ちくださいますようお願い申し上げます。
4.もう少しお待ちくださいと言われてから数時間経過したので、苦情を入れにいくことにした。
5.すぐに向かいますので、その場でもう少しお待ちください。

この言葉がよく使われる場面としては、ちょっとだけ待つことをお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように様々な場面で使うことが可能です。

「少々お待ちください」と「少し待ちください」はどちらの言葉を使うか迷った場合、どちらもちょっとだけ待つことをお願いすることを意味しており、使い方に違いはないので好きな方を使っていいと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター