今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:28,626件

【チート】と【ハック】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「チート」と「ハック」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「チート」と「ハック」という言葉は、「不正行為」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




チートとハックの違い

チートとハックの意味の違い

チートとハックの違いを分かりやすく言うと、チートは不正に改造することを表現する時に使い、ハックは不正に侵入することを表現する時に使うという違いです。

チートとハックの使い方の違い

一つ目のチートを使った分かりやすい例としては、「ゲーム内でチートする人に初めて出くわした」「チートかと思うほど仕事が早い」「皆同じくらいのスコアだと思っていたが、友人にチートかよ、と言われた」などがあります。

二つ目のハックを使った分かりやすい例としては、「アカウントハック対策のためにも定期的にパスワード変更を行うべきだ」「ハックされたプレイヤーの手元にキャラクターが戻ってきても無事ではないことも多い」などがあります。

チートとハックの使い分け方

チートとハックはどちらも、コンピュータやネットワーク上での不正行為を指す言葉ですが、意味が若干異なります。

チートは、ごまかし、いかさまを表します。これが転じて、上記例文の「チートかと思うほど」などのように、不正をしているのではと疑ってしまうほどにすごいことを意味する言葉としても使われています。

一方のハックは、コンピュータシステムに不正に侵入することを意味する言葉として使われていますが、本来はコンピュータのプログラムを書くことを意味し、不法な行為を指す言葉ではありません。

つまり、チートはコンピュータシステムを不正に改造することを指し、ハックはコンピュータシステムやネットワークに不正に侵入することを指すという違いがあります。

チートとハックの英語表記の違い

チートを英語にすると「cheat」となり、例えば上記の「ゲーム内でチートする」を英語にすると「cheat at the game」となります。一方、ハックを英語にすると「hack」となり、例えば上記の「アカウントハック」を英語にすると「account hack」となります。

チートの意味

チートとは

チートとは、ごまかし、いかさまを意味しています。

その他にも、不正をしているのではと疑ってしまうほどにすごいことを意味する言葉として使われています。

チートの使い方

「チートデイは脳をだますために好きなものを食べることができる」「チートツールの存在も名称も知らない」「チート対策ソフトのアップデートを最近行ったところだ」などの文中で使われているチートは、「いかさま」の意味で使われています。

一方、「チートすぎる能力はライトノベルで多く題材にされてきた」「今回の相手はチート級と言われるほどレベルが高い」「チートと呼ばれるほど有能だったらなぁ」などの文中で使われているチートは、「ずるいほど素晴らしい様子」の意味で使われています。

チートは英語で「cheat」と表記され、「だます」「不正する」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、チートを行う人は「チーター」と呼ばれています。

「チートツール」「チート対策ソフト」の意味

今日では、上記例文の「チートツール」「チート対策ソフト」などのように使われ、ゲームのプログラムを不正に改造したり、不正な手段でゲームを有利に進めるアイテムを入手することを表す言葉としても使われています。

また、強力すぎる性能や特性を持つキャラクターやアイテムに対して使われるようになったことから転じて、ずば抜けて優秀であることを表す言葉としても使われるようになり、「リアルチート」とも呼ばれています。

「チートデイ」の意味

その他にも、チートを含んだ言葉に「チートデイ」がありますが、計画的に食事で摂取するカロリーを増やす日を指します。ダイエットなどで減量をする人が、モチベーションを維持するために特別に好きなものを食べる日を指す言葉として使われています。

チートの類語

チートの類語・類義語としては、相手の目をごまかして不正を行うことを意味する「いんちき」、嘘を吐いて人をだますことを意味する「ペテン」、前もって勝敗を決めた上で表面上だけ真剣に勝負をしているように見せることを意味する「八百長」などがあります。

ハックの意味

ハックとは

ハックとは、コンピュータのプログラムを書くことを意味しています。

その他にも、コンピュータシステムに不正に侵入することを意味する言葉として使われています。

ハックの使い方

「ハックすることで実際に不正なアクセスを行われるのを防ぐ」「ハック依頼が増えるということはサイバー攻撃に備える企業も増えているということだろう」などの文中で使われているハックは、「プログラムを書くこと」の意味で使われています。

一方、「アカウントがハックされている可能性があると警告が来た」「ハックされないように個人情報のこまかな見直しが必要だ」「ハックされた事例を見ている」などの文中で使われているハックは、「不正に侵入すること」の意味で使われています。

ハックは英語で「hack」と表記され、「たたき切る」「切り刻む」「プログラミングに取り組む」といった意味を持ちます。日本語では、「コンピュータプログラムを書くこと」を意味する言葉として使われています。

「ハッキング」と呼ばれることも多い

「ハッキング」と呼ばれることも多く、コンピュータシステムを解析し改変することを表す言葉として使われていますが、この技術を悪用した行為は「クライム・ハッキング」「クラッキング」と呼ばれ、ハックとは区別されています。

しかし、クラッキングを行う「クラッカー」がハッカーを自称したことから、ハックやハッキングという言葉が「ネットワークに不正侵入を行うこと」という意味を持つと認識している人も少なくありません。

また、本来の意味であるコンピュータ解析などを行う技術者には「ホワイトハッカー」「ホワイトハット」、コンピュータ分析技術を悪用する人には「ブラックハット」といった別の呼び名が用いられることもあります。

ハックの対義語

ハックの対義語・反対語としては、コンピュータやネットワークシステムへと不正にアクセスし、データの盗用や破壊などを行うことを意味する「クラック」があります。

ハックの類語

ハックの類語・類義語としては、他の領域へと強引に入り込むことを意味する「侵入」、二つ以上のものがつながることを意味する「接続」などがあります。

チートの例文

1.チート野郎と呼ばれても自分はなんのいかさまもしていないため特に何も感じなかった。
2.オンラインゲームでチート行為をしている人を初めて見て、あんなに変な挙動をするものなのかと驚いた。
3.チートをしてゲーム内通貨を得たり、自分に有利な状態を作り出しても、試行錯誤することがないため退屈に感じそうだ。
4.彼はまるでチートをしているのではないかと思えるほど正確なプレイをするため尊敬している。
5.チート級の優秀な後輩のおかげで今回は相手に勝つことができたが、その技術は他のメンバーもゆくゆく身に付けるべきだ。

この言葉がよく使われる場面としては、ごまかし、いかさまを意味する時などが挙げられます。

例文2や例文3のように、ゲームのプログラムを不正に改造したり、不正な手段でゲームを有利に進めるアイテムを入手することを意味する言葉として使われています。

また、例文4や例文5のように、不正をしているのではと疑ってしまうほどにすごいことを意味する言葉としても使われています。

ハックの例文

1.本来、ハックはコンピュータ技術を駆使して、サイバー攻撃などに対抗し、システムなどを守るために使われる能力だ。
2.ハックを生業とする人たちが集まるコンテストがあるらしく、一体どのように競うのか気になっている。
3.好きなゲームは何度かハックされており、アカウントを乗っ取られたという被害者も少なくないそうだ。
4.コンピュータシステムに不正にアクセスすることをハックではなくクラッキングと呼び、一般的なハッカーと区別するべきだ。
5.お役立ちライフハックがまとめて紹介されている動画はいつでも見ることができるような場所にURLをメモしてある。

この言葉がよく使われる場面としては、コンピュータのプログラムを書くことを意味する時などが挙げられます。

例文3や例文4のように、コンピュータシステムに不正に侵入することを意味する言葉としても使われています。

また、例文5の「ライフハック」は、日常生活において役に立つちょっとしたテクニックやアイデアを意味する言葉で、生活を表す「ライフ」と、改造することを表す「ハック」が組み合わせられた言葉です。

チートとハックは、どちらも「不正行為」を表します。どちらを使うか迷った場合は、不正に改造することを表す場合は「チート」を、不正に侵入することを表す場合は「ハック」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター