今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:8,250件

【一口に言っても】と【一言で言っても】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「一口に言っても」(読み方:ひとくちにいっても)と「一言で言っても」(読み方:ひとことでいっても)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「一口に言っても」と「一言で言っても」という言葉は、どちらも簡単に言うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「一口に言っても」と「一言で言っても」の違い

「一口に言っても」と「一言で言っても」の意味の違い

「一口に言っても」と「一言で言っても」の違いを分かりやすく言うと、「一口に言っても」と「一言で言っても」は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

「一口に言っても」と「一言で言っても」の使い方の違い

一つ目の「一口に言っても」を使った分かりやすい例としては、「猫が好きと一口に言っても様々な種類があります」「芸能人と一口に言っても幅が広すぎます」「一口に先生と言ってもその姿は人それぞれです」などがあります。

二つ目の「一言で言っても」を使った分かりやすい例としては、「発展途上国と一言で言っても様々な国があります」「暑い時期と一言で言っても何月なのか分かりません」「芸人と一言で言っても幅が広すぎる」などがあります。

「一口に言っても」と「一言で言っても」の使い分け方

「一口に言っても」と「一言で言っても」はどちらも簡単に言うことを意味しており、好きな方を使っても問題ありません。

あえて違いを挙げるならば、「一口に言っても」は話を分かりやすくする場合に使うのに対して、「一言で言っても」は手短に話す場合に使うことです。ただし、上記にも書いた通り基本的に好きな方を使っても問題ありません。

「一口に言っても」と「一言で言っても」の英語表記の違い

一口に言ってもと一言でも言っても英語にすると「say in one word」となり、例えば上記の「一口に先生と言ってもその姿は人それぞれです」を英語にすると「Even if you say teacher in one word, that job varies from person to person」となります。

「一口に言っても」の意味

「一口に言っても」とは

「一口に言っても」とは、簡単に言うことを意味しています。

「一口に言っても」の使い方

「一口に言っても」を使った分かりやすい例としては、「犯罪者と一口に言っても罪の大きさが違います」「会社と一口に言っても大小色々あります」「自動車と一口に言っても様々な種類がある」「昆虫と一口に言っても様々な種類がいるため何を指しているか分かりません」などがあります。

「一口に言っても」は主に「簡単にするな」や「一括りにするな」という否定的なや批判的なニュアンスを伴って使うことが多い言葉です。

例えば上記の「会社と一口に言っても大小色々あります」を例に挙げると、会社は数多く存在しており、それぞれの会社によって特徴が様々なので、一括りにしてはいけないという批判を表しています。

また、「一口に会社と言っても大小色々あります」のように前後を置き替えることもできます。意味は同じなので置き換えても問題ありません。

「一口に言っても」の類語

「一口に言っても」の類語・類義語としては、物事を大ざっぱで単純に言うことを意味する「簡単に言うと」、簡単で要領を得ていることを意味する「簡潔に表すと」などがあります。

「一言で言っても」の意味

「一言で言っても」とは

「一言で言っても」とは、短い言葉で言ってもを意味しています。

「一言で言っても」の使い方

「一言で言っても」を使った分かりやすい例としては、「先進国と一言で言っても様々な国があります」「動物と一言で言っても様々な種類がいるため何を指しているか分かりません」「中小企業と一言で言っても大小色々あります」などがあります。

「一言で言っても」は主に「簡単にするな」や「一括りにするな」という否定的なや批判的なニュアンスを伴って使うことが多い言葉です。

例えば上記の「動物と一言で言っても様々な種類がいるため何を指しているのか分かりません」を例に挙げると、動物は数多く存在しており、一括りにしてはいけないという批判を表しています。

また、「一言で動物と言っても様々な種類がいるため何を指しているのか分かりません」のように前後を置き替えることもできます。意味は同じなので置き換えても問題ありません。

「一言で言っても」の類語

「一言で言っても」の類語・類義語としては、 細部にわたらず全体を大きく捉えて言うことを意味する「大雑把に言うと」、手っ取り早く要点だけ言うことを意味する「端的に言うと」などがあります。

「一口に言っても」の例文

1.スポーツ選手と一口に言っても、野球選手かサッカー選手なのか分かりません。
2.会社員と一口に言っても、その職業は様々であると覚えておこう。
3.お米と一口に言っても、地域によって米の種類や炊き方、味も異なっています。
4.貴族と一口に言っても、国によってその意味する範囲が全く違うので、注意して使う必要があります。
5.大企業と一口に言っても、その形態や役割は様々であり、一言では語れない存在です。

この言葉がよく使われる場面としては、簡単に言うことを表現したい時などが挙げられます。

「一口に言っても」は前後置き換えても問題ない言葉です。例文1の一口にスポーツ選手と言っても、野球選手かサッカー選手なのか分かりませんと置き換えても同じ意味を持っています。

「一言で言っても」の例文

1.投資と一言で言っても様々な方法があるので、調べてから行った方がいいだろう。
2.寒い時期と一言で言ってもいつなのか分からないので、詳しい日付を教えて欲しいです。
3.サラリーマンと一言で言っても、その職業は様々であると覚えておこう。
4.日本酒と一言で言っても、地域によって味や種類が異なっています。
5.外国と一言で言っても、どの国のことを指しているか私には分かりません。

この言葉がよく使われる場面としては、短い言葉で言ってもを表現したい時などが挙げられます

「一言で言っても」は前後置き換えても問題ない言葉です。例文3を一言でサラリーマンと言っても、その職業は様々であると覚えておこうと置き換えても同じ意味を持っています。

「一口に言っても」と「一言で言っても」どちらの言葉を使うか迷った場合、意味や使い方に違いはないので好きな方を使って問題ありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター