今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:7,330件

【ひたむき】と【ひたすら】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ひたむき」と「ひたすら」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ひたむき」と「ひたすら」という言葉は、どちらも一つのことに取り組むことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ひたむき」と「ひたすら」の違い

「ひたむき」と「ひたすら」の意味の違い

「ひたむき」と「ひたすら」の違いを分かりやすく言うと、「ひたむき」とは内面的な心情のこと、「ひたすら」とは外面的な行為のことという違いです。

「ひたむき」と「ひたすら」の使い方の違い

一つ目の「ひたむき」を使った分かりやすい例としては、「ひたむきに努力を続ければ夢が叶うはずだ」「彼はひたむきに部活動に打ち込んでいる」「彼女のひたむきに頑張る姿はとても美しいです」「彼の英語に対するひたむきな姿」などがあります。

二つ目の「ひたすら」を使った分かりやすい例としては、「ひたすら研究に勤しんでいる」「愛犬の無事をひたすら祈っています」「昨日はひたすら宿題の問題を解いていました」「あなたの成功をひたすら願っている」などがあります。

「ひたむき」と「ひたすら」の使い分け方

「ひたむき」と「ひたすら」はどちらも一つのことに取り組むことという共通の意味を持っていますが、厳密な使い方は違うので注意が必要です。

「ひたむき」はある一つのことを一生懸命、心を込めて行なう様子を表しており、主に内面的な心情を指しています。

一方、「ひたすら」はある一つのことに集中して、そのことだけを何度も繰り返したりすることで、主に外面的な行為や状況に対して使います。

「ひたむき」と「ひたすら」の違いの例を挙げると、「彼女は彼をひたむきに愛した」とすると、彼女は彼を一生懸命心を込めて愛したとなります。一方、「彼女は彼をひたすら愛した」とすると、彼女は彼を愛することだけに集中したという意味になります。

「ひたむき」と「ひたすら」の英語表記の違い

「ひたむき」を英語にすると「single-minded」「intent」となり、例えば上記の「彼の英語に対するひたむきな姿」を英語にすると「His single-minded determination to learn English」となります。

一方、「ひたすら」を英語にすると「earnestly」となり、例えば上記の「I earnestly hope you will succeed」を英語にすると「あなたの成功をひたすら願っている」となります。

「ひたむき」の意味

「ひたむき」とは

「ひたむき」とは、一つの物事だけに心を向けていることを意味しています。

表現方法は「ひたむきさ」「ひたむきに頑張る」「ひたむきに取り組む」

「ひたむきさ」「ひたむきに頑張る」「ひたむきに取り組む」「ひたむきに努力する」などが、「ひたむき」を使った一般的な言い回しになります。

「ひたむき」の使い方

「ひたむき」を使った分かりやすい例としては、「ひたむきに努力している彼女を応援したいです」「あなたがひたむきに数学を教える姿に感動しました」「彼はひたむきに自分の仕事に打ち込んでいる」「彼は禁酒禁煙への決意にひたむきである」などがあります。

「ひたむき」はある一つのことを一生懸命、心を込めて行なう様子を表しており、主に内面的な心情を表現したい時に使う言葉になります。

「ひたむき」を使う上で注意しなければいけないのは、「ひたむきな後悔」「ひたむきに恨む」などのマイナスなイメージを持つ言葉とは一緒には使わないということです。

「ひたむき」の漢字表記

「ひたむき」を漢字にすると「直向き」と表記することができます。

「ひたむき」の類語

「ひたむき」の類語・類義語としては、嘘やいい加減なところがなく真剣であることを意味する「真面目」、他を考えないで一つのことに打ち込むことを意味する「一途」、 ただ一つのことに心を傾けることを意味する「一筋」などがあります。

「ひたすら」の意味

「ひたすら」とは

「ひたすら」とは、それだけを行うことを意味しています。

表現方法は「ひたすら歩く」「ひたすら問題を解く」「ひたすら文字を書く」

「ひたすら歩く」「ひたすら問題を解く」「ひたすら文字を書く」などが、「ひたすら」を使った一般的な言い回しです。

「ひたすら」の使い方

「ひたすら」を使った分かりやすい例としては、「サッカーはひたすら練習しているだけじゃ上達しません」「今年はひたすら小説を読み続けようと思います」「フランス語をひたすら練習していたら話せるようになりました」などがあります。

「ひたすら」はある一つのことに集中して、そのことだけを何度も繰り返したりすることを意味する言葉です。主に外面的な行為や状況に対して使うと覚えておきましょう。

「ひたすら」の漢字表記

「ひたすら」を漢字にすると「只管」や「一向」などと表記することができますが、あまり一般的ではありません。

「ひたすら」の類語

「ひたすら」の類語・類義語としては、その方ばかりを見ることを意味する「脇目も振らず」、心を一つの事に集中して他の事に気をとられないことを意味する「一心不乱」、ある事にすっかり心を奪われて我を忘れてしまうことを意味する「無我夢中」などがあります。

「ひたむき」の例文

1.甲子園に出場するために、親元を離れてひたむきに練習を頑張っている息子を応援しています。
2.彼のサッカーに対するひたむきな姿に心を奪われました。
3.彼の目標に向かってひたむきに努力する姿勢は、とても尊敬しています。
4.彼はひたむきに練習しているので、プロサッカー選手になるという夢を叶えるだろう。
5.彼女のダンスへのひたむきな姿を見ているうちに、だんたんと心を開いていきました。

この言葉がよく使われる場面としては、一つの物事だけに心を向けていることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「ひたむき」はプラスのイメージでしか使わない言葉になります。

「ひたすら」の例文

1.ポルトガル語をひたすら練習していたら、いつの間にか会話ができるようになっていました。
2.今年のゴールデンウィークは、家に籠ってひたすらゲームだけをやると決めている。
3.第一志望に絶対合格したいので、ひたすら勉強することを決意しました。
4.人類は便利さをひたすら追い求めた結果、地球温暖化という現象にぶつかりました。
5.片思いしていた人にひたすら好きですと告白を続けていたら、ついに付き合えることになりました。

この言葉がよく使われる場面としては、それだけを行うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「ひたすら」はある一つのことをに集中してそれだけを行なっている場合に使う言葉です。

「ひたむき」と「ひたすら」はどちらも一つのことに取り組むことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、内面的な心情のことを表現したい時は「ひたむき」を、外面的な行為のことを表現したい時は「ひたすら」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター