今日の買取件数:6件/今月の買取件数:56件/累計買取件数:8,266件

【稼ぐ】と【儲ける】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「稼ぐ」(読み方:かせぐ)と「儲ける」(読み方:もうける)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「稼ぐ」と「儲ける」という言葉は、どちらもお金を得ることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「稼ぐ」と「儲ける」の違い

「稼ぐ」と「儲ける」の意味の違い

「稼ぐ」と「儲ける」の違いを分かりやすく言うと、「稼ぐ」とは地道に働いてお金を得ること、「儲ける」とは何かをした結果上手く利益を得ることという違いです。

「稼ぐ」と「儲ける」の使い方の違い

一つ目の「稼ぐ」を使った分かりやすい例としては、「学費を稼ぐためにアルバイトを始めました」「下位チームを相手に勝ち点を稼ぐ」「母の手助けをして点数を稼ぐ」「彼は月に30万稼ぐ」などがあります。

二つ目の「儲ける」を使った分かりやすい例としては、「彼は株でかなり儲けているらしい」「やっとの思いで二人の子供を儲けることができました」「薄利多売の商法で儲ける」「彼女はその取引で大金を儲けた」などがあります。

「稼ぐ」と「儲ける」の使い分け方

「稼ぐ」と「儲ける」はどちらもお金を得ることという同じ意味を持つ言葉ですが、使い方に違いがあるので注意が必要です。

「稼ぐ」は地道に働いてお金を得るというニュアンスが強く、継続的に行い利益を得る場合に使います。一方、「儲ける」は地道に働いて収入を得るような場合よりも、何かをした結果、上手く利益を得た場合に使います。

また、「稼ぐ」は試合などで得点をあげること、自分の立場が有利になるように行動をとること、都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させることの意味を持っているのに対して、「儲ける」は子を得ることの意味を持っているというのも違いの一つになります。

「稼ぐ」と「儲ける」の英語表記の違い

「稼ぐ」を英語にすると「earn」「make」となり、例えば上記の「彼は月に30万稼ぐ」を英語にすると「He makes 300,000 yen a month」となります。

一方、「儲ける」を英語にすると「make a profit」「to earn」となり、例えば上記の「彼女はその取引で大金を儲けた」を英語にすると「She made a large profit on the deal」となります。

「稼ぐ」の意味

「稼ぐ」とは

「稼ぐ」とは、働いてお金を得ることを意味しています。その他にも、試合などで得点をあげること、自分の立場が有利になるように行動をとること、都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させることの意味も持っています。

表現方法は「コツコツ稼ぐ」「お金を稼ぐ」「副業で稼ぐ」

「コツコツ稼ぐ」「お金を稼ぐ」「副業で稼ぐ」などが、「稼ぐ」を使った一般的な言い回しになります。

「稼ぐ」の使い方

「生活していくために骨身を惜しまず稼ぐ」「彼がこの試合などで一番得点を稼いだ選手です」などの文中で使われている「稼ぐ」は、「働いてお金を得ることや試合などで得点をあげること」の意味で使われています。

一方、「先生の手助けをして点数を稼ぐ」「照会が済むまで世間話で時間を稼ぐ」などの文中で使われている「稼ぐ」は、「自分の立場が有利になるように行動をとることや都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させること」の意味で使われています。

「稼ぐ」は働いてお金を得ることを意味する言葉ですが、ただ働いてお金を得るだけではなく、継続的に行い利益を得る場合使うのが一般的です。

そのため、株や賭け事にはあまり使わない表現ですが、株や賭け事でも継続的に行い利益を得ている場合は、「儲ける」ではなく「稼ぐ」を使うと覚えておきましょう。

「稼ぐ」の類語

「稼ぐ」の類語・類義語としては、努力して手に入れることを意味する「得る」、努力して自分のものとすることを意味する「勝ち取る」、自分のものとすることを意味する「掴む」などがあります。

「儲ける」の意味

「儲ける」とは

「儲ける」とは、金銭上の利益を得ることを意味しています。その他にも、子を得ることの意味も持っています。

表現方法は「儲ける方法」「儲ける仕組み」「デイトレードで儲ける」

「儲ける方法」「儲ける仕組み」「デイトレードで儲ける」などが、「儲ける」を使った一般的な言い回しになります。

「儲ける」の使い方

「宝くじで一等を当てて儲ける」「楽に儲けれる商売を探している」「儲けるためなら何でもする覚悟はできている」などの文中で使われている「儲ける」は、「金銭上の利益を得ること」の意味で使われています。

一方、「妻との間に3人目の子供を儲ける」「結婚して5年目でやっと子供を儲けることができましたなどの文中で使われている「儲ける」は、「子を得ること」の意味で使われています。

「儲ける」は金銭上の利益を得ることを意味する言葉ですが、地道に働いて収入を得るような場合よりも、何かをした結果、上手く利益を得た場合に使うと覚えておきましょう。そのため、株や賭け事に対して使われることが多いです。

「儲ける」の類語

「儲ける」の類語・類義語としては、利益を得ることを意味する「利得」、胎児や卵を母体から外に出すことを意味する「生む」、ある状態を実現させることを意味する「齎す」(読み方:もたらす)などがあります。

「稼ぐ」の例文

1.海外旅行の費用をアルバイトで稼ぐために、面接の予定をたくさん入れました。
2.お金を稼ぐことはあなたが考えているよりもとても難しいと、母親から教わりました。
3.彼は今年のワールドッカップで一番得点を稼いで、チームを優勝へと導いた選手です。
4.毎日祖母の家事の手助けをして点数を稼いでいたら、お礼にお小遣いを貰いました。
5.交通渋滞により出演者の到着が遅れているいので、支度ができるまで司会者が時間を稼ぐ。
6.プレンテーションの資料ができるまでの間、社員たちは幹部たちにたいしてうまく話を引き延ばして時間を稼いでいた。
7.その女子生徒は先生に対していい子ぶって点数を稼いでいるのが見え見えだったので、同級生たちからは嫌われていた。
8.外国人の知り合いは日本で十分お金を稼いだあとに国に帰って豪邸を建てたそうで、とてもいい暮らしをしているそうだ。
9.数ある副業のなかで動画編集の仕事は自分の性には合っていたようで、多い時では月に10万円以上稼ぐこともあった。
10.男はコツコツ稼ぐことが嫌だったので、知識もないのに株に手を出して大損害を被ったが、まだ諦めきれない様子であった。

この言葉がよく使われる場面としては、働いてお金を得ることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、試合などで得点をあげること、自分の立場が有利になるように行動をとること、都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させることを表現したい時にも使います。

例文1と例文2の「稼ぐ」は働いてお金を得ること、例文3の「稼ぐ」は試合などで得点をあげること、例文4の「稼ぐ」は自分の立場が有利になるように行動をとること、例文5の「稼ぐ」は都合のよい状態になるまで何かをして時間を経過させることの意味で使っています。

「儲ける」の例文

1.彼は悪徳商法でかなり儲けているらしいので、大勢の人から恨みを買っているだろう。
2.子供の頃はとても貧乏だったので、大人になってからは金を儲けるだけのことを考えて生きています。
3.競馬で大穴を当てて儲けたので、今日は高級イタリアンでも食べに行こうと思う。
4.妻から二人目の子供を儲けたと連絡があったので、出先なのに大はしゃぎしてしまいました。
5.夫婦仲が悪く離婚も考えていた時期もあったが、子供を儲けてからは夫婦円満になりました。
6.知り合いは暗号資産で儲けるとか言っていたが、その後消息不明になってしまったので、きっと夜逃げをしてしまったのだろう。
7.彼は楽して儲けることができる仕事を探していたようだが、そんな仕事があるならわたしに紹介してほしいくらいだと皮肉を言いたくもなった。
8.バツイチの男は内縁の妻との間に3人の子ども儲けたのだが、男が亡くなった後に元妻の子どもが相続人を主張してきたものだからトラブルになった。
9.経済犯罪で逮捕された社長は、儲けるためなら何をしてもいいと思っていたのだろうが、もちろんそんなことはありえないだろう。
10.母親は当時では珍しかった株式投資にも果敢に挑戦してたくさん儲けていたので、シングルマザー家庭であったがお金に困ったことがなかった。

この言葉がよく使われる場面としては、金銭上の利益を得ることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、子を得ることの意味も持っています。

例文1から例文3の「儲ける」は金銭上の利益を得ること、例文4と例文5の「儲ける」は子を得ることの意味で使っています。

「稼ぐ」と「儲ける」はどちらもお金を得ることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、地道に働いてお金を得た時は「稼ぐ」を、何かをした結果上手く利益を得た時は「儲ける」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター