今日の買取件数:20件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:9,281件

【態々】と【業々】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「態々」(読み方:わざわざ)と「業々」(読み方:ぎょうぎょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「態々」と「業々」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。




態々と業々の違い

態々と業々の意味の違い

態々と業々の違いを分かりやすく言うと、態々とは「わざわざ」と読み、業々とは「ぎょうぎょう」と読むという違いです。

態々と業々の使い方の違い

一つ目の態々を使った分かりやすい例としては、「態々ここまで来るのは大変だったでしょう」「態々ありがとうございます」「態々遠回りして家に帰る」「彼は報告書に態々誰も読めないような英語を書く」などがあります。

二つ目の業々を使った分かりやすい例としては、「検査結果を業々として待つ」「リーダーは兢々業々と事に当たる人です」「業々しい態度をやめて毅然と対応する」「業業たる国際交流を目指します」などがあります。

態々と業々の使い分け方

日常会話でよく使われる「わざわざ」という言葉は、漢字で「態々」と書きます。誤って「業々」と書かれる場合がありますが、「業々」は「ぎょうぎょう」と読み、「わざわざ」とは読みません。「態」も「業」も訓読みで「わざ」と読みますが、重ねて表記した場合の読み方は異なります。

態々は「わざわざ」と読み、意図して行うさまを表します。一方、業々は「ぎょうぎょう」と読み、恐れるさまや盛んなさまを表します。このように、二つの言葉は読み方も意味も全く異なる言葉なのです。

なお、態々は読めない人が多いので、「わざわざ」と平仮名表記にしておく方が無難でしょう。

態々と業々の英語表記の違い

態々を英語にすると「expressly」「intentionally」「all the way」となり、例えば上記の「態々ここまで来る」を英語にすると「come all the way here」となります。

一方、業々を英語にすると「trembling」「nervously」「splendid」となり、例えば上記の「業々として待つ」を英語にすると「wait in trembling hope」となります。

態々の意味

態々とは

態々とは、他のことのついでではなく、特にそのためだけに行うさまを意味しています。

その他にも、「しなくてもよいことを殊更するさま」の意味も持っています。

態々の使い方

「態々のご連絡ありがとうございます」「私に態々敬語を使うことないよ」「態々来てくれて嬉しいです」「態々泊まりに行く価値のあるビジネスホテルだ」などの文中で使われている態々は、「特にそのためだけに行うさま」の意味で使われています。

一方、「態々聞く必要はないだろう」「態々面接までしたのに採用されなかった」「失礼ながら態々言うのほどの話ではないと思った」「態々英語にしなくても良いでしょう」などの文中で使われている態々は、「しなくてもよいことをことさらするさま」の意味で使われています。

態々の読み方

態々の読み方は「わざわざ」です。誤って「たいたい」や「くまくま」などと読まないようにしましょう。「態」は訓読みで「たい」と読みますが、「態々」は訓読みの「わざ」を重ねて読みます。

態々の語源

態々という言葉の語源は、はっきりとした意図をもって行動することを意味する古語である「態々し」に由来するとされています。上記の例文にあるように二つの意味を持ち、どちらの意味でも使われているため文脈により意味を捉える必要があります。

態々は使い方によってプラスイメージにもマイナスイメージにもなる言葉です。目上の方との会話のなかで敬語と共に使うことがありますが、内容によっては失礼に当たるので気をつけましょう。

「態々しい」は誤用

態々を使用した誤った言い回しには「態々しい」があります。「態々しい」は誤用であり、正しい表現には「態とらしい」(読み方:わざとらしい)があります。

態々の対義語

態々の対義語・反対語としては、あることを行うときに他のことにも利用できる機会を意味する「ついで」、自分のしていることに気づいていないことを意味する「無意識」、偶然に物事が起こることを意味する「偶発」などがあります。

態々の類語

態々の類語・類義語としては、いろいろの困難を排して事をするさまを意味する「折角」、わざとすることを意味する「故意」、ある目的を持ってわざとそうするさまを意味する「意図的」、考えがあってわざとすることを意味する「殊更」などがあります。

業々の意味

業々とは

業々とは、あやぶみ恐れるさまを意味しています。

その他にも、「盛んなさま、立派なさま」の意味も持っています。

業々の使い方

「物事は兢々業々に進めるようにしている」「不安症でいつも業々しい態度になってしまう」「試験の結果を業々しく待っている」などの文中で使われている業々は、「あやぶみ恐れるさま」の意味で使われています。

一方、「訪問診療サービスは日ごとに業々となる」「業々たる舞台に拍手喝采が湧き上がりました」「この曲の業々しい歌詞が好きです」などの文中で使われている業々は、「盛んなさま、立派なさま」の意味で使われています。

業々の読み方

業々の読み方は「ぎょうぎょう」です。古語では「げふげふ」と読み、古文での「業々しい」の読み方は「ぎょうぎょうしい」であり、大袈裟であることを意味する「仰々しい」の語源になっています。ただし、現在ではこの読み方も意味でも使われていません。

四字熟語「兢々業々」の意味

業々という言葉を用いた四字熟語には「兢々業々」(読み方:きょうきょうぎょうぎょう)があります。恐れ慎んで物事を行う様子を意味し、「兢兢業業」とも書きます。「兢々」は恐怖や不安などで小刻みに震える様子、「業々」は失敗しないかと心配することを表しています。

業々の類語

業々の類語・類義語としては、あやぶみ恐れるさまを意味する「惕然」(読み方:てきぜん)、あやぶみ恐れることに表現することを意味する「危惧」、すばらしいさまや立派なさまを意味する「見事」、勢いの盛んなさまを意味する「隆々」(読み方:りゅうりゅう)などがあります。

態々の例文

1.遠路はるばる態々お越しいただき、誠にありがとうございます。
2.手紙やビジネス文書を書く時には、同じ言葉を繰り返して使わないように類語を態々調べて変換しています。
3.ビジネスメールに態々だれも読めないような漢字ばかり使う人は、賢く見られたいのかもしれません。
4.世話好きな友人は、態々しなくても良いことをしてトラブルを招いてばかりいる。
5.日本語を勉強しに来ている外国人に対して態々英語で話しかける人は、逆に不親切だと思います。
6.できるだけ体にいいものをと思って、態々オーガニックの食材を取り寄せて作った料理が家族にはすこぶる評判が悪い。子どもも夫もジャンクな物のほうが好きみたいだ。
7.態々徹夜してまで手に入れたチケットが公演中止でただの紙切れになってしまうとは、やりきれないにもほどがある。
8.仕事でお忙しいのに態々連絡してくれてありがとうございました。その旨はしっかり伝えておきますのでご安心ください。
9.友人は態々来てやったのにと恩着せがましい態度をとってきたので、別に頼んだ覚えはないと言ってちょっとした口論になった。
10.友人が態々遠方より駆けつけてくれたのに、あいにく外出していたので結局会うことができなかった。

この言葉がよく使われる場面としては、その事のためにだけ行なうさま、しなくてもいいのに故意にするさまを表現したい時などが挙げられます。

例文1や例文2の文中にある「態々」は、その事のためにだけ行なうさまの意味でプラスイメージで使われています。例文3から例文5の文中にある「態々」は、しなくてもいいのに故意にするさまの意味で使われ、マイナスイメージを伴います。

業々の例文

1.会社経営はうまく行っている時こそ、兢々業々を心掛けなければいけません。
2.大流行している感染症に業々として過ごすよりも、新しいワクチンを打つことを選んだ。
3.「仰々しい」を「業々しい」と間違えて書いている人に、わざわざ正しい漢字を教えてあげたら嫌な顔をされた。
4.業々の読み方を間違えて「わざわざ」と言っている人に、誤読だと教えてあげた方が良いのか迷った。
5.過疎化が進んでいた地域が工場誘致の結果、工業が業々になりつつある。
6.日々の仕事への不安からいつのまにか人に対して業々しい態度になっていたようで、産業医から神経内科への通院をすすめられた。
7.仕事上で兢々業々を心掛けるのはいいが、ときには大胆な決断をすることも大事なのだから、何事もバランスが大事だろう。
8.災害が来るかもしれないと業々としているよりも、災害が起きる前にどう備えるかを考えるほうがよほど有益だと思います。
9.YouTuberが炎上していることを週刊誌でも業々しく伝えられるようになったことは時代の大きな変化を感じた。
10.いくらお客さんとは言っても店員に危害を加えようとするような業々しい振る舞いをする人には断固とした対応をするべきだ。

この言葉がよく使われる場面としては、あやぶみ恐れるさま、盛んなさまを表現したい時などが挙げられます。

例文1や例文2の文中にある「業々」は、危ないと思って恐れるさまの意味で、例文5にある「業々」は、勢いがあって盛んなさまの意味で使われています。例文4について、「業」は訓読みで「わざ」と読みますが、「業々」を「わざわざ」と読むことは出来ません。
 
態々と業々という言葉は、似ていても読み方や意味は異なります。どちらの言葉を使うか迷った場合、「わざわざ」と読み、意図して行うことを表現したい時は「態々」を、恐れるさまや盛んなさまを表現したい時は「業々」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター