今日の買取件数:20件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:9,281件

【豪華絢爛】と【絢爛豪華】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「豪華絢爛」(読み方:ごうかけんらん)と「絢爛豪華」(読み方:けんらんごうか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「豪華絢爛」と「絢爛豪華」という言葉は、どちらも「派手で美しいこと」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




豪華絢爛と絢爛豪華の違い

豪華絢爛と絢爛豪華の意味の違い

豪華絢爛と絢爛豪華の違いを分かりやすく言うと、豪華絢爛と絢爛豪華は意味や使い方の違いはなく、どちらを使っても同じです。

豪華絢爛と絢爛豪華の使い方の違い

一つ目の豪華絢爛を使った分かりやすい例としては、「贅を尽くした豪華絢爛な宮殿に目を見張る」「娘の結婚式に豪華絢爛な打掛を用意しました」「昨夜の晩餐会はまさに豪華絢爛でした」などがあります。

二つ目の絢爛豪華を使った分かりやすい例としては、「絢爛豪華なセレブ婚に憧れる」「繊細な彫刻が絢爛豪華さを演出するチェストです」「絢爛豪華な金閣寺を英語で案内する」「絢爛豪華たるドレスを身に纏う」などがあります。

豪華絢爛と絢爛豪華の使い分け方

豪華絢爛と絢爛豪華という言葉は、「豪華」と「絢爛」を前後入れ替えた四字熟語です。二つの言葉はそれぞれ辞書に載っている正しい日本語であり、どちらも「贅沢できらびやかに輝き美しいこと」を意味します。そのため、「豪華絢爛」と「絢爛豪華」は互いに置き換えて使うことが出来ます。

一般的には「絢爛豪華」よりも「豪華絢爛」の方が使われていますが、使い方の差はないので、どちらを使っても問題ありません。

豪華絢爛と絢爛豪華の英語表記の違い

豪華絢爛も絢爛豪華も英語にすると「luxurious and gorgeous」「magnificent」となり、例えば上記の「豪華絢爛な宮殿」を英語にすると「a magnificent palace」となります。

豪華絢爛の意味

豪華絢爛とは

豪華絢爛とは、きらびやかに輝き、華やかで美しいさまを意味しています。

表現方法は「豪華絢爛なさま」「豪華絢爛な様」「豪華絢爛な様子」

「豪華絢爛なさま」「豪華絢爛な様」「豪華絢爛な様子」などが、豪華絢爛を使った一般的な言い回しです。

豪華絢爛の使い方

豪華絢爛を使った分かりやすい例としては、「ベルサイユは豪華絢爛な宮殿のひとつです」「豪華絢爛な一流ホテルを舞台にしたミステリー小説です」「豪華絢爛リーチの信頼度は高いと思う」「このドレスの豪華絢爛なさまが気に入っている」などがあります。

その他にも、「豪華絢爛な装飾が施された化粧台です」「豪華絢爛な部屋の使い方を教えてもらう」「金の糸をあしらった豪華絢爛な英語の刺繍です」「当時あった豪華絢爛のさまを復元しました」などがあります。

豪華絢爛とは、極めて贅沢で、きらびやかに輝き美しいことを意味します。飾り付けなどが贅沢に施され全体的に華やいでいる様子を表す言葉です。「豪華」は贅沢で派手なこと、「絢爛」は華やかで輝くばかりに美しいさまを表します。絢爛豪華とも言います。

豪華絢爛という言葉は、華やかな場や慶事のイベントなどを表現する時に用いられ、パーティーや結婚式などを形容します。送別会や法事などおめでたくないイベントには相応しくない言葉です。

豪華絢爛の対義語

豪華絢爛の対義語・反対語としては、自然のままに近く手の加えられていないことを意味する「素朴」、飾りけがないことを意味する「質素」、控えめで質素なさまを意味する「つづまやか」などがあります。

豪華絢爛の類語

豪華絢爛の類語・類義語としては、派手で贅沢なことを意味する「華奢」、非常に贅沢で派手なことを意味する「豪奢」、自然の眺めが清らかで美しいことを意味する「風光明媚」、華やかで贅沢なさまを意味する「ゴージャス」などがあります。

絢爛豪華の意味

絢爛豪華とは

絢爛豪華とは、贅沢にきらびかやで美しいさまを意味しています。

絢爛豪華の使い方

絢爛豪華を使った分かりやすい例としては、「夢心地の絢爛豪華な舞台です」「絢爛豪華に憧れて宝石商になりました」「岡山の林原美術館に展示中の洛中洛外図屏風はまさに絢爛豪華です」「絢爛豪華な花火大会が実施されます」などがあります。

その他にも、「絢爛豪華な生活に憧れています」「絢爛豪華なひな人形をフランス語で説明する」「絢爛豪華な調度品や顔のよく似た召使に囲まれて過ごしたい」「東京にある絢爛豪華な国宝建築を訪ねる」などがあります。

絢爛豪華とは、豪華絢爛という言葉と同じ意味を持ち、きらきら輝いて派手なさまを表します。目がくらむ程の輝きを放つ派手な宮殿や、贅沢な装飾が施された衣装などを表現する時に用いられる言葉です。

絢爛豪華の対義語

絢爛豪華の対義語・反対語としては、飾りけがなく質素なことを意味する「簡素」、形や模様などに華やかさがなく目立たないことを意味する「地味」、地味で質素であることを意味する「つましい」などがあります。

絢爛豪華の類語

絢爛豪華の類語・類義語としては、物事の規模が大きく立派なさまを意味する「豪壮」、並み外れて贅沢なことを意味する「豪勢」、おごっていて贅沢なことを意味する「驕奢」、華やかで美しいことを意味する「華美」などがあります。

豪華絢爛の例文

1.春になるとサクラの花が咲き乱れる並木道は、屏風絵のように豪華絢爛な景観になります。
2.イギリスでの英語研修で、エドワード朝建築の豪華絢爛な建物を見学するツアーに参加しました。
3.お寺の本堂は拝観時間内であれば自由に見学できるので、内部の豪華絢爛なさまが見られます。
4.身分が高い人が身につけている衣装が豪華絢爛なさまのことを錦繍綾羅と言います。
5.派手な装飾でまさに豪華絢爛たる金閣寺よりも、侘び寂びを感じさせる銀閣寺の方が好きです。

この言葉がよく使われる場面としては、贅沢で、きらびやかに輝き美しいことを表現したい時などが挙げられます。

豪華絢爛という言葉は、華やかで美しい景観や建築物、衣装などに対して用いられます。上記の例文にある「豪華絢爛」は「絢爛豪華」に置き換えることが出来ます。

絢爛豪華の例文

1.市長は選挙の公約どおり、江戸時代の絢爛豪華な城を復元する事業を推し進めている。
2.結婚式の招待状は絢爛豪華なゴールド系を選び、英語のレタリングで印刷しました。
3.地元の人々は、絢爛豪華な10基の山車が街中を練り歩く夏祭りを楽しみにしています。
4.桃山文化は、日本の美術史上もっとも絢爛豪華な時代だと言われています。
5.ヨーロッパ旅行では絢爛豪華なお城を巡り、ゴージャスな気分を満喫しました。

この言葉がよく使われる場面としては、きらびやかに輝き、華やかで美しいさまを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にある「絢爛豪華」を「豪華絢爛」に置き換えても問題ありません。

豪華絢爛と絢爛豪華という言葉は、どちらも「きらびやかに輝き美しいこと」を表します。意味や使い方に違いはないので、どちらの言葉を使うか迷った場合は好みにより選べば良いでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター