今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:11,481件

【凡百】と【平凡】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「凡百」(読み方:ぼんぴゃく)と「平凡」(読み方:へいぼん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「凡百」と「平凡」という言葉は、どちらも「ありふれている様子」を表しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




凡百と平凡の違い

凡百と平凡の意味の違い

凡百と平凡の違いを分かりやすく言うと、凡百とはありふれた様子だけでなく数が多いことも意味し、平凡とはありふれた様子のみを意味するという違いです。

凡百と平凡の使い方の違い

一つ目の凡百を使った分かりやすい例としては、「お祝いに凡百の素敵な贈り物をいただきました」「凡百の人間には考えられないアイデアだ」「凡百な者でも努力すれば大成します」「人それぞれに凡百の考えがあります」などがあります。

二つ目の平凡を使った分かりやすい例としては、「ありふれた平凡な人生に満足しています」「私は平凡な人間になりたくない」「平凡は非凡にまさると思います」「いたって平凡な作品だよね」などがあります。

凡百と平凡の使い分け方

凡百と平凡という言葉は、どちらも「似たようなものが多数存在している様子」を表しますが、厳密な意味や使い方には違いがあります。

凡百とは、多くの物や人、いろいろな物や人を意味します。上記の「凡百の考え」とは、多種多様な考えを表しています。また、多く存在するという意味から、ごくありふれた状態も表し、「凡百の人間」とは、特に優れた点のない普通の人間を意味します。

平凡とは、物事が世間でありふれているさまを意味します。特に変わったところや優れたところがないことを表し、「平凡な人生」とは、取り立てて語れることのない普通の人生のことです。凡百と共通する意味であるめ、「凡百の人生」と言い換えることができます。

つまり、凡百と平凡は「ありふれた様子」という共通する意味を持つ一方、さらに凡百は「多くの物や人」という別の意味を持つことが、二つの言葉の明確な違いになります。

凡百と平凡の英語表記の違い

凡百を英語にすると「many」「many kinds」となり、例えば上記の「凡百の贈り物」を英語にすると「many kinds of presents」となります。一方、平凡を英語にすると「ordinary」「common」となり、例えば上記の「平凡な人生」を英語にすると「an ordinary life」となります。

凡百の意味

凡百とは

凡百とは、いろいろのもの、かずかず、もろもろを意味しています。

凡百の読み方

凡百の読み方には、「ぼんぴゃく」「ぼんびゃく」「ぼんひゃく」「はんぴゃく」の四通りあります。ただし、一般的には「ぼんぴゃく」と読まれています。

凡百の使い方

凡百を使った分かりやすい例としては、「芸術家は凡百の人間にはない感性を持っている」「凡百の徒との出会いが私の人生観を変えました」「凡百の四字熟語を覚えました」「凡百な小説はつまらない」などがあります。

その他にも、「凡百の議論より実践を重んじる」「凡百の秀才を集めても解けない難問がある」「凡百の人間にとってお金は大事です」「凡百のアニメ映画を観ました」「自分の凡百な名前が気に入りません」などがあります。

凡百という言葉の「凡」は全体を通じて、一様に、「百」は 数が多いこと、たくさんの、を表します。凡百とは、数の多いことや種類の多いことを意味する言葉であり、いろいろな物や人を表します。

「凡百な小説」「凡百な名前」の意味

また、凡百という言葉という言葉は、たくさんあるという意味が派生して、ありふれた、普通であって珍しくないという意味でも用いられています。上記の「凡百な小説」「凡百な名前」はこの意味で用いられており、使い方によってはネガティブなニュアンスを含みます。

凡百の対義語

凡百の対義語・反対語としては、ただ一つであることを意味する「唯一」、単独であることを意味する「単一」、数が一つであることを意味する「単数」などがあります。

凡百の類語

凡百の類語・類義語としては、いろいろの事柄を意味する「諸般」、すべての事柄を意味する「百般」、いろいろの種類や諸種を意味する「各種」、たくさんの種類を意味する「多種」、数が二つ以上であることを意味する「複数」などがあります。

平凡の意味

平凡とは

平凡とは、これといった優れた特色もなく、ごく当たり前なことを意味しています。

表現方法は「平凡な生活」「平凡な日常」「平凡に生きる」

「平凡な生活」「平凡な日常」「平凡に生きる」などが、平凡を使った一般的な言い回しです。

平凡の使い方

平凡を使った分かりやすい例としては、「平凡な主婦でも読者モデルになれます」「平凡受けするイラストですね」「平凡な私のもふもふライフをブログに綴っています」「平穏な時代であれば平凡なる皇帝で十分です」などがあります。

その他にも、「平凡な日常を送っています」「平凡にして非凡なる日常がありました」「平凡な女子高生から雑誌のモデルになりました」「平凡社の新刊情報をチェックする」「平凡パンチの創刊号をヤフオクで手に入れた」などがあります。

平凡という言葉の「平」は、特に変わった様子がなく、特別の事がないことを表します。平凡とは、これといった特色や優れた点もなく、ありきたりなことを意味する言葉です。ありきたりであることから、つまらない、面白くないといったネガティブな意味合いを含みます。

四字熟語「平平凡凡」の意味

平凡の意味を強調した四字熟語には「平平凡凡」があります。「平凡」のそれぞれの字を重ねて意味を強めたもので、きわめて平凡なさまを表します。「平々凡々」と書くこともあります。

平凡の対義語

平凡の対義語・反対語としては、平凡でないことや普通より特に優れていることを意味する「非凡」、普通に考えられる程度をはるかにこえていることを意味する「超越」、普通よりはるかに優れていることを意味する「超凡」などがあります。

平凡の類語

平凡の類語・類義語としては、ありふれていることや珍しくないことを意味する「ありきたり」、ごく一般的であることを意味する「並み」、ありふれていてとりえのないことを意味する「凡俗」、民間で普通に行われることを意味する「俗」などがあります。

凡百の例文

1.世の中に凡百の容貌があるように、人の性質や性格はそれぞれ違います。
2.核兵器の廃絶と世界平和は、凡百の人間が共通する願いでしょう。
3.日本に凡百の四字熟語が存在するように、中国には成語と呼ばれる4文字の熟語があります。
4.凡百の定食屋とは違うと評判の店の前には、毎日のように行列が出来ています。
5.英語を習得する方法は凡百ありますが、海外に住んで実践を積むことが最も効果的です。
6.いい物書きは凡百の取るに足らぬと見える現象の中に、ひとつの輝く真理を見出すことのできる人のことだと思う。
7.彼は凡百の人間が束になってかかっても思いつかないようなすばらしいアイデアを出してくれる。
8.外国語学習はたとえ凡百な者でも、コツコツ努力を続ければかならずある程度習得することができます。
9.振り返れば凡百の人々の出会いがあって、今のわたしがあるのだから感謝しなければいけないだろう。
10.検定試験のために凡百の四字熟語やらことわざやらを一通り覚えたつもりだったが、使わないとすぐに忘れてしまった。

この言葉がよく使われる場面としては、いろいろの物や人、もろもろを表現したい時などが挙げられます。

凡百という言葉は、上記の例文にあるように多くの人や多くの物事を表しますが、例文4のように程度が並みであったり、普通であることのニュアンスを含むことがあります。

平凡の例文

1.私は普通の平凡な女子大生でしたが、英語留学を通してグローバルな視点を持つようになりました。
2.何の特徴もない平凡な会社に正社員として採用されてたが、辞退しようか迷っている。
3.日本語の語源を面白おかしく解説した雑学本が平凡社から出版されました。
4.昭和の二大芸能雑誌である「平凡」と「明星」が、メルカリで高額取引されているようだ。
5.若い頃は平凡な生活に意味を見出せず不満に思うこともありましたが、今では幸せを感じています。
6.スターは平凡な生活をしてみたかったと言い、一般人の私は華やかな世界に憧れる。結局人はないものねだりをしてしまう生き物なのだろう。
7.同じミュージシャンでも彼のような非凡な才能を目の当たりにすると、自分がいかに平凡でつまらない人間であるかという問いに立ち返り、創作意欲を失いがちです。
8.わたしは物書きの仕事をするまで平凡な会社員だったが、その時分から趣味で小説を書いていて、子供が大きくなったのを機に一念発起したのだ。
9.広告には平凡な主婦でもモデルになれますと触れ込んでいたが、きっと多額のお金を巻き上げる詐欺だろうな。
10.俳優と言うとゴージャスな暮らしをしているように思えるが、男はいたって平凡な暮らしをしている。

この言葉がよく使われる場面としては、ありふれていて、特にすぐれた点のないことを表現したい時などが挙げられます。

例文3の「平凡社」は、1914年に下中弥三郎氏によって創立された出版社です。百科事典の出版社として有名で、多様な一般書を刊行しています。例文4にある「平凡」は、昭和二十年に創刊された文芸娯楽雑誌です。

凡百と平凡という言葉は、どちらも「普通で、ありふれている様子」を表します。さらに凡百は、「もろもろ、かずかず」の意味も持つことを覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター