今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:11,481件

【乱文乱筆】と【乱筆乱文】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「乱文乱筆」(読み方:らんぶんらんぴつ)と「乱筆乱文」(読み方:らんぴつらんぶん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」という言葉は、どちらも自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「乱文乱筆」と「乱筆乱文」の違い

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」の意味の違い

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」の違いを分かりやすく言うと、「乱文乱筆」は一般的に使われていない、「乱筆乱文」は一般的に使われているという違いです。

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」の使い方の違い

一つ目の「乱文乱筆」を使った分かりやすい例としては、「乱文乱筆をどうぞお許しください」「乱文乱筆にてお見苦しいとは思いますが、ご一読いただければ幸いです」「乱文乱筆の段お詫び申し上げます」などがあります。

二つ目の「乱筆乱文」を使った分かりやすい例としては、「乱筆乱文で申し訳ございません」「乱筆乱文にて失礼しました」「乱筆乱文ながらお礼申し上げます」「急ぎの連絡でしたので乱筆乱文をお許しくださいなどがあります。

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」の使い分け方

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」はどちらも自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを意味しており、どちらも正しい日本語になります。あえて違いを挙げるならば、「乱文乱筆」より「乱筆乱文」の方が一般的に使われているという点です。

ただし、どちらも正しい日本語なので、好きな方を使っても問題ないと覚えておきましょう。

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」は日本語特有の表現なので、英語表記はありません。英語圏の国では美しく書く必要はなく、書いた内容が伝われば良いというのが一般的です。

「乱文乱筆」の意味

「乱文乱筆」とは

「乱文乱筆」とは、自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを意味しています。

「乱文乱筆」の読み方

「乱文乱筆」の読み方は「らんぶんらんぴつ」です。誤って「らんぶんらんひつ」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「乱文乱筆失礼いたしました」「乱文乱筆のほど」「乱文乱筆お許しください」

「乱文乱筆失礼いたしました」「乱文乱筆のほど」「乱文乱筆お許しください」「乱文乱筆お詫び申し上げます」などが、「乱文乱筆」を使った一般的な言い回しになります。

「乱文乱筆」の使い方

「乱文乱筆」を使った分かりやすい例としては、「乱文乱筆のほどご容赦願います」「大事な書類などは乱文乱筆にならないように気を付けたいです」「心急くままに乱文乱筆のほど、どうぞお許ししください」などがあります。

「乱文乱筆」は乱れて整わない文章や自分の手紙の文などを謙って言うことを意味する「乱文」に、文字を乱雑に書くことや手紙で自分の筆跡を謙って言うことを意味する「乱筆」が合わさった四字熟語です。また、似た意味の言葉を重ねることによってその意味を強調しています。

「乱文乱筆」を使う上で注意しなければならないのは、手紙などの手書きのものにしか使えないという点です。携帯やパソコンのメールでは使うことができないと覚えておきましょう。

また、最近はビジネスシーンなどでもパソコンのメールを使うのが主流になっているため、「乱文乱筆」を使うことは少なくなってきています。

「乱文乱筆」の類語

「乱文乱筆」の類語・類義語としては、筆を走らせて急いで書くこと意味する「走り書き」、字画を略して書くことを意味する「崩し書き」、自分の書いた文章を謙って言うことを意味する「拙文」(読み方:せつぶん)などがあります。

「乱筆乱文」の意味

「乱筆乱文」とは

「乱筆乱文」とは、自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを意味しています。

「乱筆乱文」の読み方

「乱筆乱文」の読み方は「らんぴつらんぶん」です。誤って「らんひつらんぶん」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「乱筆乱文失礼いたしました」「乱筆乱文のほど」「乱筆乱文お許しください」

「乱筆乱文失礼いたしました」「乱筆乱文のほど」「乱筆乱文お許しください」「乱筆乱文お詫び申し上げます」などが、「乱筆乱文」を使った一般的な言い回しになります。

「乱筆乱文」の使い方

「乱筆乱文」を使った分かりやすい例としては、「急ぎのご報告でしたので乱筆乱文のほどご容赦ください」「履歴書を書く際は乱筆乱文にならないように気を付けたいです」「どうぞご自愛ください、乱筆乱文にて失礼いたしました」などがあります。

「乱筆乱文」は文字を乱雑に書くことや手紙で自分の筆跡を謙って言うことを意味する「乱筆」に、乱れて整わない文章や自分の手紙の文などを謙って言うことを意味する「乱文」が合わさった四字熟語です。また、似た意味の言葉を重ねることによってその意味を強調しています。

「乱筆乱文」を使う上で注意しなければならないのは、手紙などの手書きのものにしか使えないという点です。携帯やパソコンのメールでは使うことができないと覚えておきましょう。

また、最近はビジネスシーンなどでもパソコンのメールを使うのが主流になっているため、「乱筆乱文」を使うことは少なくなってきています。

「乱筆乱文」の類語

「乱筆乱文」の類語・類義語としては、自分の書いた文字や文章を謙って言うことを意味する「拙筆」(読み方:せっぴつ)、乱暴または無造作に書くことを意味する「殴り書き」、自分の文章を謙遜して言うことを意味する「駄文」などがあります。

「乱文乱筆」の例文

1.お体に気を付けてお過ごしください。乱文乱筆にて失礼いたしました。
2.今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。乱文乱筆のほどお許しください。
3.企業に提出する履歴書は、乱文乱筆にならないように気を付けて書くことを心掛けています。
4.心急くまま書きましたので、乱文乱筆につきましてはどうぞお許しください。
5.末筆ながら、皆様にもくれぐれもによろしくお伝えください。取り急ぎ乱文乱筆のまま失礼いたしました。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「乱文乱筆」はビジネスシーンにおいてよく使われています。

「乱筆乱文」の例文

1.今後とも今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。乱筆乱文でありますことをどうかご容赦ください。
2.大変体調を崩しやすい季節になっていますので、お体にお気をつけてお過ごしください。乱筆乱文にて失礼いたしました。
3.日程変更の件についてお知らせいたします。取り急ぎの連絡ゆえ乱筆乱文にて失礼いたしました。
4.急ぎのご連絡でしたので乱筆乱文のほど、何卒ご容赦ください。
5.今書いてる書類はとても大切なので、乱筆乱文にならないよう気を付けています。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の書いた文や手紙について謙遜して言うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「乱筆乱文」はビジネスシーンにおいてよく使われています。

「乱文乱筆」と「乱筆乱文」はどちらも自分の書いた文や手紙について謙遜してい言うことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、一般的に使われていないのは「乱文乱筆」、一般的に使われているのが「乱筆乱文」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター