今日の買取件数:20件/今月の買取件数:600件/累計買取件数:14,646件

【ブランク】と【スペース】と【Null】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ブランク」と「スペース」と「NULL」(読み方:ぬる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ブランク」と「スペース」と「NULL」という言葉は、データベースにおける何もない場所という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ブランクとスペースとNULLの違い

ブランクとスペースとNULLの意味の違い

ブランクとスペースとNULLの違いを分かりやすく言うと、ブランクは空っぽを表現する時に使い、スペースは間隔を表現する時に使い、NULLは虚無を表現する時に使うという違いです。

ブランクとスペースとNULLの使い方の違い

ブランクという言葉は、「試験時間が終わるギリギリまでブランクを埋めたい」「ブランクを感じさせないプレーに圧倒された」などの使い方で、空白の部分を意味します。

スペースという言葉は、「姓名の間に半角スペースを空けて提出をしなければならない」「彼の出店スペースに足を運んでくれと言われた」などの使い方で、空間や場所を意味します。

NULLという言葉は、「数値を細かく設定し直したらNULLと出たため再設定が必要なのだと察した」「最初はNULLの表示がされるだけで慌てていた」などの使い方で、変数やデータが何も含まれない状態を意味します。

ブランクとスペースとNULLの使い分け方

どの言葉もプログラミングなどにおいて使われる言葉です。ブランクとスペースは本来どちらも、空いている場所を指す言葉ですが、前者は空っぽで意味のない空白を、後者は感覚や距離などの意味を持つ空白を指します。

一方、NULLという言葉も、何もないことを意味する言葉ですが、ブランクやスペースは数値などが入る場所として整えられているため、何か数値など入ったとしてなんの意味もなさないNULLとは異なります。

これが、ブランク、スペース、NULLの明確な違いです。

ブランクの意味

ブランクとは

ブランクとは、空白の部分を意味しています。

その他にも、仕事やスポーツなどを休止している期間を意味する言葉として使われています。

ブランクの意味の由来

履歴書に経歴を書く際に何も書くことができずに空欄となることが由来して、ブランクと呼ばれるようになったと言われています。

表現方法は「ブランクを感じる」「ブランクを埋める」「ブランクがある」

「ブランクを感じる」「ブランクを埋める」「ブランクがある」などが、ブランクを使った一般的な言い回しです。

「ブランクテスト」の意味

ブランクを使った言葉として、「ブランクテスト」があります。これは、ある条件における効果を調べるために、他の条件は全く同じにしたうえで、調査するべき条件のみを除いて行う実験を指す言葉で、「対照実験」や「空実験」とも呼ばれています。

分析に使う薬品や器具の影響を調べるために、水と薬品が混ぜられたものと、その二つに不純物を混ぜたものとを比べます。調査内容によっては、更に細かいパターンが設定され試験が行われることもあります。

ブランクの類語

ブランクの類語・類義語としては、文字が何も書かれていない空白の欄を意味する「空欄」、何も書かれずに白く残っている部分を意味する「余白」があります。

スペースの意味

スペースとは

スペースとは、空間や場所を意味しています。

表現方法は「スペースを空ける」「スペースを確保する」「スペースが狭い」

「スペースを空ける」「スペースを確保する」「スペースが狭い」などが、スペースを使った一般的な言い回しです。

スペースを使った言葉として、「オープンスペース」「バックスペース」があります。

「オープンスペース」の意味

一つ目の「オープンスペース」とは、敷地内において建造物などが建っていない場所、いわゆる空き地を意味する言葉です。また、サッカーなどの競技において相手のプレーヤーがいない空間も指します。

「バックスペース」の意味

二つ目の「バックスペース」とは、パソコンなどのキーボードにおいて、一文字前のものを消去しカーソルをその分戻す機能を指す言葉です。実際のキーボードでは「BackSpace」「BS」などと書かれています。

一方、カーソルよりも一文字次のものを消去する時には「Delete」キーを押します。どちらのキーも近くにあるため、押し間違いに注意が必要です。

スペースの類語

スペースの類語・類義語としては、物と物との間の距離を意味する「間隔」、物と物との間のわずかに空いているところを意味する「隙間」があります。

NULLの意味

NULLとは

NULLとは、変数やデータが何も含まれない状態を意味しています。

NULLの読み方

NULLは「ナル」や「ヌル」という読み方をするプログラミングやデータなどに関するIT用語で、「NIL」(読み方:にる)が使われることもあります。

NULLの語源

ドイツ語で「NULL」は数値のゼロを意味しますが、ラテン語で無を意味する「nullus」が語源となっています。

表現方法は「nullを許容する」「nullを返す」「nullには更新できません」

「nullを許容する」「nullを返す」「nullには更新できません」などが、Nullを使った一般的な言い回しです。

「Null Pointer Exception」の意味

NULLを使った言葉として、「Null Pointer Exception」があります。これは、プログラミングにおいて処理に異常が発生した場合に表示されるメッセージの一つです。

匿名掲示板「2ちゃんねる」のコンピュータ関連についての話題が出される場所で、「ぬるぽ」と呼ばれたことで、多くの人が使うようになり2ちゃんねる用語として浸透しました。

2ちゃんねる上で使われたのが先か、プログラマーの間で使われていたものが2ちゃんねるにて使われるようになったのかは明確ではありませんが、今日ではその場を茶化すためであったり、良くないことなどを例えた表現として使われることもあります。

NULLの類語

NULLの類語・類義語としては、何物もなくむなしいことを意味する「虚無」、何もない空間を意味する「虚空」があります。

ブランクの例文

1.病院の受付を終え、渡された問診票のブランクを埋めるように指示されたため、待合室で回答することにした。
2.仕事を辞めてからブランクが長かったものの、新しい就職先は私のことを歓迎してくれたため、今では精一杯勉強し直しているところだ。
3.産後のブランクを埋めるために周囲の人々に手を差し伸べてもらい、自分が如何に恵まれているのかを実感することができた。
4.お笑いやアイドルなど人気商売だと、充電を目的とした留学などでキャリアのブランクがあって、再度また第一線に戻るということは、かなり難しいことだと思います。
5.知り合いからハーフマラソンに誘われたが、だいぶブランクがあったので、断りを入れようとしたら一緒に練習しましょうと提案してきた。
6.仕事を辞めてからブランクがあったが、それでも会社側がそれらをネガティブにとらえることなく採用を決定してくれました。
7.20年ぶりに兄と再会したのはいいが、その間のブランクを埋めるのにはまだまだ時間がかかるだろう。
8.ふたりが漫才をするのは実に10年ぶりだったが、そのブランクを感じさせないほどクオリティーの高いものであった。

この言葉がよく使われる場面としては、空白の部分を意味する時などが挙げられます。

例文2と例文3のブランクは、記述欄などの空白ではなく、期間が空いているという意味の空白として使われています。

スペースの例文

1.イベントの主催に当たってレンタルスペースについてまとめられたサイトを眺めているが、どの場所も捨てがたいため相談してみようと思った。
2.冷凍庫に何かを入れようと思ってもスペースがないため、実家から魚を貰ってほしいと言われて数日待ってほしいとしか言えなかった。
3.コワーキングスペースに通うようになってから様々な職種の人と関わり話を聞くことができるため、いい経験になっている。
4.公園は憩いの場であるとともに、災害時には避難地や救護の拠点となるなど防災の役割も持った公共のオープンスペースである。
5.新人社員は花見のスペースを確保するために、前日から場所取り要因として動員されることがよくあったのだ。
6.このアパートはたしかに収納スペースは広いが、肝心の居住スペースが狭いように思えたので、結局契約を見送った。
7.家の外にはわずかなスペースがあったので、そこに野菜の苗を植えて、少しでも食費を節約するように試みた。
8.パソコンが不慣れの人たちにとっては全角スペースと半角スペースの違いを理解することもできないのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、空間や場所を意味する時などが挙げられます。

例文3の「コワーキングスペース」とは、在宅勤務者や個人事業者などのように仕事をする場所に縛りがない人たちが仕事を行う場所です。

NULLの例文

1.データ表をいじってしまったのかNULLが表示されてしまったため、表計算ソフトに強い後輩に相談しながらファイルを弄った。
2.「NULLの使い方が不正です」というエラーメッセージをここ最近親の顔より見た気がして、もうしばらく見たくないとも思う。
3.0や空欄には何らかの意図があることも多いため、NULLという言葉が表示されるのは、エラーだとすぐに区別できてわかりやすい。
4.Nullと数字の0はほとんど同じだと思っていたが、0は0の意味を持っているでの意味を持たないNullとは違うのだ。
5.この表の列を合計したいのにNullで出力されてしまうので、演算対象のセルが正しく指定されているかどうか確かめることにした。
6.プログラミングスクールでデータの値が0なのか初期値なのかはNullで区別するとわかりやすいとアドバイスされた。
7.プログラミング言語によってはNullと空文字を同じものとみなすものもあるので、その都度確認をしてください。
8.未知や適用不能のために、あり得ない値を入れてしまうことがあるが実際の値として処理されてしまう危険があるため、Nullを入れるべきだ。

この言葉がよく使われる場面としては、変数やデータが何も含まれない状態を意味する時などが挙げられます。

例文2の「NULLの使い方が不正です」はプログラミングソフトにおいて表示されることのあるメッセージです。

ブランクとスペースとNULLどれを使うか迷った場合は、空っぽを表す場合は「ブランク」を、間隔を表す場合は「スペース」を、虚無を表す場合は「NULL」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター