今日の買取件数:20件/今月の買取件数:330件/累計買取件数:13,806件

【ご確認ください】と【ご査収ください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご確認ください」(読み方:ごかくにんください)と「ご査収ください」(読み方:ごさしゅうください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご確認ください」と「ご査収ください」という言葉は、どちらも調べてもらうことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご確認ください」と「ご査収ください」の違い

「ご確認ください」と「ご査収ください」の意味の違い

「ご確認ください」と「ご査収ください」の違いを分かりやすく言うと、「ご確認ください」とは受け取るものがなくても使える、「ご査収ください」とは受け取るものがないと使えないという違いです。

「ご確認ください」と「ご査収ください」の使い方の違い

一つ目の「ご確認ください」を使った分かりやすい例としては、「忘年会の日程をお送りいたしましたので、ご確認ください」「本日領収書を発送いたしましたのでご確認ください」「こちらの注意事項をご確認ください」「下記の件についてご確認ください」などがあります。

二つ目の「ご査収ください」を使った分かりやすい例としては、「お見積書を添付いたしましたのでご査収ください」「履歴書をご返却いたしますのでご査収ください」「契約書を同封いたしましたのでご査収ください」などがあります。

「ご確認ください」と「ご査収ください」の使い分け方

「ご確認ください」と「ご査収ください」はどちらも似た意味を持つ言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「ご確認ください」は相手に確かめてほしいとお願いすることを意味しており、ただ単純に確かめるだけでものを受け取るというニュアンスがありません。

一方、「ご査収ください」は金銭や書類などをよく調べて受け取ってほしいとお願いすることを意味しており、ただ調べてるだけではなく、調べた上でものを受け取る場合に使います。

つまり、「ご確認ください」とは受け取るものがなくても使える、「ご査収ください」とは受け取るものがないと使えないというのが違いです。

分かりやすい例を挙げると、「こちらの書類をご査収ください」と言った場合は、書類を相手に預けなければなりませんが、「こちらの書類をご確認ください」と言った場合は、相手に確認してもらったすぐに返してもらっても問題ありません。

「ご確認ください」と「ご査収ください」の英語表記の違い

「ご確認ください」を英語にすると「please confirm」「please check」となり、例えば上記の「下記の件についてご確認ください」を英語にすると「Please confirm the following information」となります。

一方、「ご査収ください」を英語にすると「please see」「please refer to」となり、例えば上記の「添付ファイルをご査収ください」を英語にすると「Please see the attached file」となります。

「ご確認ください」の意味

「ご確認ください」とは

「ご確認ください」とは、相手に確かめてほしいとお願いすることを意味しています。

表現方法は「ご確認くださいますようお願い申し上げます」「ご確認くださいませ」

「ご確認くださいますようお願い申し上げます」「ご確認くださいませ」などが、「ご確認ください」を使った一般的な言い回しになります。

「ご確認ください」の使い方

「ご確認ください」を使った分かりやすい例としては、「お手すきの際に、内容をご確認ください」「こちらの資料をご確認ください」「必要なものは揃えてありますので、お部屋に着きましたらご確認ください」などがあります。

「ご確認ください」はそうであることをはっきり確かめることを意味する「確認」に、尊敬を表す接頭語の「ご」と相手に何か請求することを意味する「ください」が合わさった敬語表現です。

また、「ご確認ください」は敬語表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使っても問題ありません。もし、さらに丁寧に表現したいのであれば、「ご確認くださいますようお願い申し上げます」を使うようにしましょう。

「ご確認ください」はただ、単純に相手に確かめてお願いする場合に使う言葉なので、受け取るものがなくても使用することができるというのが特徴です。

「ご確認してください」は間違った敬語表現

「ご確認ください」を使った間違えやすい言葉として「ご確認してください」があります。「ご確認してください」は「ご確認する」を丁寧にした表現で謙譲語です。謙譲語は自分のことを下げる場合に使うので、相手の行為に対して使うことはできません。

そのため、「ご確認してください」は間違った敬語表現になります。もし、別の表現で言い換えたいのであれば、するの尊敬語は「なさる」なので「ご確認なさってください」を使うようにしましょう。

「ご確認ください」の類語

「ご確認ください」の類語・類義語としては、照らし合わせて参考にしてもらうことを意味する「ご参照ください」、相手を敬ってその人に見てもらうことを意味する「ご高覧ください」などがあります。

「ご査収ください」の意味

「ご査収ください」とは

「ご査収ください」とは、金銭や書類などをよく調べて受け取ってほしいとお願いすることを意味しています。

「ご査収ください」の使い方

「ご査収ください」を使った分かりやすい例としては、「見積書を修正いたしましたので再度ご査収ください」「社員旅行の企画書をまとめましたのでご査収ください」「本日代金をお振り込みいたしましたのでご査収くださいませ」などがあります。

「ご査収ください」は金銭や書類などをよく調べて受け取ることを意味する「査収」に、尊敬を表す接頭語の「ご」と相手に何か請求することを意味する「ください」が合わさった敬語表現です。

また、「ご査収ください」は敬語表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使っても問題ありません。

「ご査収ください」を使う上で注意しなければならないのは、相手が受け取るものがないと使えないという点です。受け取るものがないのに「ご査収ください」を使ってしまうと相手が困惑してしまうので気を付けましょう。

「ご査収ください」の類語

「ご査収ください」の類語・類義語としては、納入品が発注通りか検査して受け取ってもらうことを意味する「ご検収ください」、渡されたものを受け収めてもらうことを意味する「受け取ってください」などがあります。

「ご確認ください」の例文

1.お手数をおかけしますが、先日お話した件について再度ご確認ください。
2.お忙しいところ申し訳ありませんが、お送りした資料をご確認ください。
3.緊急避難場所については、各自お手元の冊子でご確認ください。
4.お忙しいところ大変恐れ入りますが、ご確認くださいますようお願い申し上げます。
5.お手元のカードが使用できない場合は、有効期限が切れていないかご確認ください。
6.本日、領収書を発送いたしましたので、到着次第ご確認くださいますようお願い申し上げます。
7.同窓会の日程をお贈りしましたので、どうぞご確認ください。出欠確認は今月末までにお願いいたします。
8.SNSでの情報発信では字数制限がございますので、詳しい情報は県の公式ホームページにてご確認ください。
9.クラウドにデータを上げましたが、念のため、添付ファイルでもデータを転送しますのでご確認くださいませ。
10.先ほど今月分のご請求書をメールにてお送りいたしましたので、ご確認くださいますようお願い致します。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に確かめてほしいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご確認ください」はビジネスシーンにおいてよく使われている表現です。

「ご査収ください」の例文

1.資料をお送りいたしましたので、よろしくご査収くださいますようお願い申し上げます。
2.昨日の打ち合わせの議事録を作成いたしました。お手すきの際にご査収ください。
3.来週行うミーティングの資料を添付いたしましたのでご査収くださいませ。
4.ご依頼いたたいだ資料をメールに添付いたしましたので、ご査収ください。
5.ご指摘いただいた箇所を修正いたしましたので、ご査収くださいませ。
6.契約に基づく手続きの方はすべてこちらで済ませました。こちらがその契約書となります。どうぞご査収ください。
7.弊社では活躍できる場所をご用意することができないとの結論に至りました。〇〇様のより一層のご活躍を祈念いたします。また履歴書を返却いたしますので、ご査収ください。
8.大変遅れて申し訳ございませんが、本日ようやく代金の方を振り込みましたのでご査収くださいませ。
9.来週のプレゼンテーションに活用できそうな全データを添付して送りましたので、どうぞご査収ください。
10.新しいプロジェクトについての企画書をまとめしましたのでご査収くださいますようお願い申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、金銭や書類などをよく調べて受け取ってほしいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご査収ください」はビジネスシーンにおいてよく使われている表現です。

「ご確認ください」と「ご査収ください」はどちらも調べてもらうことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、受け取るものがなくても使えるのが「ご確認ください」、受け取るものがないと使えないのが「ご査収ください」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター