今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:15,606件

【ボトルネック】と【ネック】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ボトルネック」と「ネック」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ボトルネック」と「ネック」という言葉は、「物事の進行を妨げるもの」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ボトルネックとネックの違い

ボトルネックとネックの意味の違い

ボトルネックとネックの違いを分かりやすく言うと、ボトルネックは具体的な表現をする時に使い、ネックは抽象的な表現をする時に使うという違いです。

ボトルネックとネックの使い方の違い

一つ目のボトルネックを使った分かりやすい例としては、「性能ボトルネックを分析して問題の解消を狙う」「ボトルネックとなる箇所では交通整理が行われていることが多い」「ボトルネックがいくつか検出された」などがあります。

二つ目のネックを使った分かりやすい例としては、「生産におけるネックは原材料の入手に関することだ」「彼に関しては口が悪いことだけがネックだ」「Uネックのトップスは首元が楽でいい」などがあります。

ボトルネックとネックの使い分け方

ネックはボトルネックを省略した言い方です。そのため、どちらの言葉も、物事の進行を妨げるものや道路にて混雑や渋滞を招いている地点を指す言葉で違いはありません。

ボトルネックは、「ボトルネック・インフレーション」や「ノイマンボトルネック」など専門的な用語に使われることが多い言葉で、物事の妨げとなるものをさらに具体的に表現することができます。

一方のネックは、ビジネスシーンなどで使われることもありますが、一般的にも対象にとっての弱みを表す言葉としても使われ、ボトルネックよりも柔らかい表現と言えます。

強いて違いを挙げるならば、ボトルネックは経済用語や人類学、拳銃などの銃器など具体的事象や箇所に使われることがあるのに対して、ネックはその人物や物事の抽象的な弱点に使われています。

また、服飾用語で言えば、ボトルネックは首の部分が瓶の口のような形になっていて、折り返されることのないハイネックの一つを指し、ネックは洋服の襟回りの線を指す言葉として使われているという違いもあります。

ボトルネックとネックの英語表記の違い

ボトルネックもネックも英語にすると「bottleneck」となり、例えば上記の「性能ボトルネック」を英語にすると「performance bottleneck」となり、「生産におけるネック」を英語にすると「a bottleneck in production」となります。

ボトルネックの意味

ボトルネックとは

ボトルネックとは、物事の妨げとなるものを意味しています。

その他にも、道路において混雑が発生している場所を指したり、障害などが発生した原因や要因を表す言葉です。

表現方法は「ボトルネックになる」「ボトルネックを解消する」

「ボトルネックになる」「ボトルネックを解消する」などが、ボトルネックを使った一般的な言い回しです。

ボトルネックの使い方

「システムのボトルネックを回避することを望んでいる」「ボトルネック踏切と開かずの踏切と呼ばれているものは若干異なる」「ボトルネック分析を任された」などの文中で使われているボトルネックは、「物事の妨げとなるもの」の意味で使われています。

一方、「ボトルネックが検出されてから解決までが迅速だった」「ボトルネック特定のためのツールを利用する」「ボトルネックは一つではないかもしれない」などの文中で使われているボトルネックは、「問題などが発生した原因」の意味で使われています。

ボトルネックは英語で「bottleneck」と表記され、本来は瓶の首や狭い通路を表し、障害の意味でも使われています。カタカナ語として使う場合は、この障害の意味で使われていることがほとんどです。

ワインやその他ジュースの瓶の首が細い場合、出てくる量が少なくなかなか出てこないことが由来となり、物事がスムーズに進行しないことや遅延する原因となる部分を指すようになりました。

「ボトルネック踏切」の意味

今日では、通信技術や交通に対して使われることが多い言葉です。上記例文の「ボトルネック踏切」は、遮断時間が長く、かつ交通量も多い踏切を指す言葉で、車両も歩行者も多くの人が踏切の向こう側へと渡れていない箇所を表します。

ボトルネックの対義語

ボトルネックの対義語・反対語としては、後ろ盾となることを意味する「バックアップ」、他の人の進めている仕事や活動などに力を貸すことを意味する「助力」、困っている人に力を貸すことを意味する「援助」があります。

ボトルネックの類語

ボトルネックの類語・類義語としては、物事を進めるうえでの妨げとなるものや条件を意味する「隘路」(読み方:あいろ)、妨げることや妨げとなるものを意味する「障害」、差し支えや差し障りを意味する「支障」などがあります。

ネックの意味

ネックとは

ネックとは、物事の進行を阻むものを意味しています。

その他にも、首や首のような部分を意味する言葉としても使われています。

表現方法は「それだけがネック」「ネックになる」「ネックに感じる」

「それだけがネック」「ネックになる」「ネックに感じる」などが、ネックを使った一般的な言い回しです。

ネックの使い方

「ネック工程の改善が急がれる」「ネックに思っていた懸念事項が解決した」「彼と仕事をするに当たってプライベートに介入されそうなことだけがネックだ」などの文中で使われているネックは、「物事の進行を妨げる障害」の意味で使われています。

一方、「タートルネックセーターは衣替えの時に箪笥の奥にしまい込んだ」「ギターのネック材にも色々あるようだ」「ネッククーラーは夏に重宝されている」などの文中で使われているネックは、「首や首に似た部分」の意味で使われています。

ネックは英語で「neck」と表記され、本来は首や首回りを意味しますが、これが転じて首程度の狭いところを表す言葉としても使われています。

ネックはボトルネックの省略語

一般的に使われているネックは、ボトルネックを省略した言葉です。洋服の襟回りを指す「ネックライン」の省略でもあるため、洋服の種類には上記例文の「タートルネック」などのようにネックという言葉が多く使われています。

「ネック工程」の意味

また、上記例文の「ネック工程」とは、生産を行う工程の中で生産能力や効率が低く、時間が掛かる工程を指す言葉で、「ボトルネック工程」とも言われています。

ネックの対義語

ネックの対義語・反対語としては、力を貸して助けることを意味する「加勢」、目的の実現のために力を尽くすことを意味する「尽力」、力を添えて援助することを意味する「助勢」があります。

ネックの類語

ネックの類語・類義語としては、妨げとなるものやその様子を意味する「邪魔」、妨げることや邪魔することを意味する「阻害」、他人のことに立ち入り自分の意思に従わせようとすることを意味する「干渉」、妨げるものを意味する「障壁」などがあります。

ボトルネックの例文と使い方

1.パフォーマンスにおけるボトルネックは、そのままにしておけばマシン全体にも影響を与え、生産効率の著しい低下が見られるようになるだろう。
2.交通事故のせいで車線が減少されておりボトルネックが発生していたため、到着時間を大幅に過ぎてしまった。
3.特定の時間であれば電話をいくら掛けても料金がかさまないという携帯電話プランが存在していた時は、その時間にボトルネックが多く発生した。
4.開発において本番を想定したテストでボトルネックの検出や調査を行い、万全の状態を整える。
5.トップスにボトルネックニットを選べばボトムスにパンツを合わせてもスカートを合わせてもあまり困ることはない。
6.選挙後の政権運営は順風満帆に見られたが、憲法改正を巡ってボトルネックとなる可能性も否定できない。
7.この時間帯の駅構内は、通勤ラッシュで人が押し寄せているので、ボトルネックを緩和するために、乗客の動線をAIで分析してみることにしました。
8.米国のインフレは9%を超える記録的水準であるので、もはや利上げで解決できるインフレではない。それらは物流のボトルネックと、ロシアの制裁が原因だろう。
9.この国で交通渋滞は日常茶飯事であるが、自動車が急激に増加したことで、道路が足りずそれが交通のボトルネックとなっている。
10.私はプログラム上のエラーを見つけてすぐに修正したが、システムが改善する様子はない。もしかしたらボトルネックは一つではないかもしれない。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の妨げとなるものなどが挙げられます。

例文2のように交通渋滞を指したり、例文3のように通信上における混雑を指すこともあります。

また、例文5のように服飾に関する言葉としても使われています。

ネックの例文と使い方

1.ネック工程を改善して更に生産率を向上させていけるよう、問題点を出し合って解決方法の模索を行う必要があるだろう。
2.学歴を気にしたことはほとんど無いが、それをネックに感じることも、コンプレックスに思うこともままある。
3.計画を推し進めることで別の案件のネックになるのであれば、もう少し慎重になるべきだと思う。
4.お気に入りのウェブサイトは見やすくて内容も分かりやすいが、戻るページを押せば毎度検索結果まで戻されることだけがネックだ。
5.冬にバイクの運転をする際はネックウォーマーが手放せなくなるため、洗い替え用にいくつか購入してある。
6.昨年オープンした1号店は評判もよく業績もいいが、最近悪い口コミが投稿されだしたのはスタッフ不足がネックとなっているからだろう。
7.その製品は性能は良くデザインも素晴らしいが、唯一価格が他者に比べて割高であるのがネックだったので、改善を要請した。
8.新しい上司と仕事をするに当たっては、プライベートにいちいち介入されそうなことだけがネックだ。
9.以前からその製品は喉から手が出るほど欲しかったが、個人輸入でしか買えないのがネックで、ずっと諦めていました。
10.新聞業界の一番のネックは購読者が五十歳以上の人々ということで、どうしたら若者に新聞を読んでもらえるのかが課題であった。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の進行を阻むものなどが挙げられます。

例文2から例文4のように、日常会話において弱点や障害を表す言葉として使われることも多くあります。

ボトルネックとネックは、どちらも「物事の進行を妨げるもの」を表します。どちらを使うか迷った場合は、具体的な表現の場合は「ボトルネック」を、抽象的な表現の場合は「ネック」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター