今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【明瞭会計】と【明朗会計】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「明瞭会計」(読み方:めいりょうかいけい)と「明朗会計」(読み方:めいろうかいけい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「明瞭会計」と「明朗会計」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「明瞭会計」と「明朗会計」の違い

「明瞭会計」は「明朗会計」の間違い

「明瞭会計」と「明朗会計」の違いを分かりやすく言うと、「明瞭会計」とは「明朗会計」の間違った使い方、「明朗会計」とは嘘や誤魔化しがない会計のことです。

「明瞭会計」は誤字

一般的には「明瞭会計」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「明朗会計」のことを間違えて「明瞭会計」を使っている人がほとんどです。

「明朗会計」は正しい日本語

正しい言葉である「明朗会計」を使った分かりやすい例としては、「私たちの店はいつも明朗会計を心がけています」「政治資金には明朗会計が求められています」「明朗会計の葬儀屋は信用することができる」などがあります。

「明朗会計」という言葉はあっても、「明瞭会計」という言葉は存在しません。同時に「明朗会計」という単語の意味について「嘘や誤魔化しがない会計のこと」と覚えておきましょう。

「明朗会計」の英語表記

「明朗会計」を英語にすると「clear accounting」「honest accounting」「transparent billing practices」となります。

「明瞭会計」の意味

「明瞭会計」とは

「明瞭会計」とは、「明朗会計」の間違った使われ方です。

「明瞭会計」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「明朗会計」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「明瞭会計」と間違えやすい理由

「明瞭会計」と「明朗会計」を間違えてしまう理由としては、「明瞭」と「明朗」の発音が似ているからです。しかし、「明瞭会計」という言葉は誤用なので、使わないように注意が必要です。

正しい日本語である「明朗会計」の「明朗」とは、嘘や誤魔化しがないことを意味しています。一方、間違った言葉である「明瞭会計」の「明瞭」とは、はっきりしていることを意味しています。

したがって、「明瞭」には嘘や誤魔化しがないという意味がないため、「明朗会計」を置き換えて使うことはできません。

「明瞭」の正しい使い方

間違った言葉である「明瞭会計」の「明瞭」を使った分かりやすい例としては、「メッセージは明瞭に伝わりました」「彼女の行動は状況を一層不明瞭にしました」「明瞭な陳述をしてください」「赤道直下にある国は雨季が明瞭ではありません」などがあります。

「明朗会計」の意味

「明朗会計」とは

「明朗会計」とは、嘘や誤魔化しがない会計のことを意味しています。

「明朗会計」の読み方

「明朗会計」の読み方は「めいろうかいけい」です。誤って「みょうろうかいけい」と読まないようにしましょう。

「明朗会計」の使い方

「明朗会計」を使った分かりやすい例としては、「引っ越しは明朗会計な業者を使うようにしています」「うちのお店は明朗会計を売りにしている飲食店です」「明朗会計ではない寿司屋にはいかないようにしている」などがあります。

「明朗会計」は嘘や誤魔化しがないことを意味する「明朗」に、代金の支払いのことを意味する「会計」が合わさり、嘘や誤魔化しがない会計のことを意味する言葉です。

「明朗会計」の分かりやすい例を挙げると、コンビニでお菓子を買う場合は一個の値段ははっきりと記載しており誤魔化しがききません。また、サッカースタジアムでサッカーを観戦する場合も席料が明記されたチケットを購入するので会計を誤魔化すことができません。

これらのように、支払う金額が明記されている商品やサービスのことを「明朗会計」と呼んでいます。

日本では「明朗会計」が一般的になっていますが、時価によって変動する寿司屋、サービス料やチャージ料があるスナックやバーなどは「明朗会計」ではないことが多いです。そのため、高額請求などのトラブルに発展することもあると覚えておきましょう。

実際に、寿司屋であがりが一杯1000円で問題になった事件などもあります。

「明朗会計」の対義語

「明朗会計」の対義語・反対語としては、法外な料金を取ることを意味する「ぼったくり」があります。

「明朗会計」の類語

「明朗会計」の類語・類義語としては、法規に適っている会計のことを意味する「正当な会計」があります。

「明瞭会計」の例文

1.「明瞭会計」という言葉は存在しないので、おそらく「明朗会計」の言い間違いだろう。
2.「明朗会計」という言葉は嘘や誤魔化しがない会計のことで、「明瞭会計」という言葉はない。
3.「明瞭会計」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.あの会社は明瞭会計を売りにしているという言葉を使う人はいるが、正しくはあの会社は明朗会計を売りにしているです。
5.接客業にとって明朗会計は大切ですという言葉はあるが、接客業にとって明瞭会計は大切ですという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「明朗会計」という言葉を間違えて「明瞭会計」と表現している時などが挙げられます。

「明瞭会計」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「明朗会計」を間違えて使っている可能性が高いです。

「明瞭会計」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「明瞭会計」ではなく、「明朗会計」と表現するのが正しい使い方になります。

「明朗会計」の例文

1.あの店は明朗会計ではなくぼったくりをしているという噂なので、足を運ばない方がいいだろう。
2.明朗会計をアピールすることで、多くの顧客を獲得することができました。
3.明朗会計ではないスナックはいくらかかるか分からないので、行かないように気をつけている。
4.明朗会計の居酒屋ならぼったくられることがないので、安心して通うことができます。
5.あの店は明朗会計をうたっているが、明細をみると怪しい点がいくつかあります。

この言葉がよく使われる場面としては、嘘や誤魔化しがない会計のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「明朗会計」は不正や曖昧な部分がない会計というニュアンスで使う言葉です。

「明瞭会計」と「明朗会計」どちらを使うか迷った場合は、「明瞭会計」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「明朗会計」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター