今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【お力になれず申し訳ございません】と【お力になれずすみません】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お力になれず申し訳ございません」(読み方:おちからになれずもうしわけございません)と「お力になれずすみません」(読み方:おちからになれずすみません)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」という言葉は、どちらも謝罪することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の違い

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の意味の違い

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の違いを分かりやすく言うと、「お力になれず申し訳ございません」は重大な謝罪に使う表現、「お力になれずすみません」は軽い謝罪に使う表現という違いです。

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の使い方の違い

一つ目の「お力になれず申し訳ございません」を使った分かりやすい例としては、「部長のお力になれず申し訳ございません」「融資の件ですがお力になれず申し訳ございません」「お力になれず申し訳ございませんがお探しの物は見つかりませんでした」などがあります。

二つ目の「お力になれずすみません」を使った分かりやすい例としては、「せっかくお声掛けいただいのにお力になれずすみません」「今回の件に関しまして何もお力になれずすみません」「せっかくのお誘いなのにお力になれずすみません」などがあります。

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の使い分け方

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」はどちらも謝罪することを意味していますが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「お力になれず申し訳ございません」の方が「お力になれずすみません」よりも丁寧な表現になります。そのため、重大な謝罪の場面では「お力になれず申し訳ございません」を使い、軽い謝罪の場面では「お力になれずすみません」を使うと覚えておきましょう。

例えば、上司や社外の人に対してはかしこまった表現である「お力になれず申し訳ございません」を使うことが多く、先輩や親しい上司に対しては柔らかい表現である「お力になれずすみません」を使うことが多いです。

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」の英語表記の違い

「お力になれず申し訳ございません」も「お力になれずすみません」も英語にすると「I’m sorry I could not help you」「I’m sorry that I can’t help you」となります

「お力になれず申し訳ございません」の意味

「お力になれず申し訳ございません」とは

「お力になれず申し訳ございません」とは、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することを意味しています。

「お力になれず申し訳ございません」の使い方

「お力になれず申し訳ございません」を使った分かりやすい例としては、「この度の選挙ではお力になれず申し訳ございません」「ご尽力いただいたのに関わらずお力になれず申し訳ございません」「せっかくお誘いいただいたのにお力になれず申し訳ございません」などがあります。

「お力になれず申し訳ございません」は、依頼や要望に応えることができないことを意味する「お力になれず」に、相手にお詫び言う時の言葉の「申し訳ございません」が合わさり、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することの意味で使われている言葉です。

「お力になれず申し訳ございません」はビジネスシーンにおいてよく使われています。相手からの提案や要望を断る際に使うとても丁寧な言い回しです。ただの「申し訳ございません」ではなく、「お力になれず」を加えることによって、相手に良い印象を与えることができます。

また、「お力になれず申し訳ございません」は重大な謝罪の場面で使う言葉なので、役職の離れた上司や社外の人などに対しても使うことが可能です。

「お力になれず申し訳ございません」の類語

「お力になれず申し訳ございません」の類語・類義語としては、要望に応えることができないことを意味する「ご要望に沿えず申し訳ございません」、相手に期待に応えることができないことを意味する「ご期待に沿えず申し訳ございません」などがあります。

「お力になれずすみません」の意味

「お力になれずすみません」とは

「お力になれずすみません」とは、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することを意味しています。

「お力になれずすみません」の使い方

「お力になれずすみません」を使った分かりやすい例としては、「せっかくご要望いただいたのにお力になれずすみません」「その日は予定が入っているのでお力になれずすみません」「先輩のお誘いなのにお力になれずすみません」などがあります。

「お力になれずすみません」は、依頼や要望に応えることができないことを意味する「お力になれず」に、相手にお詫び言う時の言葉の「すみません」が合わさり、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することの意味で使われている言葉です。

「お力になれずすみません」はビジネスシーンにおいてよく使われています。相手からの提案や要望を断る際に使うとても丁寧な言い回しです。ただの「すみません」ではなく、「お力になれず」を加えることによって、相手に良い印象を与えることができます。

また、「お力になれずすみません」はどちらかというと軽い謝罪の場面で使う言葉なので、目上の人でもあっても親しい上司や先輩などに対して使います。役職が離れた上司や社外の人に対して使うのはあまり適していないと覚えておきましょう。

「お力になれずすみません」の類語

「お力になれずすみません」の類語・類義語としては、相手の役に立てず申し訳ないと思うことを意味する「お役に立てずすみません」、自分の思っていることと違いますがのことを意味する「不本意ながら」などがあります。

「お力になれず申し訳ございません」の例文

1.融資に関しまして上に何度か打診したのですが、お力になれず申し訳ございません。
2.社内で検討した結果、今回の採用は見合わせていただきたいと存じます。お力になれず申し訳ございません。
3.この予算では全ての要望を満たすのは難しいです。お力になれず申し訳ございません。
4.職員も全力で探したのですがお探しの物は見つかりませんでした。お力になれず申し訳ございません。
5.社内事情により今回は見送らせていただきます。お力になれず申し訳ございません。

この言葉がよく使われる場面としては、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お力になれず申し訳ございません」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「お力になれずすみません」の例文

1.その日は予定があるのでシフトに入ることができないです。お力になれずすみません。
2.この件は私では答えることができないので、お力になれずすみません。
3.来週の土曜は別の予定があるため合コンに参加することはできないです。先輩のお力になれずすみません。
4.今日は体調が悪いのでシフトに入ることはできないです。お力になれずすみません。
5.これに関しては私にも分からないです。お力になれずすみません。

この言葉がよく使われる場面としては、役に立てないことを申し訳ないと思い謝罪することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お力になれずすみません」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「お力になれず申し訳ございません」と「お力になれずすみません」はどちらも謝罪することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、重大な謝罪には「お力になれず申し訳ございません」を、軽い謝罪には「お力になれずすみません」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター