今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【トランジット】と【トランスファー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「トランジット」と「トランスファー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「トランジット」と「トランスファー」という言葉は、「乗り換えや乗り継ぎ」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




トランジットとトランスファーの違い

トランジットとトランスファーの意味の違い

トランジットとトランスファーの違いを分かりやすく言うと、トランジットは経由地到着後に再度同じ飛行機に乗って目的地へ向かう時に使い、トランスファーは経由地到着後に別の飛行機に乗って目的地へ向かう時に使うという違いです。

トランジットとトランスファーの使い方の違い

一つ目のトランジットを使った分かりやすい例としては、「トランジットラウンジで一息ついて早めに搭乗口へと向かう」「トランジットする時の予行練習を脳内でしている」「トランジット法では明るく大きな惑星が発見されやすい」などがあります。

二つ目のトランスファーを使った分かりやすい例としては、「トランスファーサービスに頼れば楽にホテルに到着する」「トランスファー時は荷物を手放さないようにしたい」「情報トランスファーという名目で飲み会が行われるらしい」などがあります。

トランジットとトランスファーの使い分け方

トランジットとトランスファーはどちらも飛行機の乗り換えや乗り継ぎを意味する言葉ですが、方法が若干異なります。

トランジットは、目的地へ飛行機で向かっている途中、燃料などの補給を行うために一時的に他国に着陸し、しばらく滞在してから再度乗ってきた航空機に乗り込み、目的地へと向かう方法を指す言葉です。

一方のトランスファーは、一時的に他国に着陸する点まではトランジットど同じですが、乗ってきた航空機ではない別の機体に乗り込んで目的地へと向かう方法を指す言葉です。

つまり、トランジットは一時的着陸前と同じ機体に乗り込む方法を指し、トランスファーは別の機体に乗り込む方法を指すという明確な違いがあります。

また、トランスファーの場合は補給のための立ち寄りであり、トランジットは路線変更で航空会社を変更するための着陸であるという目的の違いもあります。

トランジットとトランスファーの英語表記の違い

トランジットを英語にすると「transit」となり、例えば上記の「トランジットラウンジ」を英語にすると「a transit lounge」となります。

一方、トランスファーを英語にすると「transfer」となり、例えば上記の「トランスファーサービス」を英語にすると「a transfer service」となります。

トランジットの意味

トランジットとは

トランジットとは、目的地へ行く途中一時的に他国の空港に立ち寄ることを意味しています。

その他にも、通過することや経過することを意味する言葉として使われています。

トランジットの使い方

「トランジットエリアから出ることは認められていない」「トランジットの際に飛行機乗り込みが間に合わなかった時が非常に怖い」「トランジットすることをすっかり忘れていた」などの文中で使われているトランジットは、「乗り継ぎ」の意味で使われています。

一方、「バス・ラピッド・トランジットというシステムは渋滞の影響を受けずに済む」「トランジット法は惑星の検出方法である」「トランジットチャートは占星術で使われている」などの文中で使われているトランジットは、「通過」の意味で使われています。

トランジットは英語で「transit」と表記され、通貨や通行、乗り継ぎを意味する言葉として使われています。日本語でも同じように使われていて、名詞だけでなく動詞のように「トランジットする」という使い方もされています。

「バス・ラピッド・トランジット」の意味

上記例文の「バス・ラピッド・トランジット」とは、一般車両用の道路とは分けてバス専用レーンや専用道路を設けたうえでバスの運行を行うシステムで、日本ではあまり導入されていません。

トランジットの対義語

トランジットの対義語・反対語としては、目的地へ向かう際に一時的に着陸し24時間以上その国に滞在することを意味する「ストップオーバー」があります。

トランジットの類語

トランジットの類語・類義語としては、目的地へ行く途中ある地点を通ることを意味する「経由」、目標や数量を超えることを意味する「突破」、その場所を通り過ぎて行ってしまうことを意味する「過ぎ去る」などがあります。

トランスファーの意味

トランスファーとは

トランスファーとは、乗り換えや乗り換え切符を意味しています。

その他にも、移動することや移転することを意味する言葉として使われています。

トランスファーの使い方

「国際線のトランスファーは間違えれば目的に到着しなくなってしまう」「トランスファー中に入国審査まで行うのだろうか」「トランスファーの時間が長ければ観光ができた」などの文中で使われているトランスファーは、「乗り換え」の意味で使われています。

一方、「スキルトランスファー研修の開催が決まった」「トランスファーサービスを利用させてもらいたい」「サッカー業界ではフリートランスファーが多いらしい」などの文中で使われているトランスファーは、「移動」の意味で使われています。

トランスファーは英語で「transfer」と表記され、移すことや動かすこと、譲渡すること、乗り換え点を意味するとして使われています。日本語でも同じように使われていますが、動力などのエネルギーを伝達することやその機能に対しても使われています。

「スキルトランスファー」の意味

上記例文の「スキルトランスファー」とは、業務の引継ぎを意味する言葉で、技能、技術や情報を他者と共有することを指します。省略して「スキトラ」と呼ばれたり、「ナレッジトランスファー」と呼ばれることもあります。

「トランスファーサービス」の意味

また、上記例文の「トランスファーサービス」とは、空港からホテルへの送迎を行うサービスを指す言葉で、ホテル業界などで使われている言葉です。他にも、ブッキングが起きてしまった場合、宿泊客を別のホテルに移動させることも指します。

トランスファーの類語

トランスファーの類語・類義語としては、人や物を他の場所へ移して送ることを意味する「移送」、車や航空機などで人や物資を運ぶことを意味する「輸送」、送り届けることを意味する「送致」などがあります。

トランジットの例文と使い方

1.トランジットのための待合室は他の客の待合室とは別で用意されていた。
2.空港でトランジットの時間を過ごすために、売店に色々なものが売っていたらと期待している。
3.新しく完成したトランジット用の施設は多くの車両を収容することができるらしい。
4.機体の外で待つ場合はトランジット専用のバスが用意されて、待合室へと送られる。
5.惑星が横切る時の明るさの変化を観測することで大きさや公転の周期を推定するトランジット法によって過去多くの惑星が発見された。

この言葉がよく使われる場面としては、目的地へ行く途中一時的に他国の空港に立ち寄ることを意味する時などが挙げられます。

例文5のように、通過することや経過することを意味する言葉としても使われています。

トランスファーの例文と使い方

1.道に迷っている人が向かっている場所がトランスファーを必要としたため、メモに書いて残してあげた。
2.トランスファーの時間が長いことを聞いて、急遽その土地の名物などを調べようと思い立った。
3.目的地が終点ではなく、トランスファーのために使うことができる切符も発行されないため、別の行き方を考えるべきだろう。
4.今後引継ぎを一度にまとめて行うのではなく、日頃からスキルトランスファーを行なって情報の共有をすることになった。
5.トランスファー軌道に一度探査機をのせてから静止軌道にのせられ、その地点で惑星と同期して移動していくことになる。

この言葉がよく使われる場面としては、乗り換えや乗り換え切符を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、移動することや移転することを意味する言葉としても使われています。

トランジットとトランスファーは、どちらも「乗り換えや乗り継ぎ」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、経由地到着後しばらくしてから再度同じ飛行機に乗って目的地へ向かう場合は「トランジット」を、経由地で別の飛行機に乗って目的地へ向かう場合は「トランスファー」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター