今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【努力の賜物】と【努力の結晶】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「努力の賜物」(読み方:どりょくのたまもの)と「努力の結晶」(読み方:どりょくのけっしょう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「努力の賜物」と「努力の結晶」という言葉は、どちらも努力によって生じた良い結果のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「努力の賜物」と「努力の結晶」の違い

「努力の賜物」と「努力の結晶」の意味の違い

「努力の賜物」と「努力の結晶」の違いを分かりやすく言うと、「努力の賜物」は他人が積み重ねた事柄に使う、「努力の結晶」は本人が積み重ねた事柄に使うという違いです。

「努力の賜物」と「努力の結晶」の使い方の違い

一つ目の「努力の賜物」を使った分かりやすい例としては、「この成果は彼の努力の賜物だろう」「弊社の繁栄は皆さんの努力の賜物です」「彼が出世したのは努力の賜物と言えるだろう」「彼女の成功は努力の賜物です」などがあります。

二つ目の「努力の結晶」を使った分かりやすい例としては、「この金メダルは私の努力の結晶だと思います」「私が社長に就任できたのはこれまでの努力の結晶だ」「この会社がここまで大きくなったのは社員全員の努力の結晶です」などがあります。

「努力の賜物」と「努力の結晶」の使い分け方

「努力の賜物」と「努力の結晶」はどちらも努力によって生じた良い結果のことを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「努力の賜物」は上記の「彼女の成功は努力の賜物です」のように、他人が積み重ねた事柄に使うのに対して、「努力の結晶」は上記の「この金メダルは私の努力の結晶だと思います」のように、本人が積み重ねた事柄に使う対して使うというのが違いになります。

また、使う対象は異なっているものの、どちらの言葉もプラスのイメージで使う言葉です。

「努力の賜物」と「努力の結晶」の英語表記の違い

「努力の賜物」も「努力の結晶」も英語にすると「result of one’s efforts」となり、例えば上記の「彼女の成功は努力の賜物です」を英語にすると「Her success is the result of her efforts」となります。

「努力の賜物」の意味

「努力の賜物」とは

「努力の賜物」とは、努力によって生じた良い結果のことを意味しています。

表現方法は「努力の賜物だと思います」「努力の賜物ですね」「努力の賜物だろう」

「努力の賜物だと思います」「努力の賜物ですね」「努力の賜物だろう」などが、「努力の賜物を使った一般的な言い回しになります。

「努力の賜物」の使い方

「努力の賜物」を使った分かりやすい例としては、「これだけ良い成績を残せたのは彼女の努力の賜物だと思います」「彼の昇進は運が良かったのではなく努力の賜物だ」「彼女が有名国立大学に合格できたのは努力の賜物だろう」などがあります。

「努力の賜物」はある目的のために力を尽くして励むことを意味する「努力」に、あることの結果として現れた良い成果のことを意味する「賜物」が合わさり、努力によって生じた良い結果のことを意味する言葉です。そのため、基本的にプラスのイメージで使われている言葉になります。

「努力の賜物」は相手の努力を評価して認める場合に使う言葉になります。ただし、上司から部下、先生から生徒などのように、目上の人から目下の人に対して使うのが一般的で、目上の人に対しては使わないというのが特徴です。

「努力の賜物」の類語

「努力の賜物」の類語・類義語としては、苦しい試練を乗り越えたからこそ良い成果が出たことを意味する「苦労の賜物」、努力によって生まれた良い結果のことを意味する「努力の産物」などがあります。

「努力の結晶」の意味

「努力の結晶」とは

「努力の結晶」とは、努力によって生じた良い結果のことを意味しています。

表現方法は「努力の結晶です」「努力の結晶と言える」

「努力の結晶です」「努力の結晶と言える」などが、「努力の結晶」を使った一般的な言い回しになります。

「努力の結晶」の使い方

「努力の結晶」を使った分かりやすい例としては、「この作品は私の努力の結晶です」「この優勝トロフィーは努力の結晶です」「数十年間行ったこの研究は僕の努力の結晶です」「マラソン大会での優勝は努力の結晶と言えるだろう」などがあります。

「努力の結晶」はある目的のために力を尽くして励むことを意味する「努力」に、ある事柄が積み重なり他のある形をとって現れることを意味する「結晶」が合わさり、努力によって生じた良い結果のことを意味する言葉です。そのため、基本的にプラスのイメージで使われている言葉になります。

「努力の結晶」は「この作品は僕の努力の結晶です」のように、本人が積み重ねた事柄に使うのが特徴です。そのため、他人に対して「それはあなたの努力の結晶です」のように使うことはできないと覚えておきましょう。

「努力の結晶」の類語

「努力の結晶」の類語・類義語としては、苦しい試練を乗り越えたからこそ良い成果が出たことを意味する「苦労の結晶」、激しい情熱と努力から生まれた良い結果のことを意味する「血と汗の結晶」などがあります。

「努力の賜物」の例文

1.ここ数年でこれだけ会社が大きくなれたのは、社員皆さんの努力の賜物のです。
2.彼は3年生でやっとレギュラーに選ばれたが、努力の賜物と言えるだろう。
3.彼女が司法試験に合格できたのは、必死に勉強した努力の賜物としか言いようがありません。
4.日本代表がワールドカップで優勝できたのは、努力の賜物と言えるだろう。
5.彼は自分がこれだけ出世したのは、努力の賜物と考えました。

この言葉がよく使われる場面としては、努力によって生じた良い結果のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「努力の賜物」はプラスのイメージで使われている言葉です。

「努力の結晶」の例文

1.今年の甲子園で優勝できたのは、レギュラーのみならず部員全員の努力の結晶です。
2.多くの人を救うために15年間も研究した結果は、私の努力の結晶です。
3.長年かけて作り上げたこの作品は、僕の努力の結晶と言えるだろう。
4.二人で始めた会社がここまで大きくなったのは、努力の結晶と言うしかない。
5.私たちがワールドカップで優勝できたのは、ここまで頑張ってきた努力の結晶だろう。

この言葉がよく使われる場面としては、努力によって生じた良い結果のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「努力の結晶」はプラスのイメージで使われている言葉です。

「努力の賜物」と「努力の結晶」はどちらも努力によって生じた良い結果のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、他人が積み重ねた事柄にも使うのが「努力の賜物」、本人が積み重ねた事柄に使うのが「努力の結晶」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター