今日の買取件数:60件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:26,406件

【コンペティター】と【コンペジター】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「コンペティター」と「コンペジター」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「コンペティター」と「コンペジター」という言葉は、「競争相手」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




コンペティターとコンペジターの違い

コンペティターとコンペジターの意味の違い

コンペティターとコンペジターの違いを分かりやすく言うと、コンペティターの方がコンペジターよりも一般的であるという違いです。

コンペティターとコンペジターの使い方の違い

一つ目のコンペティターを使った分かりやすい例としては、「コンペティターの製品を知ることも大事なことだと思う」「コンペティターの売り上げを意識した商売をしていく」「アパレルを含め様々な業界でコンペティター分析が行われる」などがあります。

二つ目のコンペジターを使った分かりやすい例としては、「最近人気になりはじめたコンペジターの動向を探る」「コンペジターよりも低迷し始めた時は焦るよりもやることがある」「コンペティターと共同開発する機会が訪れた」などがあります。

コンペティターとコンペジターの使い分け方

コンペティターとコンペジターはどちらも、競争相手を意味する言葉で、使い方や意味に大きな違いはありません。

コンペティターは、英語で「competitor」という表記をする言葉で、この語の発音がカタカナで表記されて使われています。また、コンペティターでは「ti」を「ティ」と読んでいますが、コンペジターにつながるような発音は含まれておらず、由来も不明です。

そのため、コンペジターは辞書に掲載されていません。また、インターネット検索エンジンでのヒット数も、コンペティターは約20万件であるのに対して、コンペジターは約2500件前後であることからも、前者の方がより一般的な使い方と言えます。

コンペティターとコンペジターの英語表記の違い

コンペティターとコンペジターを英語にすると「competitor」となり、例えば上記の「コンペティターの製品」を英語にすると「your competitor’s products」となります。

コンペティターの意味

コンペティターとは

コンペティターとは、競合他社を意味しています。

その他にも、大会などに出場する競争相手を意味する言葉として使われています。

コンペティターの使い方

「コンペティター分析のために徹底的な調査が行われることになった」「コンペティターを出し抜けるように案を練る」「コンペティターの商品は敵ながらあっぱれだと思う」などの文中で使われているコンペティターは、「競合他社」の意味で使われています。

一方、「サウンドコンペティターらによる競い方が分からず興味を持っている」「将来コンペティターになると期待されている」「コンペティターとしていい成績を収めたい」などの文中で使われているコンペティターは、「競争相手」の意味で使われています。

コンペティターは英語で「competitor」と表記され、競争者を意味する言葉として使われています。日本語でも同じように使われており、「ti」を「チ」と読むこともできるため、「コンペチター」と表記されることもあります。

ビジネスシーンで使われることが多く、顧客を取り合うような競合他社や同業他社を指す言葉であり、上記例文の「コンペティター分析」などのように使われています。

コンペティターという言葉は、ゴルフの競技者を表すこともありますが、「ゴルフのコンペ」という表現のコンペは、競技会を意味するコンペイションの略語であるため、コンペティターとは異なります。

「サウンドコンペティター」の意味

また、上記例文の「サウンドコンペティター」は、車内に搭載されたオーディオ装置の音質を競い合う人たちを指す言葉であり、スポーツ競技に参加する競争相手など個人に対してもコンペティターが使われています。

コンペティターの類語

コンペティターの類語・類義語としては、商売上での競争者を意味する「商売敵」、同じサービスや商品を同じような価格や品質で提供する店を意味する「競合店」などがあります。

コンペジターの意味

コンペジターとは

コンペジターとは、ライバル企業を意味しています。

コンペジターの使い方

コンペジターを使った分かりやすい例としては、「コンペジター分析は経営者として欠かせない技能だ」「コンペジターの商品が最近は人気らしく弊社にも焦りが見える」「コンペジターとして有名企業と張り合えるほどにまで成長した」などがあります。

その他にも、「国内コンペジターだけを見据えるのではなく海外コンペジターも考慮していくべきだ」「コンペジターとの差別化を図るためにも新しいサービスを考える」「コンペジターを意識することは向上するためにも必要だ」などがあります。

コンペジターは、前項のコンペティターと意味や使い方が同じですが、コンペティターの英語表記である「competitor」に「ジ」の発音に該当する箇所がないため語源は不明であり、使用者数も少なくマイナーな表現と言えます。

しかし、誤った表現と思われることもないため、上記例文の「コンペジター分析」「コンペジターの商品」「国内コンペジター」などのように使われることもあります。

ただし、今後使用者が増えることで一般化する可能性がありますが、基本的には「コンペティター」もしくは「コンペチター」を使えば間違いありません。

コンペジターの類語

コンペジターの類語・類義語としては、営業上の競争相手を意味する「競争店」、商業上競い合う関係になる他の企業を意味する「対抗企業」などがあります。

コンペティターの例文

1.かつては薬局にもコンペティターの概念が存在していたため、薬局距離制限事件などの問題もあった。
2.コンペジター間での争いはスーパーなどが顕著であり、タイムセールなどの施策で客の取り合いをしているイメージだ。
3.コンペティターをコンペチと省略する営業マンもいるらしい。
4.テレビでは種目ごとにどのようなオリンピック・コンペティターが日本で選出されたのかがまとめられていた。
5.コンペティターらのことばかり考えても緊張して本来のパフォーマンスができなくなるだけだ。

この言葉がよく使われる場面としては、競合他社を意味する時などが挙げられます。

例文4の「オリンピック・コンペティター」とは、オリンピック大会に参加する競技者を意味する言葉で、オリンピック競技者とそのまま呼ばれることもあります。

コンペジターの例文

1.類似商品を販売するコンペジターが最近ニュースで取り上げられたらしく、これをチャンスにできるか否かが今後の行動に掛かっている。
2.本来であればコンペジターを出し抜いて利益を得られればいいが、万人受けするサービスや商品を生み出すのは難しい。
3.国内であれば評価してもらえるが、海外規模で考えた時コンペジターと考えられることはない。
4.コンペジターの一員として認めてもらえただけで満足していれば、いつか置いていかれてしまう。
5.今回はコンペジター調査を行うにあたってチェック項目を会議で確認することになった。

この言葉がよく使われる場面としては、ライバル企業を意味する時などが挙げられます。

どの例文のコンペジターも、コンペティターという言葉に置き換えて使うことができ、コンペティターを使う方が一般的です。

コンペティターとコンペジターは、どちらも「競争相手」を表します。意味や使い方に違いはないため、どちらを使うか迷った場合は、「コンペティター」の方が「コンペジター」よりも一般的であると覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター