今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【出来ません】と【できません】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「できません」という読み方の「できません」と「出来ません」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「できません」と「出来ません」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの言葉によって使い方には少し違いがあります。




「できません」と「出来ません」の違い

「できません」と「出来ません」の意味の違い

「できません」と「出来ません」の違いを分かりやすく言うと、「できません」は公用文で使える、「出来ません」は公用文で使えないという違いです。

「できません」と「出来ません」の使い方の違い

一つ目の「できません」を使った分かりやすい例としては、「こちらのブースは入場チケットがないとご利用できません」「彼の考えていることは私には理解できません」「私は英語で上手く説明することができません」などがあります。

二つ目の「出来ません」を使った分かりやすい例としては、「これ以上値引きすることは出来ません」「体調不良のため出席することが出来ません」「この件に関してはすぐにお答え出来ません」「頭が痛くて勉強に集中出来ません」などがあります。

「できません」と「出来ません」の使い分け方

「できません」と「出来ません」は、「できません」を漢字で表現した言葉が「出来ません」なので、意味は全く同じ言葉になります。

では「できません」と「出来ません」の違いは何かというと、「できません」は公用文や新聞などで使えるのに対して、「出来ません」は公用文や新聞などで使えないという点です。

なぜ「出来ません」が公用文で使えないのかというと、常用漢字表に「出来ない」という動詞や副詞的用法の漢字の読みが載っていないのが原因になります。

あくまで「出来ません」を使えないのが新聞や公用文だけなので、それ以外では好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「できません」と「出来ません」の英語表記の違い

「できません」も「出来ません」も英語にすると「can’t」「I can’t do it」となり、例えば上記の「私は英語で上手く説明することができません」を英語にすると「I can’t explain well in English」となります。

「できません」の意味

「できません」とは

「できません」とは、実現が不可能なことを意味しています。

表現方法は「できませんでした」「することはできません」

「できませんでした」「することはできません」などが、「できません」を使った一般的な言い回しになります。

「できません」の使い方

「できません」を使った分かりやすい例としては、「当店はマスクを着用していない方は入店できません」「ただいまメンテンス中のためご利用できません」「時効が過ぎているため犯人を捕まえることができません」「うちの子はまだ文字を書くことができません」などがあります。

「できません」は、実現が不可能なことを意味する「できない」に、丁寧語である「ます」を未然形にした「ませ」と、さらに打ち消しの助動詞「ん」を合わせた動詞です。そのため、「できません」は丁寧語に分類されています。

「できません」は丁寧語ではあるものの相手に対して冷たい印象を与えるため、ビジネスシーンには不向きな表現です。もし、ビジネスシーンで使いたいのであれば、「いたしかねます」や「できかねます」に置き換えるようにしましょう。

「できません」の対義語

「できません」の対義語・反対語としては、実現が可能なことを意味する「できる」があります。

「できません」の類語

「できません」の類語・類義語としては、可能ではないことを意味する「不可能です」、自分の力では扱いきれないことを意味する「手に負えない」などがあります。

「出来ません」の意味

「出来ません」とは

「出来ません」とは、実現が不可能なことを意味しています。

表現方法は「出来ませんでした」「することは出来ません」

「出来ませんでした」「することは出来ません」などが、「出来ません」を使った一般的な言い回しになります。

「出来ません」の使い方

「出来ません」を使った分かりやすい例としては、「私は日本語がほとんど出来ません」「彼女は泳ぐことが出来ません」「ここではボール遊びは出来ません」「残念ですがそのアイデアを採用することは出来ません」などがあります。

「出来ません」は、実現が不可能なことを意味する「できません」を漢字表記にした言葉です。ただし、「出来ません」は常用漢字表には載っていない読み方なので、新聞や公用文などでは使うことはできません。

もし、新聞や公用文などで使いたい場合は、ひらがなの「できません」を使うようにしましょう。

「出来ません」は丁寧語ではあるものの相手に対して冷たい印象を与えるため、ビジネスシーンには不向きな表現です。もし、ビジネスシーンで使いたいのであれば、「いたしかねます」や「できかねます」に置き換えるようにしましょう。

「出来ません」の対義語

「出来ません」の対義語・反対語としては、実現が可能なことを意味する「出来る」があります。

「出来ません」の類語

「出来ません」の類語・類義語としては、物事を成し遂げられないことを意味する「やれません」、与えられた仕事や責任が自分の能力に比べて重すぎることを意味する「身に余る」などがあります。

「できません」の例文

1.一度退場したら再入場はできませんので、ご注意ください。
2.残念ながら、私たちはあなたの提案を受け入れることはできません。
3.今日の試合で大怪我をしてしまったので、ワールドカップに出場することはできません。
4.大変申し訳ないのですが、確定した注文をキャンセルすることはできません。
5.現段階では何もお話することはできませんと言われ、帰宅を促されてしまいました。

この言葉がよく使われる場面としては、実現が不可能なことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「できません」は、不可能なことを相手に伝える場合に使う言葉です。

「出来ません」の例文

1.万全を期してコンサートに臨んだものの、いい演奏をすることは出来ませんでした。
2.私は日本語を話すことが出来ませんので、英語か韓国語でお願いします。
3.この場所では飲食することは出来ませんので、別のスペースでお願いします。
4.私は今夜予定が入ってるので、飲み会に参加することは出来ません。
5.入金が確認されるまでは、商品を発送することは出来ません。

この言葉がよく使われる場面としては、実現が不可能なことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「出来ません」は、不可能なことを相手に伝える場合に使う言葉です。

「できません」と「出来ません」はどちらも実現が不可能なことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、公用文でも使うことができる「できません」の方を使えば問題ないでしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター