今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【アウトプット】と【アウトカム】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アウトプット」と「アウトカム」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アウトプット」と「アウトカム」という言葉は、「結果や成果」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




アウトプットとアウトカムの違い

アウトプットとアウトカムの意味の違い

アウトプットとアウトカムの違いを分かりやすく言うと、アウトプットは出力された結果を表現する時に使い、アウトカムは結果による成果を表現する時に使うという違いです。

アウトプットとアウトカムの使い方の違い

一つ目のアウトプットを使った分かりやすい例としては、「子どもの絵としてアウトプットされた物が実物に似ているかはわからない」「アウトプットだけでなくインプットも忘れない」「アウトプットするためにコピー機との接続を行う」などがあります。

二つ目のアウトカムを使った分かりやすい例としては、「研究のアウトカムは論文として発表されることとなった」「その企業のアウトカムは消費者にも分かるようホームページにまとめられている」などがあります。

アウトプットとアウトカムの使い分け方

アウトプットとアウトカムはどちらも成果や結果を意味する言葉ですが、意味合いが若干異なり、場合によっては定義が異なることもあります。

アウトプットは、出力を意味する言葉で、出力されたものを結果としているため成果物を意味する場合にも使われています。

一方のアウトカムは、結果や成果を意味し、研究や学問などに対して使われることが多い言葉です。単純な結果よりも、計画など形にしたものによる影響を受けたうえでの最終的な成果を表します。

つまり、出力された計画や製品などの生産物を表すアウトプットによって得られた影響や効果を表すアウトカムがもたらされることになるという違いがあります。

アウトプットとアウトカムの英語表記の違い

アウトプットを英語にすると「output」となり、例えば上記の「アウトプットされた物」を英語にすると「the output objects」となります。

一方、アウトカムを英語にすると「outcome」となり、例えば上記の「研究のアウトカム」を英語にすると「the outcome of interest」となります。

アウトプットの意味

アウトプットとは

アウトプットとは、出力することを意味しています。

その他にも、学習や経験で得たものを反映させることや、材料などを投入して作り出されたサービスや財貨を意味する言葉として使われています。

表現方法は「アウトプットする」「アウトプットを行う」「アウトプットが足りない」

「アウトプットする」「アウトプットを行う」「アウトプットが足りない」などが、アウトプットを使った一般的な言い回しです。

アウトプットの使い方

「アウトプットデバイスの調子が悪いのか音が聞こえない」「USBにアウトプットしたデータを教授に渡す必要がある」「紙面にアウトプットしておけば後で役に立つ」などの文中で使われているアウトプットは、「出力すること」の意味で使われています。

一方、「動画で見た技術のアウトプットをしなければ身に付かない」「忘れないうちにアウトプットしておけば見返すことができる」「一人でアウトプットすることが大切だ」などの文中で使われているアウトプットは、「学びの結果」の意味で使われています。

アウトプットは英語で「output」と表記され、産出や生産高、収穫、作品数を意味する言葉として使われています。日本語でも同じように使われ、「アウトプットする」と動詞として使われることも多くあります。

本来はコンピューター機器などに対して使われる言葉で、外部機器にデータなどを送ることで音声や映像など認識できる形にすることを表します。例えば上記例文の「アウトプットデバイス」はイヤホンやモニターなどを指します。

この意味が転じて、人に対して使うことで、経験や学習で得た知識や技術を実際に再現することや、自身の言動に反映させて表現することも意味するようになりました。

アウトプットの対義語

アウトプットの対義語・反対語としては、情報や知識などをつめ込むことを意味する「インプット」があります。

アウトプットの類語

アウトプットの類語・類義語としては、作り出された必要なものを意味する「生産物」、すべての物事の活動のためになる力を意味する「原動力」、現実の利益を意味する「実利」などがあります。

アウトカムの意味

アウトカムとは

アウトカムとは、成果や効果を意味しています。

アウトカムの使い方

アウトカムを使った分かりやすい例としては、「ラーニング・アウトカムズはとある時期の答申以降注目を浴びた」「アウトプットがなければアウトカムも存在しえない」「潜在的なアウトカムではあるが効果は出ているようだ」などがあります。

その他にも、「アウトカム評価でいい結果を見出されることを願っている」「アウトカムには影響しなくとも気持ちの問題で早めに対処しておきたい問題もある」「環境によるアウトカムは誰か一人によるものではない」などがあります。

アウトカムは英語で「outcome」と表記され、結果や成果を意味します。日本語でも同じように使われていて、病気が進行した結果などを表す医療用語としても使われています。

会議や試験の結果などの影響を受けて得られた成果を指すため、上記例文のように学問的研究においてはもちろんビジネスシーンでも多く使われています。

「ラーニング・アウトカムズ」の意味

また、上記例文の「ラーニング・アウトカムズ」は、一定の期間にわたった学習を終えた時、学習者が経験後に活かすことができるようになってほしいと期待される学習結果を指す言葉で、2008年以降日本でも注目を集めるようになりました。

アウトカムの対義語

アウトカムの対義語・反対語としては、失策や失敗と見なされる事柄を意味する「失点」、無駄なことに力を費やすことを意味する「徒労」、進歩も成果もないことを意味する「不毛」があります。

アウトカムの類語

アウトカムの類語・類義語としては、結果そして得た良いことや物を意味する「賜物」、得られた結果を意味する「収穫」、あることが背景になって生み出されたものを意味する「産物」、優れた働きや成果を意味する「功績」などがあります。

アウトプットの例文と使い方

1.映像をアウトプットしてスクリーンに映し出したいが、なかなか接続が上手くいかない。
2.紙でもらったデータを表計算ソフトに書き起こし、視認性を高くしてから再びアウトプットすることになった。
3.過去の会議で上がった意見や自身の持つ知識などを総合してアウトプットすることができれば、より良い評価に繋がると考えている。
4.効果的にアウトプットするためにも、原動力に繋がるものは意識しておきたいと思っている。
5.アウトプットだけでなくインプットも時には重要であるため、読書は数ページだけでも欠かさずしている。

この言葉がよく使われる場面としては、出力することを意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のアウトプットのように、経験や学習で得た知識や技術を自身の言動に反映させて表現することも意味します。

アウトカムの例文と使い方

1.アウトカム評価が売上評価であれば誰にとっても目標が分かりやすいためモチベーションに繋がるの感じている。
2.アウトプットではなくアウトカムを重要視することで、より消費者のニーズに沿ったサービスを提供できるようになる。
3.アウトカムを分析することで求められている価値を探り、反省として生かせるに違いない。
4.現状の生活習慣によるアウトカムは、将来的に健康に害を及ぼすものであると注意された。
5.かつての医療研究のアウトカムについて簡単にまとめられた書籍を目にした時は恐ろしい気持ちにさえなったため、医療技術の発展に感謝した。

この言葉がよく使われる場面としては、成果や効果を意味する時などが挙げられます。

例文1の「アウトカム評価」とは、事業活動の業績や成果を評価する方法の一つで、社会などにどう評価を与えたのかなどに焦点が当てられます。また、健康上の問題に対しても使われています。

アウトプットとアウトカムは、どちらも「結果」を表します。どちらを使うか迷った場合は、出力された結果を表す場合は「アウトプット」を、結果による成果を表す場合は「アウトカム」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター