今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【屠る(はふる)】と【屠る(ほふる)】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ漢字で読み方が違う「屠る(はふる)」(読み方:はふる)と「屠る(ほふる)」(読み方:ほふる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」という言葉は、読み方は違いますが意味が同じ言葉になります。




「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の違い

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の意味の違い

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の違いを分かりやすく言うと、「屠る(はふる)」よりも「屠る(ほふる)」の方が一般的に使われているという違いです。

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の使い方の違い

一つ目の「屠る(はふる)」を使った分かりやすい例としては、「バスケットボールの試合で相手を屠る(はふる)」「食べ物を確保するために牛や羊を屠る(はふる)」「動物を屠る(はふる)のは辛いです」などがあります。

二つ目の「屠る(ほふる)」を使った分かりやすい例としては、「野球の試合で対戦相手を軽く屠る(ほふる)」「彼の剣術は一撃で相手を屠る(ほふる)」「動物たちを屠る(ほふる)」などがあります。

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の使い分け方

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」は読み方は違いますが、どちらも体を切り裂くことや、敵を打ち負かすことという同じ意味を持つ言葉です。

そのため、どちらを使うか迷った場合は、好きな方の言葉を使っても問題ありません。読み方としては、「屠る(ほふる)」の方が一般的であるため、会話等でこの言葉を使う場合は「屠る(ほふる)」と言うようにしましょう。

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」の英語表記の違い

「屠る(はふる)」も「屠る(ほふる)」も英語にすると「butcher」「slaughter」となり、例えば上記の「動物たちを屠る(ほふる)」を英語にすると「The animals are butcher」となります。

「屠る(はふる)」の意味

「屠る(はふる)」とは

「屠る(はふる)」とは、体を切り裂くことを意味しています。その他にも、敵を打ち負かすことの意味も持っています。

「屠る(はふる)」の使い方

「生きていくために獲物を屠る(はふる)」「家畜を屠る(はふる)時は苦しめてはいけない」などの文中で使われている「屠る(はふる)」は、「体を切り裂くこと」の意味で使われています。

一方、「バレーボールの試合で対戦相手を軽く屠る(はふる)」「キャラクターの通常攻撃のみで相手を屠る(ほふる)」などの文中で使われている「屠る(はふる)」は、「敵を打ち負かすこと」の意味で使われています。

「屠る(はふる)」は体を切り裂くことと、敵を打ち負かすことの二つの意味を持つ言葉ですが、現代では体を切り裂くことの意味で使うのが一般的になっており、敵を打ち負かすことの意味ではあまり使われていません。

「屠る(はふる)」は「屠」という漢字を使っていますが、この句の場合は「ト」と読まないので注意しましょう。

「屠る(はふる)」はただ体を切り裂くだけではなく、バラバラに裂いて解体するというとても物騒なニュアンスのある言葉です。また、「屠」という用語が放送禁止用語になているため、「屠る(はふる)」をテレビやラジオなどのマスメディアで使用することはできません。

もし、テレビやラジオなどのマスメディアで「屠る(はふる)」を表現したい場合には「解体する」に置き換える必要があると覚えておきましょう。

また、マスメディア以外においては使うことができますが、「屠る(はふる)」という表現自体があまり浸透されておらず、同じ意味を持つ言葉の「屠る(ほふる)」の方が一般的に使われています。

「屠る(はふる)」の類語

「屠る(はふる)」の類語・類義語としては、生き物の生命を絶つことを意味する「解体する」、勝負で相手を打ち負かすことを意味する「倒す」などがあります。

「屠る(ほふる)」の意味

「屠る(ほふる)」とは

「屠る(ほふる)」とは、体を切り裂くことを意味しています。その他にも、敵を打ち負かすことの意味も持っています。

「屠る(ほふる)」の使い方

「獲物を屠る(ほふる)ことができました」「引退した競走馬を屠る(ほふる)こともあります」などの文中で使われている「屠る(ほふる)」は、「体を切り裂くこと」の意味で使われています。

一方、「サッカーの試合で対戦相手を軽く屠る(ほふる)」「対戦ゲームにおいて一撃で相手を屠る(ほふる)」などの文中で使われている「屠る(ほふる)」は、「敵を打ち負かすこと」の意味で使われています。

「屠る(ほふる)」は体を切り裂くことと、敵を打ち負かすことの二つの意味を持つ言葉ですが、現代では体を切り裂くことの意味で使うのが一般的になっており、敵を打ち負かすことの意味ではあまり使われていません。

「屠る(ほふる)」は「屠」という漢字を使っていますが、この句の場合は「ト」と読まないので注意しましょう。

「屠る(ほふる)」はただ体を切り裂くだけではなく、バラバラに裂いて解体するというとても物騒なニュアンスのある言葉です。また、「屠」という用語が放送禁止用語になているため、「屠る(ほふる)」をテレビやラジオなどのマスメディアで使用することはできません。

もし、テレビやラジオなどのマスメディアで「屠る(ほふる)」を表現したい場合には「解体する」に置き換える必要があると覚えておきましょう。

また、「屠る(ほふる)」は差別用語と主張する人々もいるので、使用するのが好ましくない言葉です。

「屠る(ほふる)」の類語

「屠る(ほふる)」の類語・類義語としては、家畜を料理して食べるため解体することを意味する「潰す」、狙った敵や獲物などを確実に打ち果たすことを意味する「仕留める」などがあります。

「屠る(はふる)」の例文

1.動物を屠る(はふる)時は、せめて苦しまないようにしてあげたいです。
2.生きてくための食料を確保するために家畜屠る(はふる)。
3.仕事とはいえ、毎日動物を屠る(はふる)時は心が痛みます。
4.ボクシングの試合で因縁の相手を屠る(はふる)ことに成功しました。
5.テニスの世界大会で、優勝候補を屠る(はふる)ことができました。

この言葉がよく使われる場面としては、体を切り裂くことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、敵を打ち負かすことを表現したい時にも使います。

例文1から例文3の「屠る(はふる)」は体を切り裂くこと、例文4と例文5の「屠る(はふる)」は敵を打ち負かすことの意味で使っています。

「屠る(ほふる)」の例文

1.生きてくいくため仕方ないとはいえ、動物を屠る(ほふる)のは心苦しいです。
2.私の職業は狩人なので、動物を屠る(ほふる)ことを生業としています。
3.あまり良い言葉ではないので、テレビでは屠る(ほふる)という言葉を使わないようにしているらしい。
4.決勝トーナメント1回戦で対戦相手を軽く屠る(ほふる)のは、さすが優勝候補と言えるだろう。
5.ラグビーワールドッカプで優勝候補を屠る(ほふる)ことができました。

この言葉がよく使われる場面としては、体を切り裂くことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、敵を打ち負かすことを表現したい時にも使います。

例文1から例文3の「屠る(ほふる)」は体を切り裂くこと、例文4と例文5の「屠る(ほふる)」は敵を打ち負かすことの意味で使っています。

「屠る(はふる)」と「屠る(ほふる)」はどちらも体を切り裂くことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「屠る(はふる)」よりも「屠る(ほふる)」の方が一般的で多くの人に使われているので「屠る(ほふる)」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター