今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【ライフハック】と【ビジネススキル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ライフハック」と「ビジネススキル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ライフハック」と「ビジネススキル」という言葉は、「仕事に必要な知識」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ライフハックとビジネススキルの違い

ライフハックとビジネススキルの意味の違い

ライフハックとビジネススキルの違いを分かりやすく言うと、ライフハックはより良いものにするための知識を表現する時に使い、ビジネススキルは必要な知識を表現する時に使うという違いです。

ライフハックとビジネススキルの使い方の違い

一つ目のライフハックを使った分かりやすい例としては、「新しいライフハックを知ったことで仕事の手際がよくなったと言われた」「祖母に聞いたライフハックのおかげでより良い生活になっている」などがあります。

二つ目のビジネススキルを使った分かりやすい例としては、「重要なビジネススキルは一つではない」「ビジネススキルには対人スキルも含まれている」「ビジネススキルを身に付けるための研修が行われるそうだ」などがあります。

ライフハックとビジネススキルの使い分け方

ライフハックとビジネススキルはどちらも、仕事をするにあたって使用できる知識を表す言葉ですが、指し示すものが若干異なります。

ライフハックは、従来は仕事の質などを向上させるための知識を指していましたが、生活そのものの質を向上させるための小技も表すようになり、効率良く過ごすための手法といった幅広い知識を指すようになりました。

一方のビジネススキルは、仕事に取り組む上で必要な技術や知識を指す言葉です。職務内容に関する知識といった専門的なものから、マナーやコミュニケーションといった対人スキルなどが該当します。

つまり、ライフハックは土台があるうえでより良いものにするための知識を指し、ビジネススキルは土台から応用まで必要とされる知識を指すという違いがあります。

また、ライフハックは日常生活など幅広い場面で使うことができるのに対して、ビジネススキルはビジネスシーンでのみ使うことができるという違いもあります。

ライフハックとビジネススキルの英語表記の違い

ライフハックを英語にすると「life hack」となり、例えば上記の「新しいライフハック」を英語にすると「new life hack」となります。

一方、ビジネススキルを英語にすると「business skill」となり、例えば上記の「重要なビジネススキル」を英語にすると「essential business skills」となります。

ライフハックの意味

ライフハックとは

ライフハックとは、仕事の質や効率などを上げるための工夫や取り組みを意味しています。

その他にも、ちょっとしたコツやテクニックを意味する言葉としても使われています。

ライフハックの使い方

「クオリティ向上のためのライフハックを共有する」「ライフハック集を参考に仕事をしてみる」「速効性のあるライフハックに世話になっている」などの文中で使われているライフハックは、「効率化のための工夫」の意味で使われています。

一方、「日常生活で実践できるライフハック術を眺めているだけで楽しい」「家事のライフハックを使いこなしていきたい」「収納のライフハックを教わった」などの文中で使われているライフハックは、「ちょっとしたテクニック」の意味で使われています。

ライフハックは英語で「life hack」と表記されますが、生活を意味する「life」と切り開いて進むことや上手くやり抜くことを意味する「hack」を組み合わせた言葉です。

2004年にアメリカのITジャーナリストによって発案された造語で、仕事を効率化するために作ったテクニックをまとめて「Lifehack」として紹介したことから、日本でも2005年頃から使われるようになりました。

そのため、日本に浸透し始めた頃はコンピュータを扱う人にとってより使いやすくするための工夫を指していましたが、徐々に効率良く作業する方法を表すようになり、その他のビジネスシーンや日常生活など幅広く使われるようになりました。

その場合は、物事を行うにあたって必須とされる知識ではなく、知っていると便利な知識やあまり知られていないような知恵を指す言葉として使われています。

ライフハックの類語

ライフハックの類語・類義語としては、専門的な技術やコツを意味する「ノウハウ」、雑学的な知識を意味する「トリビア」、知っていると役に立つちょっとした知識を意味する「豆知識」などがあります。

ビジネススキルの意味

ビジネススキルとは

ビジネススキルとは、仕事をするにあたって役に立つ技術や能力を意味しています。

ビジネススキルの使い方

ビジネススキルを使った分かりやすい例としては、「全従業員のビジネススキルの向上を画策している」「ビジネススキルを学ぶためにオンライン動画の受講を始めた」「ビジネススキルは汎用性が高いため転職しても腐らない」などがあります。

その他にも、「ビジネススキルとはいえ様々な場面で応用することができる」「ビジネススキルは自分で学んで身に付けた」「ビジネススキルに関する研修が数回行われるそうだ」「ビジネススキルは今やどの企業でも必要としているだろう」などがあります。

ビジネススキルは英語で「business skill」と表記されますが、営業や業務を意味する「ビジネス」と技術や腕前を意味する「スキル」を組み合わせた言葉です。定義は明確にされていませんが、「カッツモデル」を参考にしていることがほとんどです。

アメリカの経営学者であるカッツは、その人の性格や素質を重視するのではなく、技術や知識を重視することを論文に記し、三つの能力が必要になると提唱しました。

業務遂行のための基本能力であるテクニカルスキル、コミュニケーション能力や交渉力などのヒューマンスキル、物事の大枠を理解し本質を見極める能力であるコンセプチュアルスキルの三つは、後にカッツモデルと呼ばれるようになります。

本来は管理者に必要な能力とされていましたが、環境の変化に伴って新人を含むビジネスパーソンに必要な能力として求められるようになりました。理論としては古いものとされていますが、今日でも人材育成のために用いられています。

ビジネススキルの類語

ビジネススキルの類語・類義語としては、どのような仕事環境でも活用できる汎用性の高い能力を意味する「ポーダブルスキル」、能力や技量を意味する「アビリティ」、パソコン操作に関する知識や技術を意味する「ITスキル」などがあります。

ライフハックの例文と使い方

1.タスクを可視化するなどのライフハックを先輩に教えてもらってから作業効率が良くなったように思う。
2.仕事のスピードだけでなくクオリティも上げられるライフハックがあれば、どんどん取り入れていきたい。
3.リマインダーなどのライフハックアプリをスマートフォンにダウンロードしておいた。
4.ライフハックツールとして紹介されていたグッズを取り入れたら、物事に集中する時間が長くなったため愛用していきたい。
5.SNSなどの普及によって色んな人のライフハックを参考にすることができる時代になったが、鵜呑みにしないように心掛けている。

この言葉がよく使われる場面としては、仕事の質や効率などを上げるための工夫や取り組みを意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のように、ビジネスシーンだけでなく日常生活においても使われることが多い言葉です。

ビジネススキルの例文と使い方

1.ビジネススキルを高めるためにも、まずは基礎的なことをおさらいして、自分には何が足りないのかを見極めたい。
2.大きく分けて三種類あるビジネススキルを更に細分化して、講義資料の内容を考えていきたい。
3.資格も立派なビジネススキルとなるため、最近はオンラインで学んで取得出来る資格を調べている。
4.ビジネススキルの向上に役立つと思ってワークショップへとやってきたが、予想以上に普段の仕事に応用できそうだ。
5.結果が出ないと悩む前に、ビジネススキルを学んで過去の反省を改めてするべきだと思う。

この言葉がよく使われる場面としては、仕事をするにあたって役に立つ技術や能力を意味する時などが挙げられます。

パソコンなどの基本的な扱い方はもちろん、管理職に必要な物事を多角的に見る能力まで含まれています。

ライフハックとビジネススキルは、どちらも「仕事に必要な知識」を表します。どちらを使うか迷った場合は、より良いものにするための知識を表す場合は「ライフハック」を、必要な知識を表す場合は「ビジネススキル」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター