今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:29,226件

【誠にありがとうございました】と【誠にありがとうございます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「誠にありがとうございました」(読み方:まことにありがとうございました)と「誠にありがとうございます」(読み方:まことにありがとうございます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」という言葉は、どちらも感謝を伝える言葉を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の違い

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の意味の違い

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の違いを分かりやすく言うと、「誠にありがとうございました」は過去形の感謝の言葉、「誠にありがとうございます」は現在形の感謝の言葉という違いです。

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の使い方の違い

一つ目の「誠にありがとうございました」を使った分かりやすい例としては、「先日はご指導いただき誠にありがとうございました」「ご丁寧なご対応誠にありがとうございました」「ご紹介していただき誠にありがとうございました」などがあります。

二つ目の「誠にありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「いつもご来店いただきありがとうございます」「引退までご指導していただき誠にありがとうございます」「私のミスをフォローしていただき誠にありがとうございます」などがあります。

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の使い分け方

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」はどちらも感謝したりお礼を言う時に使う言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「誠にありがとうございました」は「先日はご参加していただき、誠にありがとうございました」のように、過去の出来事に対して感謝したりお礼を伝える時に使います。

一方、「ありがとうございます」は「本日はご参加していただき、誠にありがとうございます」のように、現在進行形で継続して行なわれている出来事に対して、感謝したりお礼を伝える時に使う言葉というのが違いです。

分かりやすい例を挙げると、接客を行なう際にお客様がお店に入る場合は「ご来店いただき誠にありがとうございます」を使います。

一方、お客様がお店から出る場合は「ご来店いただき誠にありがとうございました」を使うと覚えておきましょう。

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」の英語表記の違い

「誠にありがとうございました」も「誠にありがとうございます」も英語にすると、「Thank you very much」「Thank you so much」となります。

「誠にありがとうございました」の意味

「誠にありがとうございました」とは

「誠にありがとうございました」とは、感謝を伝える言葉を意味しています。

「誠にありがとうございました」の読み方

「誠にありがとうございました」の読み方は「まことにありがとうございました」です。誤って「せいにありがとうございました」などと読まないようにしましょう。

「真にありがとうございました」「実にありがとうございました」は一般的ではない

「誠にありがとうございました」は「真にありがとうございました」「実にありがとうございました」とすることも可能ですが、あまり一般的ではありません。そのため、一般的に使われている「誠にありがとうございました」を使えば問題ないでしょう。

「誠にありがとうございました」の使い方

「誠にありがとうございました」を使った分かりやすい例としては、「先日はアドバイスをくださり誠にありがとうございました」「昨日はパーティーにご招待いただき誠にありがとうございました」「本日のご来店誠にありがとうございました」などがあります。

「誠にありがとうございました」は感謝したり礼を言ったりする時に使う「ありがとう」に、本当のことを意味する「誠」と、「ある」の丁寧語「ございます」の過去形の「ございました」が合わさり、感謝を伝える言葉として使われています。

「誠にありがとうございました」は「ありがとうございました」をさらに丁寧にした表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

また、「誠にありがとうございました」をさらに丁寧にしたい場合は、「心より感謝申し上げます」、「厚く御礼申し上げます」を使うといいでしょう。

「誠にありがとございました」は話し言葉だけではなく、手紙やメールなどの書き言葉としても使うことが可能です。

「誠にありがとうございました」の類語

「誠にありがとうございました」の類語・類義語としては、身に受けた恩恵などに対して感謝の念でいっぱいであることを意味する「かたじけない」、お礼を言わせていただくことを意味する「お礼申し上げます」、心から感謝することを意味する「拝謝します」などがあります。

「誠にありがとうございます」の意味

「誠にありがとうございます」とは

「誠にありがとうございます」とは、感謝を伝える言葉を意味しています。

「誠にありがとうございます」の読み方

「誠にありがとうございます」の読み方は「まことにありがとうございます」です。誤って「せいにありがとうございます」などと読まないようにしましょう。

「真にありがとうございます」「実にありがとうございます」は一般的ではない

「誠にありがとうございます」は「真にありがとうございます」「実にありがとうございます」とすることも可能ですが、あまり一般的ではありません。そのため、一般的に使われている「誠にありがとうございます」を使えば問題ないでしょう。

「誠にありがとうございます」の使い方

「誠にありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「いつもご利用いただき誠にありがとうございます」「私に名誉挽回のチャンスをくださり誠にありがとうございます」「このような会にお誘いいただき誠にありがとうございます」などがあります。

「誠にありがとうございました」は感謝したり礼を言ったりする時に使う「ありがとう」に、本当のことを意味する「誠」と、「ある」の丁寧語「ございます」が合わさり、感謝を伝える言葉として使われています。

「誠にありがとうございます」は「ありがとうございます」をさらに丁寧にした表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

また、「誠にありがとうございます」をさらに丁寧にしたい場合は、「心より感謝申し上げます」、「厚く御礼申し上げます」を使うといいでしょう。

「誠にありがとうございます」は話し言葉だけではなく、手紙やメールなどの書き言葉としても使うことが可能です。

「誠にありがとうございます」の類語

「誠にありがとうございます」の類語・類義語としては、受けた恩をありがたく思うことを意味する「恩に着る」感謝することを意味する「感謝いたします」などがあります。

「誠にありがとうございました」の例文

1.先月の出張の際には、様々なお心遣いをいただき、誠にありがとうございました。
2.本日はお忙しい中お越しいただき、誠にありがとうございました。
3.今回のプロジェクト成功は皆様のご支援によるものです、誠にありがとうございました。
4.先日は弊社までわざわざご足労頂き、誠にありがとうございました。
5.先日はお忙しい中お時間をいただき、誠にありがとうございました。
6.先日はご指導いただき誠にありがとうございました。あれから生徒たちの練習態度がガラッと変わりました。
7.昨日は私のプレゼンテーションに対して、ご指摘とアドバイスをいただき、誠にありがとうございました。
8.先日は貴重な機会を与えていただき、誠にありがとうございました。その経験は私にとって大変意義深いものでした。
9.このたびは当社製品の家具3点をご注文いただき、誠にありがとうございました。製品の方は2日以内に発送いたしますので、もうしばらくお待ち下さい。
10.ご紹介いただいた取引先との商談が順調に進み、新たなビジネスチャンスを得ることができました。誠にありがとうございました。

この言葉がよく使われる場面としては、感謝を伝える言葉を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「誠にありがとうございました」は過去の出来事に対して使います。

「誠にありがとうございます」の例文

1.本日はお足元の悪い中ご足労いただき、誠にありがとうございます。
2.無理なお願いを申し上げましたのに、快くお引き受けくださり、誠にありがとうございます。
3.お忙しい中お手伝いいただき、誠にありがとうございます。
4.急なお願いなのにも関わらずお引き受けいただき、誠にありがとうございます。
5.本日はお忙しい中、私のためにお時間を割いていただき誠にありがとうございます。
6.日頃よりご高配を賜り誠にありがとうございます。本日は来月開催される〇〇展についてご案内させていただきます。
7.お忙しい中、お時間を割いて私の相談に乗っていただき、誠にありがとうございます。おかげ様で助かりました。
8.いつも何かとお気遣いいただき、誠にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
9.本日は、このような会にお誘いいただき誠にありがとうございます。たいへん楽しい時間を過ごせました。
10.あの時は、私のミスをフォローしていただき誠にありがとうございます。おかげで上司に叱られずに済みました。

この言葉がよく使われる場面としては、感謝を伝える言葉を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「誠にありがとうございます」は現在進行形で継続的に行われている出来事に対して使います。

「誠にありがとうございました」と「誠にありがとうございます」はどちらも感謝を伝える言葉を表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、過去形のお礼の言葉として使うのが「誠にありがとうございました」、現在形のお礼の言葉として使うのが「誠にありがとうございます」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター