今日の買取件数:20件/今月の買取件数:500件/累計買取件数:28,146件

【お心遣いありがとうございます】と【ご配慮ありがとうございます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お心遣いありがとうございます」(読み方:おこころづかいありがとうございます)と「ご配慮ありがとうござます」(読み方:ごはいりょありがとうございます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」という言葉は、どちらも寄り添ってくれた人に感謝を伝えることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の違い

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の意味の違い

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の違いを分かりやすく言うと、「お心遣いありがとうございます」よりも「ご配慮ありがとうござます」の方が丁寧な表現という違いです。

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の使い方の違い

一つ目の「お心遣いありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「皆様の温かいお心遣いありがとうございます」「この度はお心遣いありがとうございます」「急なお願いにも関わらずお心遣いありがとうございます」などがあります。

二つ目の「ご配慮ありがとうござます」を使った分かりやすい例としては、「細やかなご配慮ありがとうございます」「この度の身に余るご配慮ありがとうございます」「寛大なご配慮ありがとうございます」などがあります。

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の使い分け方

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうございます」はどちらも寄り添ってくれた人に感謝を伝えることを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「お心遣いありがとうございました」よりも「ご配慮ありがとうございます」の方が丁寧な表現という点です。

また、どちらの言葉も敬意を表している表現なので、目上の人に対して使って問題ないと覚えておきましょう。

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」の英語表記の違い

「お心遣いありがとうございます」を英語にすると「Thank you for your concern」「Thank you for asking」「Thanks for going out of your way for me」となります。

一方、「ご配慮ありがとうござます」を英語にすると「Thank you for being so considerate」「Thank you for your kindness」となります。

「お心遣いありがとうございます」の意味

「お心遣いありがとうございます」とは

「お心遣いありがとうございます」とは、相手の心遣いを敬って感謝を伝えることを意味しています。

「お心遣いありがとうございます」の読み方

「お心遣いありがとうございます」の読み方は「おこころづかいありがとうございます」です。誤って「おこころつかいありがとうございます」などと読まないようにしましょう。

「お心遣いありがとうございます」の使い方

「お心遣いありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「ご親切なお心遣いありがとうございます」「大層なお品をいただきお心遣いありがとうございます」「こんなに多くのお心遣いありがとうございます」などがあります。

「お心遣いありがとうございます」はあれこれと気を配ることを意味する「心遣い」に、接頭語の「お」、感謝を意味する「ありがとう」、丁寧語の「ございます」が合わさり、相手の心遣いを敬って感謝を伝えることを意味する言葉です。

したがって、「お心遣いありがとうございます」はプラスのイメージで使う言葉になります。

「お心遣いありがとうございます」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

しかし反対に、立場が同等の人や目下の人に対してはあまり適していません。なぜなら、立場が同等の人や目下の人に対しては、少し大げさな表現になってしまうからです。

「お心遣いありがとうございます」は、普通のお礼を伝える場合だけではなく、ご祝儀や餞別などの金品をもらった場合にも使えると覚えておきましょう。

「お心遣いありがとうございます」の類語

「お心遣いありがとうございます」の類語・類義語としては、気遣ってくれたことに感謝することを意味する「お気遣いありがとうございます」、深く考えてくれたことに感謝することを意味する「ご深慮ありがとうございます」などがあります。

「ご配慮ありがとうござます」の意味

「ご配慮ありがとうござます」とは

「ご配慮ありがとうござます」とは、相手の配慮を敬って感謝を伝えることを意味しています。

「ご配慮ありがとうござます」の使い方

「ご配慮ありがとうござます」を使った分かりやすい例としては、「日頃よりご配慮ありがとうございます」「色々とご配慮ありがとうございます」「温かいご配慮ありがとうございます」「この度は格別のご配慮ありがとうございます」などがあります。

「ご配慮ありがとうございます」は心を配ることを意味する「配慮」に、接頭語の「お」、感謝を意味する「ありがとう」、丁寧語の「ございます」が合わさり、相手の配慮を敬って感謝を伝えることを意味する言葉です。

「ご配慮ありがとうございます」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

しかし反対に、立場が同等の人や目下の人に対してはあまり適していません。なぜなら、立場が同等の人や目下の人に対しては、少し大げさな表現になってしまうからです。

「ご配慮ありがとうござます」の類語

「ご配慮ありがとうござます」の類語・類義語としては、相手の気配りに対して感謝を伝えることを意味する「ご配意ありがとうございます」、目上の人からの配慮に感謝することを意味する「ご高配ありがとうございます」などがあります。

「お心遣いありがとうございます」の例文

1.本日はお忙しい中ご足労いただき、お心遣いありがとうございます。
2.この度はお心遣いありがとうございます。早速家族みんなでいただきました。
3.お心遣いありがとうございます。無事終了することができました。
4.お心遣いありがとうございます。こちら頂戴いたしますね。
5.お心遣いありがとうございます。お話することができて本当に良かったです。
6.お心遣いありがとうございます。私の趣味に関連したイベントに誘ってくださり、一緒に楽しい時間を過ごせました。
7.お心遣いありがとうございます。忙しい中、私の引っ越しの手伝いに駆けつけてくださり、本当に助かりました。
8.ご親切なお心遣いありがとうございます。でも本当に一人でできるのでご心配には及びません。
9.こんな大層なお品をいただきお心遣いありがとうございます。大切に使わせていただきますね。
10.私のことは大丈夫ですから、お気になさらなくても大丈夫ですよ️。お心遣いありがとうございます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の心遣いを敬って感謝を伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お心遣いありがとうございます」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「ご配慮ありがとうござます」の例文

1.先生のおかげで出席することができました。ご配慮ありがとうございます。
2.この度は弊社社員に対して、ご配慮ありがとうございました。
3.ご多忙中にも関わらず、ひとかたならぬご配慮ありがとうございます。
4.この度は子供たちへの温かいご配慮ありがとうございます。
5.こちらの希望に対して納期調整、ご配慮ありがとうございました。
6.ご配慮ありがとうござます。私の忙しいスケジュールを考慮して、会議の予定を調整してくださり、本当に感謝しています。
7.ご配慮ありがとうござます。私のトレーニングプログラムに合わせて柔軟にスケジュールを調整してくださり、大変助かっています。
8.息子の就職のことにつきまして、この度は格別のご配慮ありがとうございます。おかげさまで内定を獲得できました。
9.いつも安全面でご配慮ありがとうございます。来場者は他府県の方も多いので、降雪対策には感謝申し上げたいと思います。
10.面談の日程につきましては、無理なお願いをしてしまいましたが、ご配慮ありがとうございます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の配慮を敬って感謝を伝えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご配慮ありがとうございます」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「お心遣いありがとうございます」と「ご配慮ありがとうござます」はどちらも寄り添ってくれた人に感謝を伝えることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「お心遣いありがとうございます」よりも、「ご配慮ありがとうございます」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター