今日の買取件数:20件/今月の買取件数:580件/累計買取件数:28,226件

【気兼ねなくお申し付けください】と【気兼ねなくご連絡ください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「気兼ねなくお申し付けください」(読み方:きがねなくおもうしつけください)と「気兼ねなくご連絡ください」(読み方:きがねなくごれんらくください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」という言葉は、どちらも遠慮なく言ってくださいとお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の違い

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の意味の違い

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の違いを分かりやすく言うと、「気兼ねなくお申し付けください」は親しい間柄には適していない、「気兼ねなくご連絡ください」は親しい間柄にも適しているという違いです。

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の使い方の違い

一つ目の「気兼ねなくお申し付けください」を使った分かりやすい例としては、「ご要望がございましたら気兼ねなくお申し付けください」「質問などございましたら気兼ねなくお申し付けください」などがあります。

二つ目の「気兼ねなくご連絡ください」を使った分かりやすい例としては、「何か不明な点などがありましたら気兼ねなくご連絡ください」「私が必要でしたら気兼ねなくご連絡ください」「お困りの場合は気兼ねなくご連絡ください」などがあります。

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の使い分け方

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」はどちらも遠慮なく言ってくださいとお願いすることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「気兼ねなくお申し付けください」の「お申し付けください」という言葉が身内に使うと堅苦しい表現になるため、親しい間柄に対して使うのはあまり適していません。

一方、「気兼ねなくご連絡ください」の「ご連絡ください」は堅苦しい表現ではないので、親しい間柄に対しても使うことができるというのが違いです。

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」の英語表記の違い

「気兼ねなくお申し付けください」も「気兼ねなくご連絡ください」も英語にすると、「Please feel free to contact us」となります。

「気兼ねなくお申し付けください」の意味

「気兼ねなくお申し付けください」とは

「気兼ねなくお申し付けください」とは、遠慮なく言ってくださいとお願いすることを意味しています。

「気兼ねなくお申し付け下さい」はあまり好ましくない

「気兼ねなくお申し付けください」の「ください」を漢字にして、「気兼ねなくお申し付け下さい」とするのはあまり好ましくありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「気兼ねなくお申し付けください」を使うようにしましょう。

「気兼ねなくお申し付けください」の使い方

「気兼ねなくお申し付けください」を使った分かりやすい例としては、「何かございましたら気兼ねなくお申し付けください」「必要な物があれば気兼ねなくお申し付けください」「相談したいことがございましたら気兼ねなくお申し付けください」などがあります。

「気兼ねなくお申し付けください」は遠慮ないことを意味する「気兼ねなく」に、接頭語の「お」、言い付けるの謙譲語の「申し付ける」、「くれ」の尊敬語の「ください」が合わさり、遠慮なく言ってくださいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「気兼ねなくお申し付けください」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて取引先やお客様などの社外の人に対して使う言葉です。ただし、社長などの身分が離れた地位の人に対して使う場合は、社内の人間であっても問題ありません。

「気兼ねなくお申し付けください」を使う上で注意しなければならないのは、親しい間柄に対してに使うと堅苦しい表現になるため、同僚や後輩、親しい上司や先輩などに使うのは適していないという点です。

もし、使いたいのであれば、「気兼ねなく言ってください」や「気兼ねなくご連絡ください」に置き換えるといいでしょう。

「気兼ねなくお申し付けください」は接客業においてよく使われている言葉で、品物やサービスについて質問や要望があれば、私たちに対して遠慮することなく聞いてくださいというニュアンスになっています。

「気兼ねなくお申し付けください」の類語

「気兼ねなくお申し付けください」の類語・類義語としては、遠慮なく言って欲しいことを意味する「遠慮なくお申し付けください」、心置きなく言って欲しいことを意味する「心置きなくお申し付けください」などがあります。

「気兼ねなくご連絡ください」の意味

「気兼ねなくご連絡ください」とは

「気兼ねなくご連絡ください」とは、遠慮なく連絡くださいとお願いすることを意味しています。

「気兼ねなくご連絡下さい」はあまり好ましくない

「気兼ねなくご連絡ください」の「ください」を漢字にして、「気兼ねなくご連絡下さい」とするのはあまり好ましくありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「気兼ねなくご連絡ください」を使うようにしましょう。

「気兼ねなくご連絡ください」の使い方

「気兼ねなくご連絡ください」を使った分かりやすい例としては、「いつでも対応できますので気兼ねなくご連絡ください」「お探しの商品があれば気兼ねなくご連絡ください」「何かありましたらこの番号に気兼ねなくご連絡ください」などがあります。

「気兼ねなくご連絡ください」は遠慮ないことを意味する「気兼ねなく」に、接頭語の「ご」、気持ちや考えなどを知らせることを意味する「連絡」、「くれ」の尊敬語の「ください」が合わさり、遠慮なく連絡くださいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「気兼ねなくご連絡ください」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいても使うことができます。また、親しみのある表現でもあるので、同僚や後輩、親しい上司や先輩などに対しても使用できると覚えておきましょう。

「気兼ねなくご連絡ください」は接客業においてよく使われている言葉で、品物やサービスについて質問や要望があれば、私たちに対して遠慮することなく聞いてくださいというニュアンスになっています。

「気兼ねなくご連絡ください」の類語

「気兼ねなくご連絡ください」の類語・類義語としては、遠慮なく連絡して欲しいことを意味する「遠慮なくご連絡ください」、心置きなく連絡して欲しいことを意味する「心置きなくご連絡ください」などがあります。

「気兼ねなくお申し付けください」の例文

1.お困りなことがありましたら、気兼ねなくお申し付けください。
2.私が何か役に立つことがございましたら、気兼ねなくお申し付けください。
3.ひざ掛けをご希望の方は、お近くの係員まで気兼ねなくお申し付けください。
4.本イベントについて何かご要望のある方は、気兼ねなくお申し付けください。
5.お探し商品がない場合は、お近くのスタッフまで気兼ねなくお申し付けください、
6.気になる商品がございましたら色違いもございますので気兼ねなくお申し付けください。
7.当ホテルに滞在中何かご要望がございましたら、気兼ねなくお申し付けください。
8.ご不明な点がございましたら、気兼ねなくお申し付けください。私が詳しくご説明いたします。
9.必要な資料がございましたら、気兼ねなくお申し付けください。すぐに手配いたします。
10.お部屋はこちらになります。もし何か必要な物があれば気兼ねなくお申し付けください。

この言葉がよく使われる場面としては、遠慮なく言ってくださいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「気兼ねなくお申し付けください」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「気兼ねなくご連絡ください」の例文

1.何か質問などありましたら、気兼ねなくご連絡ください。
2.私たちは24時間体制で動いてますので、気兼ねなくご連絡ください。
3.ご不明な点がございましたら、気兼ねなくご連絡ください。
4.弊社の移転場所に関しましては、気兼ねなくご連絡ください。
5.もし何かお困りのことがありまりたら、私へ気兼ねなくご連絡ください。
6.高齢のご夫婦2人だと不便なこともでしょうから、何でも気兼ねなくご連絡ください。いつでもお手伝いしますよ。
7.弊社の新製品に関する詳細やデモのご希望がございましたら、お気兼ねなくご連絡ください。喜んでお手伝いいたします。
8.製品の方は本日発送させていただきました。もし不具合などございましたら、気兼ねなくご連絡くださいませ。
9.お支払い方法に関するご質問がございましたら、いつでも気兼ねなくご連絡ください。お手続きのサポートをいたします。
10.新しいプロジェクトの提案や相談がありましたら、お気兼ねなくご連絡ください。共に成功に向けて取り組みましょう。

この言葉がよく使われる場面としては、遠慮なく連絡くださいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「気兼ねなくご連絡ください」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「気兼ねなくお申し付けください」と「気兼ねなくご連絡ください」はどちらもを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、親しい間柄には適していないのが「気兼ねなくお申し付けください」、親しい間柄にも適しているのが「気兼ねなくご連絡ください」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター