今日の買取件数:20件/今月の買取件数:420件/累計買取件数:28,066件

【略式ながら】と【略儀ながら】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「略式ながら」(読み方:りゃくしきながら)と「略儀ながら」(読み方:りゃくぎながら)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「略式ながら」と「略儀ながら」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「略式ながら」と「略儀ながら」の違い

「略式ながら」は「略儀ながら」の間違い

「略式ながら」と「略儀ながら」の違いを分かりやすく言うと、「略式ながら」とは「略儀ながら」の間違った使い方、「略儀ながら」とは正式な手続きの一部を省略して失礼することです。

「略式ながら」は誤字

一般的には「略式ながら」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「略儀ながら」のことを間違えて「略式ながら」を使っている人がほとんどです。

「略儀ながら」は正しい日本語

正しい言葉である「略儀ながら」を使った分かりやすい例としては、「略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます」「略儀ながらまずは書面にてお礼申し上げます」「略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます」などがあります。

「略儀ながら」という言葉はあっても、「略式ながら」という言葉は存在しません。同時に「略儀ながら」という単語の意味について「正式な手続きの一部を省略して失礼すること」と覚えておきましょう。

「略儀ながら」は日本語特有の表現なので、直訳した英語表記はありません。

「略式ながら」の意味

「略式ながら」とは

「略式ながら」とは、「略儀ながら」の間違った使われ方です。

「略式ながら」が間違っている理由

「略式ながら」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「略儀ながら」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「略式ながら」と「略儀ながら」を間違ってしまう理由としては、「略式」と「略儀」はどちらも正式な手続きを一部省略して簡単にするという同じ意味を持っているので、混同してしまっているのが原因です。

ではなぜ「略式ながら」が間違った言葉かというと、「略式」は「略儀」よりも軽い印象を持つ言葉なので、深い気持ちを表すかしこまった場面において使うのは適していないからです。

したがって、正しい日本語は「略儀ながら」と覚えておきましょう。

間違って言葉である「略式ながら」の「略式」を使った分かりやすい例としては、「略式すぎる服装で来てしまった」「略式な手続きを行いました」「近年は略式結納が流行っているらしいです」などがあります。

「略儀ながら」の意味

「略儀ながら」とは

「略儀ながら」とは、正式な手続きの一部を省略して失礼することを意味しています。

「略義ながら」は誤用

「略儀ながら」を似た言葉である「略義ながら」とするのは誤用です。書き間違いをしないように注意しましょう。

表現方法は「略儀ながら書中にて」「略儀ながらメールにて」

「略儀ながら書中にて」「略儀ながらメールにて」などが「略儀ながら」を使った一般的な言い回しになります。

「略儀ながら」の使い方

「略儀ながら」を使った分かりやすい例としては、「略儀ながらメールにてご挨拶申し上げます」「略儀ながら書面にてお詫び申し上げます」「略儀なら書中をもちまして退任のご挨拶とさせていただきます」などがあります。

「略儀ながら」は正式な手続きを一部省略して簡単にすることを意味する「略儀」に、なのですがのことを意味する「ながら」が合わさり、正式な手続きの一部を省略して失礼しますという意味で使われている言葉です。

「略儀ながら」は挨拶、お礼、お祝い、お詫び、お悔やみ、お祝いなどの様々な場面で使用可能で、プラスの出来事とマイナスの出来事どちらにも使えると覚えておきましょう。また、かしこまった場面で使うことが多い言葉です。

「略儀ながら」の注意点

「略儀ながら」を使う上で注意しなければならないのは、メールや手紙などの文章で書き言葉としてのみ使えるという点になります。したがって、話し言葉として目の前に居る人に対しては使うことができません。

もし、スピーチなどで目の前に居る人に話し言葉として使いたい場合は、「簡単ではございますが」などに置き換えるようにしましょう。

「略儀ながら」の類語

「略儀ながら」の類語・類義語としては、礼儀を欠いて申し訳ないと思うことを意味する「失礼ながら」、礼儀作法に外れていて申し訳ないと思うことを意味する「無作法ながら」などがあります。

「略式ながら」の例文

1.「略式ながら」という言葉は存在しないので、おそらく「略儀ながら」の言い間違いだろう。
2.「略儀ながら」という言葉は、正式な手続きの一部を省略して失礼することで「略式ながら」という言葉はない。
3.「略式ながら」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.略式ながら書中をもって新年のご挨拶を申し上げますという言葉を使う人はいるが、正しくは略儀ながら書中をもって新年のご挨拶を申し上げますです。
5.略儀ながら書面にてお祝い申し上げますという言葉はあるが、略式ながら書面にてお祝い申し上げますという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「略儀ながら」という言葉を間違えて「略式ながら」と表現している時などが挙げられます。

「略式ながら」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「略儀ながら」を間違えて使っている可能性が高いです。

「略式ながら」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「略式ながら」ではなく、「略儀ながら」と表現するのが正しい使い方になります。

「略儀ながら」の例文

1.まずは略儀ながら、書中をもって創立10周年のご挨拶申し上げます。
2.貴殿のますますのご活躍を心よりお祈り申し上げます。略儀ながら書中見舞いのご挨拶とさせていただきます。
3.略儀ならまずはメールにて、新任のご挨拶とさせていただきます。
4.略儀ながらお祝い申し上げるとともに、お二人の末永い幸せをお祈り申し上げます。
5.本来ならすぐにお伺いするべきところ遠路ままならず、略儀ながら書中をもちましてお見舞い申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、正式な手続きの一部を省略して失礼することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「略儀ならが」はプラスとマイナスどちらのイメージでも使うことができる言葉です。

「略式ながら」と「略儀ながら」どちらを使うか迷った場合は、「略式ながら」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「略儀ながら」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター