今日の買取件数:20件/今月の買取件数:340件/累計買取件数:9,146件

【今宵】と【今夜】と【今晩】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「今宵」(読み方:こよい)と「今夜」(読み方:こんや)と「今晩」(読み方:こんばん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「今宵」と「今夜」と「今晩」という言葉は、日が沈んでからの時間帯という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




今宵と今夜と今晩の違い

今宵と今夜と今晩の意味の違い

今宵と今夜と今晩の違いを分かりやすく言うと、今宵は昨日の夜を表現する時に使い、今夜は今日の夜を表現する時に使い、今晩は人々が活動する夜の時間を表現する時に使うという違いです。

今宵と今夜と今晩の使い方の違い

今宵という言葉は、「今宵の星は新月なこともあって綺麗に見える」「散歩に出るも今宵は冷えると感じた」などの使い方で、今日の宵、日が落ちてからすぐの時間を意味します。

今夜という言葉は、「今夜こそは早く寝ると心に誓った」「明日の朝来るはずの連絡が今夜中に来た」などの使い方で、今日の夜、日が落ちてからの時間を意味します。

今晩という言葉は、「今晩のおかずは生姜焼きだと聞いてご機嫌な状態で帰宅した」「今晩乗り切れば明日からは寮生活のため食事にあまり困らなくなる」などの使い方で、今日の晩、日が落ちてからの時間で人々が活動している時間を意味します。

今宵と今夜と今晩の時間帯の違い

夜は、日が出ている昼に対して日が隠れている時間帯を指し、晩は、その夜のうち人々がまだ眠らずに活動を行う時間帯を指します。そのため、今晩という言葉が示す時間帯は、今夜が示す時間帯に含まれています。

一方、今宵の宵という字は、日没を迎えてから間もない時間を表します。

このことから、表す時間帯が早い順番に並べると、今宵>今晩>今夜の順となります。今宵や今晩が表す時間帯を、今夜と置き換えて使うことももちろん可能です。

ただし、今宵という言葉には昨日の夜を意味することもあるため、この場合は今夜という言葉に置き換えて使うことはできません。

これらが、今宵、今夜、今晩の明確な違いです。

今宵の意味

今宵とは何時から何時までか

今宵とは、日が暮れてからすぐの時間を意味しています。何時から何時までという明確な時間帯の基準はありません。

その他にも、翌朝から見て昨夜のことを意味する時にも使われる言葉です。

今宵の宵という字は、日が暮れた18時頃から21時頃を指していましたが、季節によって日が暮れる時間が異なったり、人々が本来の宵よりも遅い時間に対しても使ってしまうことから、気象庁は「宵のうち」という気象用語を使用しないことを決めました。

そのため、辞書などには、日が暮れて夜になり始めたばかりの頃を意味する言葉として「宵の口」(読み方:よいのくち)という言葉が掲載されているものの、日常生活で「宵」や「今宵」が使われることは少なくなりました。

表現方法は「今宵の月」「今宵は月が綺麗ですね」

「今宵の月」「今宵は月が綺麗ですね」などが、今宵を使った一般的な言い回しです。

今宵の類語

今宵の類語・類義語としては、夜明け方を意味する「残夜」(読み方:ざんや)、晴れて気持ちのよい夜を意味する「良宵」(読み方:りょうしょう)があります。

今宵の宵の字を使った別の言葉としては、宵の薄暗さを意味する「宵闇」、一晩中を意味する「終宵」(読み方:しゅうしょう)、夜通し起きていることを意味する「徹宵」(読み方:てっしょう)などがあります。

今夜の意味

今夜とは何時から何時までか

今夜とは、今日の夜、今過ごしている夜を意味しています。何時から何時までという明確な時間帯の基準はありません。

「今夜が峠」の意味

今夜を使った表現として、「今夜が峠」があります。これは、非常に危ない状態で、いつ亡くなっても不思議ではないことを表す時に、医療現場などで使われる言葉です。

「今夜が山場」「今夜が山」とも表現する

他にも「今夜が山場」「今夜が山」などの言い方をすることができますが、この場合の夜は具体的に時間が定義されているわけではないので、日が落ちてから翌日日が再び昇るまでの間を指します。

今夜の対義語

今夜の対義語・反対語としては、昨日の夜を意味する「昨夜」があります。

今夜の類語

今夜の類語・類義語としては、その事が起きた夜を意味する「当夜」、日没から翌朝の日の出までの時間を意味する「夜間」、夜の半ばを意味する「夜中」があります。

今夜の夜の字を使った別の言葉としては、夜遅くなってから食べる簡単な食事を意味する「夜食」、夜の景色を意味する「夜景」、真夜中を意味する「深夜」、幾夜も続くことを意味する「連夜」などがあります。

今晩の意味

今晩とは何時から何時までか

今晩とは、今日の晩、今過ごしている晩を意味しています。何時から何時までという明確な時間帯の基準はありません。

表現方法は「今晩のメニュー」「今晩の献立」「今晩の夕食」

「今晩のメニュー」「今晩の献立」「今晩の夕食」などが、今晩を使った一般的な言い回しです。

「今晩は」の意味

今晩を使った言葉として、「今晩は」があります。これは、日が暮れてから人に会ったり、よその家を訪問した時などに使うあいさつです。

「今晩は」とは、「今晩はいい夜ですね」などのあいさつが省略されて「今晩は」と一語になったことが語源の言葉です。

そのため、「こんばんわ」という表記は本来誤りですが、「こんばんわ」が一般的に使われていた時代もあったようです。

今晩の対義語

今晩の対義語・反対語としては、今日の朝を意味する「今朝」があります。

今晩の類語

今晩の類語・類義語としては、夜や夜中を意味する「夜分」(読み方:やぶん)、夜になった時を意味する「暮夜」(読み方:ぼや)があります。

今晩の晩の字を使った別の言葉としては、ごちそうの出る夕食を意味する「晩餐」(読み方:ばんさん)、夕方に鳴らされる寺院や教会などの鐘の音を意味する「晩鐘」、明日の晩を意味する「明晩」(読み方:みょうばん)などがあります。

今宵の例文

1.今宵の月は、雲にも邪魔されず非常に綺麗な満月になるだろうという予報を聞いた。
2.今宵は暑さなど不快な要素が全くなかったため、よく眠れたような気がする。
3.コンサート会場で開演前のアナウンスがなされ、今宵はお楽しみくださいと口上を締めたことでテンションが上がった。

この言葉がよく使われる場面としては、日が沈んでからすぐの時間を意味する時などが挙げられます。

例文2の今宵のみ、日が落ちてからすぐの時間を指すのではなく、昨夜を意味する言葉となります。

今夜の例文

1.今夜はパーティーのため、おいしい食事が用意され、普段は飲まないワインが並べられた。
2.オンライン飲み会をしようと誘われたが、今夜は先約があるからと断ってしまった。
3.テスト勉強や課題を今夜中に終わらせなければならないため眠れないことを覚悟した。

この言葉がよく使われる場面としては、日が沈んでからの時間を意味する時などが挙げられます。

若干のニュアンスは変わってしまうものの、例文1と例文2の今夜は、今宵や今晩に置き換えて使うことができますが、例文3の今夜中は置き換えて使うことができません。

今晩の例文

1.今晩泊まるホテルの送迎バスに乗り込もうとしたが、定員オーバーだったため次の便を待つことになった。
2.突然旦那から、今晩のおかずは唐揚げがいいという連絡が来た。
3.マンションの廊下でお隣さんとすれ違って、今晩は冷えますねと少し会話をした。

この言葉がよく使われる場面としては、日が沈んでからの時間で人々が活動している時間を意味する時などが挙げられます。

どの例文の今晩も、今宵や今夜という言葉に置き換えて使うことができます。

今宵と今夜と今晩どれを使うか迷った場合は、昨日の夜を表す場合は「今宵」を、今日の夜を表す場合は「今夜」を、人々が活動する夜の時間を表す場合は「今晩」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター