今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【そうだったんですね】と【そうだったのですね】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」という言葉は、どちらも相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の違い

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の意味の違い

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の違いを分かりやすく言うと、「そうだったんですね」よりも「そうだったのですね」の方が丁寧な表現という違いです。

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の使い方の違い

一つ目の「そうだったんですね」を使った分かりやすい例としては、「そうだったんですね。それは知らなかったです」「そうだったんですね。では日を改めましょうか」「そうだったんですねと相槌を打ちました」などがあります。

二つ目の「そうだったのですね」を使った分かりやすい例としては、「理由はそうだったのですね」「そうだったのですね。私も川崎市出身でした」「そうだったのですね。無事退院できてよかったです」などがあります。

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の使い分け方

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」はどちらも相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「そうだったんですね」よりも「そうだったのですね」の方が丁寧な表現という点です。

ではなぜ「そうだったのですね」の方が丁寧な表現かというと、「そうだったんですね」は「そうだったのですね」の簡略的な口語表現であることが理由になります。

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」の英語表記の違い

「そうだったんですね」も「そうだったのですね」も英語にすると「Was that so」「Oh, I didn’t know that」「Now I understand」などとなります。

「そうだったんですね」の意味

「そうだったんですね」とは

「そうだったんですね」とは、相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しています。

「そうだったんですね」の使い方

「そうだったんですね」を使った分かりやすい例としては、「そうだったんですね。分かりました」「そうだったんですね。とても参考になりました」「そうだったんですね。ありがとうごさいます」などがあります。

「そうだったんですね」は相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しており、日常生活やビジネスシーンなど、様々な場面において使うことができる言葉です。また、「そうだったんですね」は「そうだったのですね」の簡略的な口語表現になります。

「そうだったんですね」は目上の人に使えない

「そうだったんですね」は「です」を使った言葉なので、丁寧語を使用した敬語表現ですが、目上の人に対しては使えないと覚えておきましょう。

ではなぜ使えないかというと、尊敬語や謙譲語ではないため、敬意がやや欠けている表現だからです。もし、目上の人に対して使いたいのであれば、さらに丁寧な表現である「左様でございますか」「おっしゃる通りです」などを使うようにしましょう。

また、相手の話を聞き流しているような不真面目な印象を与えたり、早く会話を終わらせたいという印象を与えてしまうのも、目上の人に対して使えない理由の一つです。

ただし、親しい上司や先輩などのフランクな関係の場合は、使っても問題ないと覚えておきましょう。

「そうだったんですね」の注意点

「そうだったんですね」を使う上で注意しなければならないのは、ビジネスメールなどの書き言葉としてはあまり適していないという点です。なぜなら、あまり関心がないと捉えられてしまうからです。

また、「そうだったんですね」を多用すると聞き流していると捉えられることもあるので口癖のように言わないようにしましょう。

「そうだったんですね」の類語

「そうだったんですね」の類語・類義語としては、相手の言葉にうなずくことを意味する「おっしゃる通りです」、相手の言葉に対してその通りであると同意する気持ちを表すことを意味する「なるほど」などがあります。

「そうだったのですね」の意味

「そうだったのですね」とは

「そうだったのですね」とは、相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しています。

「そうだったのですね」の使い方

「そうだったのですね」を使った分かりやすい例としては、「そうだったのですねと相槌を打ちました」「そうだったんですね。それはおめでとうございます」「背景としてはそうだったのですね」「そうだったのですね。それは知りませんでした」などがあります。

「そうだったのですね」は相槌を打つ時に使う言葉のことを意味しており、日常生活やビジネスシーンなど、様々な場面において使うことができる言葉です。

「そうだったのですね」は目上の人に使えない

「そうだったのですね」は「です」を使った言葉なので、丁寧語を使用した敬語表現ですが、目上の人に対しては使えないと覚えておきましょう。

ではなぜ使えないかというと、尊敬語や謙譲語ではないため、敬意がやや欠けている表現だからです。もし、目上の人に対して使いたいのであれば、さらに丁寧な表現である「左様でございますか」「おっしゃる通りです」などを使うようにしましょう。

また、相手の話を聞き流しているような不真面目な印象を与えたり、早く会話を終わらせたいという印象を与えてしまうのも、目上の人に対して使えない理由の一つです。

ただし、親しい上司や先輩などのフランクな関係の場合は、使っても問題ないと覚えておきましょう。

「そうだったのですね」の注意点

「そうだったのですね」を使う上で注意しなければならないのは、ビジネスメールなどの書き言葉としてはあまり適していないという点です。なぜなら、あまり関心がないと捉えられてしまうからです。

また、「そうだったのですね」を多用すると聞き流していると捉えられることもあるので口癖のように言わないようにしましょう。

「そうだったのですね」の類語

「そうだったのですね」の類語・類義語としては、相槌を打つ時に使う言葉のことを意味する「そうなのですね」、その通りであると肯定することを意味する「左様でございますか」などがあります。

「そうだったんですね」の例文

1.そうだったんですね。私も北海道出身なのでなんだか親近感があるような気がしていました。
2.そうだったんですね。そいういう仕組みになっているとは知りませんでした。
3.なるほど、そうだったんですね。とても勉強になりました。
4.そうだったんですね。私もバンドを組んでいたのでとても共感できます。
5.部長にそうだったんですねと相槌を打ったら、叱られてしまいました。
6.なんと!そうだったんですね。ご懐妊おめでとうございます。最近なんだか幸せオーラが出ているなと感じていたんですよ。
7.そうだったんですね。私も北海道出身なのでなんだか親近感があるような気がしていました。
8.そうだったんですね。そいういう仕組みになっているとは知りませんでした。詳しく教えていただけますか?
9.部長にそうだったんですねと相槌を打ったら、叱られてしまいました。もしかして、それ以外の反応を期待されていたのかな?
10.そうだったんですね。私も同じような状況に立たされたことがありますから、お気持ちは十分にわかります。

この言葉がよく使われる場面としては、相槌を打つ時に使う言葉のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「そうだったんですね」は日常生活でもビジネスシーンでも使うことがでいる言葉です。

「そうだったのですね」の例文

1.彼が移籍した背景はそうだったのですね。それは知りませんでした。
2.そうだったのですね。私もサッカーやっていたので分かります。
3.なるほど、そうだったのですね。これはこういう風に使うのですね。
4.そうだったのですねを目上の人に使わないように、細心の注意を払って会話をする。
5.そうだったのですね。私もアメリカ出身なので気が合いそうです。
6.最近お顔を見ないなとは思っていたのですがそうだったのですね。部内のメンバーでバックアップしますから何でも言ってください。
7.お返事ありがとうございます。そうだったのですね。返信に気が付かず大変失礼致しました。
8.そうだったのですね。それはおめでとうございます。せっかくですから私からもなにかお祝いさせてください。
9.そうだったのですね。その意見には共感できます。私もなにかお手伝いできることがあったら言ってください。
10.そうだったのですね。それは知りませんでした。もうそのアプリの機能について詳しく教えてくれませんか。

この言葉がよく使われる場面としては、相槌を打つ時に使う言葉のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「そうだったのですね」は日常生活でもビジネスシーンでも使うことがでいる言葉です。

「そうだったんですね」と「そうだったのですね」はどちらも相槌を打つ時に使う言葉のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「そうだったんですね」よりも「そうだったのですね」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター