今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:29,146件

【拙い文章ですみません】と【拙い文章で申し訳ありません】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「拙い文章ですみません」(読み方:つたないぶんしょうですみません)と「拙い文章で申し訳ありません」(読み方:つたないぶんしょうでもうしわけありません)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」という言葉は、どちらも読みづらい文章で申し訳なく思うことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の違い

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の意味の違い

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の違いを分かりやすく言うと、「拙い文章ですみません」は目上の人に使えない、「拙い文章で申し訳ありません」は目上の人にも使えるという違いです。

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の使い方の違い

一つ目の「拙い文章ですみません」を使った分かりやすい例としては、「拙い文章ですみませんがご一読ください」「長いだけではなく拙い文章ですみません」「拙い文章ですみませんが最後までお読みいただけると幸いです」などがあります。

二つ目の「拙い文章で申し訳ありません」を使った分かりやすい例としては、「説明は以上になります。拙い文章で申し訳ありません」「拙い文章で申し訳ありませんが最後までお付き合いいただけると幸いです」などがあります。

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の使い分け方

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」はどちらも読みづらい文章で申し訳なく思うことを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

結論から言ってしまうと、「拙い文章ですみません」は目上の人に対して使えないのに対して、「拙い文章で申し訳ありません」は目上の人に対しても使うことができるというのが違いになります。

ではなぜ「拙い文章ですみません」が目上の人に対して使えないかというと、「すみません」は丁寧語ではあるものの、敬意を表している表現ではないというのが理由です。

一方、「拙い文章で申し訳ありません」の「申し訳ありません」は「申し訳ない」を丁寧に表現にした言葉で、敬意を表している表現なので目上の人に対しても使うことができると覚えておきましょう。

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」の英語表記の違い

「拙い文章ですみません」も「拙い文章で申し訳ありません」も英語にすると「I apologize for my poor sentence」となります。

「拙い文章ですみません」の意味

「拙い文章ですみません」とは

「拙い文章ですみません」とは、読みづらい文章で申し訳なく思うことを意味しています。

「拙い文章ですみません」の読み方

「拙い文章ですみません」の読み方は「つたないぶんしょうですみません」です。誤って「せついぶんしょうですみません」などと読まないようにしましょう。

「拙い文章ですみません」の使い方

「拙い文章ですみません」を使った分かりやすい例としては、「拙い文章ですみませんが最後まで読んでくださると嬉しいです」「拙い文章ですみませんが参加者の代表として書かせていただきました」「拙い文章ですみませんがお伝えできていると幸いです」などがあります。

「拙い文章ですみません」は下手であることを意味する「拙い」に、文を連ねてまとまった思想や感情を表現したものを意味する「文章」と、相手に謝罪や感謝する時に使う言葉の「すみません」が合わさり、読みづらい文章で申し訳なく思うことの意味で使われている言葉です。

つまり、「拙い文章ですみません」は、自分の文章が読みづらくて申し訳ないと、謙遜の意味を込めて使う表現になります。そのため、ビジネスシーンにおいても使用することが可能です。

「拙い文章ですみません」は目上の人に使えない

ただし、やや敬意に欠けている表現なので、上司や取引先などの目上の人に対して使うのはあまり適していません。もし使いたいのであれば、「拙い文章で申し訳ありません」「拙い文章で申し訳ございません」などに置き換えるようにしましょう。

「拙い文章ですみません」はクッション言葉

また、「拙い文章ですみません」はクッション言葉でもあります。クッション言葉とは、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことを意味しています。そのため、クッション言葉を使用すると相手に対して良い印象を与えることができます。

「拙い文章ですみません」の類語

「拙い文章ですみません」の類語・類義語としては、読みづらい文章であることを謝罪することを意味する「拙い文章でごめんなさい」、読みにくい文章であることを謝ること意味する「読みにくい文章ですみません」などがあります。

「拙い文章で申し訳ありません」の意味

「拙い文章で申し訳ありません」とは

「拙い文章で申し訳ありません」とは、読みづらい文章で申し訳なく思うことを意味しています。

「拙い文章で申し訳ありません」の読み方

「拙い文章で申し訳ありません」の読み方は「つたないぶんしょうでもうしわけありません」です。誤って「せついぶんしょうでもうしわけありません」などと読まないようにしましょう。

「拙い文章で申し訳ありません」の使い方

「拙い文章で申し訳ありません」を使った分かりやすい例としては、「拙い文章で申し訳ありませんが最後までお読みくださると嬉しいです」「拙い文章で申し訳ありませんでしたがお付き合いありがとうございました」などがあります。

「拙い文章で申し訳ありません」は下手であることを意味する「拙い」に、文を連ねてまとまった思想や感情を表現したものを意味する「文章」と、「申し訳ない」を丁寧に表現した「申し訳ありません」が合わさり、読みづらい文章で申し訳なく思うことの意味で使われている言葉です。

つまり、「拙い文章で申し訳ありません」は、自分の文章が読みづらくて申し訳ないと、謙遜の意味を込めて使う表現になります。そのため、ビジネスシーンにおいても使用することが可能です。

「拙い文章で申し訳ありません」は目上の人に使える

また、「拙い文章で申し訳ありません」は敬語表現なので、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「拙い文章で申し訳ありません」はクッション言葉

「拙い文章で申し訳ありません」はクッション言葉であるというのも特徴の一つと覚えておきましょう。

「拙い文章で申し訳ありません」の類語

「拙い文章で申し訳ありません」の類語・類義語としては、読みにくい文字や文章であることを詫びることを意味する「乱筆乱文で申し訳ありません」、見映えの悪い文章で申し訳なく思うことを意味する「不格好な文章で申し訳ありません」などがあります。

「拙い文章ですみません」の例文

1.拙い文章ですませんでした。最後までお読みいただきありがとうございました。
2.拙い文章ですみませんが、今私が思っていることをまとめましたのでご一読ください。
3.拙い文書ですみませんと言ってたが、彼女のこの作品に対する気持ちは十分に伝わってきました。
4.拙い文章ですみませんが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
5.拙い文章ですみませんが、最後までお付き合いいただけると幸いです。
6.拙い文章ですみませんが、家族の皆さんに感謝の気持ちを伝えたく、この手紙を書かせていただきました。
7.拙い文章ですみませんが、この度ご提案させていただく内容について、詳しく説明いたします。
8.拙い文章ですみませんが、今回の会議の議事録の要約を作成しましたので、ご確認ください。
9.拙い文章ですみませんが、この報告書には重要な提案が含まれていますので、ご一読いただけますでしょうか。
10.拙い文章ですみませんが、お客様のご要望に基づいて行った調査結果をまとめましたので、ご検討ください。

この言葉がよく使われる場面としては、読みづらい文章で申し訳なく思うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「拙い文章ですみません」は目上の人に対してはあまり適していない言葉です。

「拙い文章で申し訳ありません」の例文

1.拙い文章で申し訳ありませんが、最後までお読みいただけると幸いです。
2.拙い文章で申し訳ありませんが、この投稿で現場の雰囲気が伝わればいいと思います。
3.拙い文章で申し訳ありませんが、何卒ご検討のほどよろしくお願い申し上げます。
4.拙い文章で申し訳ありませんが、補足をこちらに書き足しております。
5.拙い文章で申し訳ありませんでした。ご指摘いただいた箇所については、こちら側の説明不足です。
6.拙い文章で申し訳ありませんが、先日のライブは本当に最高だったということをどうしても伝えたくてお便りしました。
7.拙い文章で申し訳ありませんが、今回のレポートでは新しい戦略について詳しく説明いたします。
8.拙い文章で申し訳ありませんが、ご質問にお答えするにあたり、以下の情報を提供いたします。
9.急いで書いたため、拙い文章で申し訳ありませんが、こちらの提案をご検討いただければ幸いです。
10.初めて社内報に寄稿したので、拙い文章で申し訳ありませんが、少しでもいいと思われたなら幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、読みづらい文章で申し訳なく思うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「拙い文章で申し訳ありません」は、目上の人に対しても使うことができる言葉です。

「拙い文章ですみません」と「拙い文章で申し訳ありません」はどちらも読みづらい文章で申し訳なく思うことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、目上の人に使えないのが「拙い文章ですみません」、目上の人にも使えるのが「拙い文章で申し訳ありません」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター