今日の買取件数:20件/今月の買取件数:280件/累計買取件数:29,126件

【賞します】と【証します】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「しょうします」という読み方の「賞します」と「証します」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「賞します」と「証します」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「賞します」と「証します」の違い

「賞します」と「証します」の意味の違い

「賞します」と「証します」の違いを分かりやすく言うと、「賞します」とは褒め称えること、「証します」とは証明することという違いです。

「賞します」と「証します」の使い方の違い

一つ目の「賞します」を使った分かりやすい例としては、「永年勤続につきこれを賞します」「素晴らしい成績を収めたことをここに賞します」「あなたの栄誉を称えこれを賞します」「彼は弁論大会で優秀な成績を収めたことを賞します」などがあります。

二つ目の「証します」を使った分かりやすい例としては、「これらの事実を突き付けて無実を証します」「こちらのデータで最近の傾向を証します」「この動画で正確性を証します」「この事実は彼女が無実であることを証します」などがあります。

「賞します」と「証します」の使い分け方

「賞します」と「証します」はどちらも「しょうします」という同音の言葉ですが、意味は全く異なるので間違えないように注意しましょう。

「賞します」は褒め称えることを意味しており、上記の例文の「永年勤続につきこれを賞します」「素晴らしい成績を収めたことをここに賞します」などのように、表彰状や賞を贈呈する際のフレーズとして使います。

一方、「証します」は証明することを意味しており、上記の例文の「これらの事実を突き付けて無実を証します」「こちらのデータで最近の傾向を証します」などのように、証拠立ててはっきりさせる場合に使うと覚えておきましょう。

「賞します」と「証します」の英語表記の違い

「賞します」を英語にすると「praize」「commend」「recommend」「award」となり、、例えば上記の「彼は弁論大会で優秀な成績を収めたことを証します」を英語にすると、「He won the grand prize in the speech contest」となります。

一方、「証します」を英語にすると「prove」「testify」となり、例えば上記の「この事実は彼女が無実であることを証します」を英語にすると「This fact is indeed proof of her innocence」となります。

「賞します」の意味

「賞します」とは

「賞します」とは、褒め称えることを意味しています。

表現方法は「これを賞します」「ここに賞します」

「これを賞します」「ここに賞します」などが、「賞します」を使った一般的な言い回しになります。

「賞します」の使い方

「賞します」を使った分かりやすい例としては、「本大会において優秀な成績を収められましたのでここに賞します」「あなたは優秀な成績をもって修了いたしましたのでこれを賞します」「その栄誉を称えこれを賞します」などがあります。

「賞します」は褒め称えることを意味する「賞する」に、「する」の丁寧語である「します」が合わさり、褒め称えることを意味で使われている言葉です。

「賞します」は丁寧な表現なので、ビジネスシーンなどのかしこまった場面においても使うことができます。

また、「賞します」は表彰式や授賞式などで、表彰状や賞を贈呈する際のフレーズとして使うのが一般的です。

「賞します」の類語

「賞します」の類語・類義語としては、賞賛することを意味する「賛します」、文章や言葉で人の功績などを褒め称えることを意味する「頌します」などがあります。

「証します」の意味

「証します」とは

「証します」とは、証明することを意味しています。

「証します」の使い方

「証します」を使った分かりやすい例としては、「彼女が嘘をついていないことを証します」「この件には私が関わっていないことを証します」「この本の面白さは店長である私が証します」「こちらのページの記事で証します」などがあります。

「証します」は証明することを意味する「証する」に、「する」の丁寧語である「します」が合わさり、証明することの意味で使われている言葉です。

「証します」はは丁寧な表現なので、ビジネスシーンなどのかしこまった場面においても使うことができると覚えておきましょう。

「証します」の注意点

「証します」を使う上で注意しなければならないのは、同じ発音である「称します」と混同しないことです。「称します」は「称する」を丁寧にした言葉で、名乗るや名付けて言うなどの意味で使う言葉になります。

「証します」の類語

「証します」の類語・類義語としては、ある物事や判断の真偽を証拠を挙げて明らかにすることを意味する「証明します」、証拠をあげて事実を証明することを意味する「立証します」などがあります。

「賞します」の例文

1.あなたは多年にわたり弊社に貢献いたしましたので、記念品を贈呈しこれを賞します。
2.貴チームは本大会において頭書の成績をおさめられましたので、ここにその健闘をたたえ賞します。
3.貴店は当社製品の販売実績は関西地区において最も優秀であり、当社の業績に大いに貢献されましたのでここに賞します。
4.貴社は多年にわたり業界の発展に貢献しましたので、ここに賞します。
5.あなたは弊社の業務システムを作成し、業務の効率化に著しい成果をもたらしたので、ここに金一封を贈りこれを賞します。
6.貴社が長年にわたり業界をリードしてきた卓越した実績に対し、ここに敬意を表して賞します。
7.地域社会への貢献活動に熱心に取り組み、企業の社会的責任を果たされた功績を称えてここに賞します。
8.貴殿のこの度の業績向上に大きな貢献をしていただきましたことから、ここに感謝の意を表してこれを賞します。
9.海外展開において先駆的な役割を果たし、会社の国際競争力強化に大きく寄与された功績を称えて、ここに賞します。
10.災害時において迅速かつ的確な対応を取り、地域住民の安全を守るうえで大きな貢献をされた功績を称えて、ここに賞します。

この言葉がよく使われる場面としては、褒め称えることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「賞します」は表彰状や賞を贈呈するフレーズとして使われる言葉です。

「証します」の例文

1.ゲーム歴20年の私が、こちらの新作の面白さを証します。
2.その時間は彼と一緒に飲んでいたので、無実であることを証します。
3.こちらが近年の売り上げになりますので、新サービスがいかにヒットしているかを証します。
4.実際に触ってみると、どちら機種が使いやすかすぐに証します。
5.別の人が犯人であることを証しますので、あと1日だけ時間をください。
6.現場に残された指紋やDNAは、被告人のものではありませんでした。よって被告人がこの殺人事件に関与していないことを、確信を持って証します。
7.臨床試験の結果、この新薬は従来の治療法よりも高い有効性と安全性を持つことが示されました。よってこの新薬が治療に効果的であることを証します。
8.中学の卒業証書には、中学校の全課程を修了したことを証しますと書いてありますが、今では中学校時代の数学もすっかり忘れてしまっています。
9.厳しい競争環境の中で、お客様の本当のニーズにきめ細かく応えながら、営業部門の提案力と交渉力を、大型案件の受注実績から証します。
10.人事部門の公平な評価と育成の取り組みを、昇進実績の分析から証しましたが、ご質問等がありましたら挙手をお願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、証明することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「証します」は証拠立ててはっきりさせる場合に使う言葉です。

「賞します」と「証します」は同音の言葉ですが意味は異なっています。どちらの言葉を使うか迷った場合、褒め称えることを表現したい時は「賞します」を、証明すること表現したい時は「証します」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター