今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:29,226件

【スーパー】と【ディスカウントストア】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「スーパー」と「ディスカウントストア」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「スーパー」と「ディスカウントストア」という言葉は、「小売店」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




スーパーとディスカウントストアの違い

スーパーとディスカウントストアの意味の違い

スーパーとディスカウントストアの違いを分かりやすく言うと、スーパーよりもディスカウントストアの方が販売されている商品の価格が安いという違いです。

スーパーとディスカウントストアの使い方の違い

一つ目のスーパーを使った分かりやすい例としては、「小型のスーパーマーケットが自宅の近くにあるのは非常に便利だ」「衣料品のスーパーには定期的に足を運んでいる」「その大型スーパーには海外から輸入された商品が売られている」などがあります。

二つ目のディスカウントストアを使った分かりやすい例としては、「地元の大型ディスカウントストアは学生がたむろっている」「ディスカウントストアで酒を買う習慣がある」「パーティー用のお菓子はディスカウントストアの方が安く済む」などがあります。

スーパーとディスカウントストアの使い分け方

スーパーとディスカウントストアはどちらも、小売店を指す言葉ですが、区別して使われています。

スーパーは、食料品を中心に家庭用品を大量かつ廉価販売行う小売店を指す言葉です。基本的に並んでいる商品のラインナップの大部分は固定されており、売り切れる商品はあれど再度同じ商品の入荷が見込まれます。

一方のディスカウントストアは、商品を通常の価格よりも安くする小売店を指す言葉です。商品を大量にメーカーから直接仕入れることで値段を抑えているのが特徴です。売り切れた後に同じメーカーのものが再度販売されない場合もあります。

つまり、スーパーよりも、廉価で販売するための仕入れ方法をとっているディスカウントストアの方が、商品の価格が安い点がこれら二つの明確な違いと言えますが、一概にもスーパーの商品が高いというわけではなく、店舗や企業によって左右されます。

スーパーとディスカウントストアの英語表記の違い

スーパーを英語にすると「supermarket」となり、例えば上記の「小型のスーパーマーケット」を英語にすると「a small supermarket」となります。

一方、ディスカウントストアを英語にすると「discount store」となり、例えば上記の「大型ディスカウントストア」を英語にすると「large-scale discount stores」となります。

スーパーの意味

スーパーとは

スーパーとは、食料品を中心に家庭用品を大量かつ廉価販売行う小売店を意味しています。

スーパーの使い方

スーパーを使った分かりやすい例としては、「毎週末は家族でスーパーへと出掛けるのが恒例だ」「スーパーが家の近くにあると弁当を買ってしまう」「トイレットペーパーなどもスーパーには売られていて便利だ」などがあります。

その他にも、「量が多くて安く商品を購入できる業務向けのスーパーも一般に解放されている」「大手スーパーは小さいながらも全国に展開されている」「全国チェーンのスーパーが出来てから商店街が廃れてしまった」「このエリアのスーパーは選択肢が多い」などがあります。

スーパーは英語で「supermarket」と表記され、本来は造語でしたが今日では「大型小売店」を意味する言葉として使われています。日本語でも同じように使われていますが、英語とは異なり「スーパーマーケット」を省略して使うことがほとんどです。

消費者自らが商品を手に取り選ぶセルフサービス方式であり、出口付近のレジにて会計を済ませ、購入したもの自ら袋に詰めて持ち帰ります。大規模なものから小規模なものまであり、品ぞろえも複数の部門にまたがって様々なものを用意している場所もあります。

上記のような品ぞろえ豊富な店舗は総合スーパーと呼ばれますが、食品スーパーや衣料品スーパーなども多く、今日ではオンライン上で商品の購入ができるネットスーパーも広く普及しています。

スーパーの対義語

スーパーの対義語・反対語としては、受注生産や注文によって生産される商品を意味する「オーダーメイド」があります。

スーパーの対義語

スーパーの類語・類義語としては、大きな店舗であらゆる種類の商品を販売する小売店を意味する「デパート」、日常生活品を中心に多くの種類の商品を扱う大規模な小売店を意味する「百貨店」などがあります。

ディスカウントストアの意味

ディスカウントストアとは

ディスカウントストアとは、商品を通常の価格よりも安くする小売店を意味しています。

ディスカウントストアの使い方

ディスカウントストアを使った分かりやすい例としては、「総合ディスカウントストアであれば欲しいものは大体置いてある」「駅の近くにできたディスカウントストアは多くの人に利用されている」「近くのディスカウントストアでは普通のスーパーにない商品もある」などがあります。

その他にも、「家にこもる人が増えたことで大量買いに適したディスカウントストア需要も高まった」「ディスカウントストア市場はこれからも盛り上がりを見せるだろう」「商品が100円均一であるショップもディスカウントストアなのだろうか」などがあります。

ディスカウントストアは英語で、「割引する」を意味する「discount」と、商店や雑貨店を意味する「store」を組み合わせた言葉です。日本語でも同じように使われており、「ディスカウントショップ」と呼ばれたり「DS」と省略されることもあります。

スーパーと同じように日用品や食料品などの商品をセルフサービス方式で販売している店舗ですが、大量に商品を仕入れて売り切ることを計画した上で販売を行なうため、より安い値段で提供される点が特徴的と言えます。

「ディープディスカウントストア」とは

その中でも、「ディープディスカウントストア」は、同じ機能を持つ商品を一般のチェーン店の6割以下、ディスカウントストアの8割以下の値段で販売を行なっています。

ディスカウントストアの類語

ディスカウントストアの類語・類義語としては、在庫を大量に仕入れて安売りする小売業態を意味する「アウトレット」、会員に対して棚卸し時に近い価格で安く商品を提供する形態を意味する「ホールセールクラブ」などがあります。

スーパーの例文

1.子どもを連れてスーパーへ行くと、お菓子売り場で駄々をこねられることがほとんどだ。
2.スーパーよりもデパートの方が選択肢こそ豊富だが、価格もそれなりにするものだと思っている。
3.安いスーパーに行くには車が必要になるため、母親が出向く際一緒に連れて行ってもらっている。
4.地域のスーパーではそれぞれの店舗がタイムセールを行うなど、競争が激化している。
5.ネットスーパーであれば購入したものを自分で運ぶ手間もないため重宝している。

この言葉がよく使われる場面としては、食料品を中心に家庭用品を大量かつ廉価販売行う小売店を意味する時などが挙げられます。

例文5の「ネットスーパー」とは、食料品や日用品などをオンライン上で注文し、指定した場所まで届けるシステムを指す言葉です。

ディスカウントストアの例文

1.ディスカウントストアがスーパー程の規模になれば、他の追随を許さないほどの人気を集められるのだろう。
2.田舎町にも大手ディスカウントストアが出店すると聞いて便利になると住民一同喜んでいた。
3.お馴染みのディスカウントストアでは食料品から衣料品、おもちゃやゲームまで販売されている。
4.以前ディスカウントストアで購入した商品が無くなっており、もう手に入れることが出来なくなってしまったと悲しくなる。
5.大型ディスカウントストアの一角に小さな本屋ができるらしい。

この言葉がよく使われる場面としては、商品を通常の価格よりも安くする小売店を意味する時などが挙げられます。

例文4のように、再販売が必ずあるわけではない商品が陳列される点が特徴的と言えます。

スーパーとディスカウントストアは、どちらも「小売店」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、食料品や日用雑貨などの販売を行う場所を表す場合は「スーパー」を、商品を通常よりも安く販売する場所を表す場合は「ディスカウントストア」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター