今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:28,706件

【ストック】と【フロー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ストック」と「フロー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ストック」と「フロー」という言葉は、「物流や経済における用語」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ストックとフローの違い

ストックとフローの意味の違い

ストックとフローの違いを分かりやすく言うと、ストックは貯まっている量を表現する時に使い、フローは流れ出る量を表現する時に使うという違いです。

ストックとフローの使い方の違い

一つ目のストックを使った分かりやすい例としては、「広いストックスペースを確保しなくていいのはメリットだ」「ストック経済が続けば金の回りが悪くなる」「気に入った商品をストックしておきたい」などがあります。

二つ目のフローを使った分かりやすい例としては、「キャッシュフローを分析することで支出において必要のないものを見定めることができる」「フローチャートを渡されてから一年で見ずに済むようになった」などがあります。

ストックとフローの使い分け方

ストックとフローはどちらも、物流や経済における用語ですが、意味や使い方は大きく異なります。

ストックは、在庫品や手持ちの品を表す言葉で、蓄えておくことや、ある一時点に存在する経済数量も表す言葉でもあります。また、英語では株式という意味を持つことから、ストックを株式の意で用いることもあります。

一方のフローは、一定期間に生産されて流れた量を表す言葉で、主に金融や経済に関する話題で用いられます。また、作業工程やデータの流れに対しても使われるため、上記例文の「フローチャート」などの使い方がされています。

つまり、ストックはある時点において存在する蓄えを表し、フローはある期間におけるカネやモノの流れを表すという違いがあります。

金銭で言えば、ストックにはマネーサプライ、貯金などが該当し、フローには国内総生産、収入と支出などが該当します。

ストックとフローの英語表記の違い

ストックを英語にすると「stock」となり、例えば上記の「広いストックスペース」を英語にすると「a wide stock space」となります。一方、フローを英語にすると「flow」となり、例えば上記の「キャッシュフロー」を英語にすると「cash flow」となります。

ストックの意味

ストックとは

ストックとは、在庫品や手持ちの品を意味しています。

その他にも、蓄えておくことや、ある一時点に存在する経済数量を意味する言葉として使われています。

ストックの使い方

「ストック整理のためのルールが定められている」「日用品のストックを確認して買い足す必要があるものをリストアップする」「ストックしておきたい食品は冷凍するために買いだめする」などの文中で使われているストックは、「在庫品」の意味で使われています。

一方、「ローリングストックは防災のために必要だ」などの文中で使われているストックは「蓄えておくこと」の意味で使われ、「経済のストック化はどんな影響力があるのか」などの文中で使われているストックは「一時点に存在する量」の意味で使われています。

ストックは英語で「stock」と表記され、「在庫品」「仕入れ品」「蓄積」といった意味を持つ言葉です。経済や金融用語としては前項の「フロー」と共に使われることが多いですが、「ストックする」という動詞として使われることも多くあります。

「ローリングストック」の意味

上記例文の「ローリングストック」とは、少し多めに食材や加工品を買っておいて、賞味期限の近いものから消費をした後は消費した分また買い足すことを表す言葉です。ある程度の備蓄状態を保つ方法であることから防災対策として挙げられています。

「スープストック」の意味

また、ストックには「スープの煮汁」「スープのもと」といった意味もあり、「スープストック」という表現が使われていますが、日本ではこれを名称としたスープ専門のチェーン店もあることから、煮汁の意味で使われることはほとんどありません。

ストックの対義語

ストックの対義語・反対語としては、金銭などをどんどん使うことを意味する「浪費」があります。

ストックの類語

ストックの類語・類義語としては、必要な時のために前もって用意しておくことを意味する「予備」、財貨を蓄えておくことや蓄えられた財貨を意味する「貯蓄」、物を蓄えておくことを意味する「貯蔵」などがあります。

フローの意味

フローとは

フローとは、一定期間に生産されて流れた量を意味しています。

その他にも、作業などの工程の流れを意味する言葉として使われています。

フローの使い方

「キャッシュフローが回らない状態になる前にタイミングの調整も行う必要がある」「年収よりも日々の支出が一番身近なフローと言える」「ストックよりもフローの方が多い状態は心配だ」などの文中で使われているフローは、「流量」の意味で使われています。

一方、「フロー図を作成して作業手順を明確にした」「業務フローが如何に効率的ではないかが詳らかになった」「受験までのフローに関する説明を受けた」などの文中で使われているフローは、「工程の流れ」の意味で使われています。

フローは英語で「flow」と表記され、「流れる」「巡る」「流動」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、国民所得や投資などがフローに該当するため経済用語としても多く使われています。

「キャッシュフロー」の意味

上記例文の「キャッシュフロー」とは、入ってくる現金と流れ出ていく現金の流れを指す言葉です。「キャッシュフローが回らない」という表現は、必要な時に支出に対応できるほどの現金が手元にないために倒産してしまうことを表します。

また、フローは、思考や感情が失われるほどに集中している状態を表す心理学用語でもあります。この状態が続くことで極限の集中状態であるゾーンに入ると言われており、スポーツ業界などで用いられています。

フローの対義語

フローの対義語・反対語としては、金銭を貯めることや貯められた金銭を意味する「貯金」があります。

フローの類語

フローの類語・類義語としては、流れ出ることを意味する「流出」、金銭の滞りない貸し借りを意味する「金融」、個人や家庭、団体などの経済状態を意味する「財政」、計画なく無暗に費やすことを意味する「濫費」などがあります。

ストックの例文

1.商品のストックを確認して更なる在庫を本部へと要請することにした。
2.売れ残っているデッドストックはヴィンテージとは価値が大きく異なるため、値下げをしない限り売れないのだろう。
3.ストックスペースが散らかっているため整理をしようと思ったが、他人の荷物を触ることに申し訳なさを感じて抵抗がある。
4.フロー的な汚染よりも、有名な公害も該当するストック汚染の方が緩和されることのないものに思える。
5.マニーストックが多い場合、モノの値段が上がっていき徐々にインフレが進むことになるとされている。

この言葉がよく使われる場面としては、在庫品や手持ちの品を意味する時などが挙げられます。

例文3や例文4では「蓄えておくこと」「蓄えられている状態」を意味し、例文5では「ある一時点に存在する経済数量」を意味する言葉として使われています。

フローの例文

1.フローが改善されて経済が良くなると見込まれているが、恐慌のような危機に見舞われた場合どうなるか予想もつかない。
2.マネーフローは金融機関に勤めるなどしなければ縁のない言葉だと思っていた。
3.フローチャートでよく使われる図形を参考に自分でも作成してみたが、後輩に作業工程を伝えるのに非常に便利だと感じた。
4.申請手続きのフローを見ながら書類を記入したが、分かりやすく書かれていたためスラスラと書き進められた。
5.時間を忘れるほどに作業に没頭しており、このフロー状態に入るきっかけが掴めればいいのにと平時は思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、一定期間に生産されて流れた量を意味する時などが挙げられます。

例文3や例文4は作業などの工程の流れを意味する言葉として使われ、例文5は思考や感情が失われるほどに集中している状態を意味する言葉として使われています。

ストックとフローは、どちらも「物流や経済における用語」を表します。どちらを使うか迷った場合は、貯まっている量を表す場合は「ストック」を、流れ出る量を表す場合は「フロー」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター