今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【出過ぎた真似】と【出過ぎたこと】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「出過ぎた真似」(読み方:ですぎたまね)と「出過ぎたこと」(読み方:ですぎたこと)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」という言葉は、どちらも分をわきまえない言動や行動のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の違い

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の意味の違い

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の違いを分かりやすく言うと、「出過ぎた真似」の方が「出過ぎたこと」よりも一般的に使われているという違いです。

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の使い方の違い

一つ目の「出過ぎた真似」を使った分かりやすい例としては、「出過ぎた真似をしたことを反省しています」「他人の物を許可なしに使うなんて出過ぎた真似だと思うよ」「会話中に携帯電話をいじるなんて出過ぎた真似だ」などがあります。

二つ目の「出過ぎたこと」を使った分かりやすい例としては、「出過ぎたことを申して申し訳ございません」「出過ぎたことを言うようですがお酒の飲み過ぎは良くないですよ」「出過ぎたことをすると出禁にするよ」などがあります。

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の使い分け方

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」はどちらも分をわきまえない言動や行動のことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「出過ぎた真似」の方が「出過ぎたこと」よりも一般的に使われているという点です。

ただし、どちらも正しい日本語なので基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」の英語表記の違い

「出過ぎた真似」も「出過ぎたこと」も英語にすると「be out of line」「overstep one’s position」などとなります。

「出過ぎた真似」の意味

「出過ぎた真似」とは

「出過ぎた真似」とは、分をわきまえない言動や行動のことを意味しています。

表現方法は「出過ぎた真似をしてすみません」「出過ぎた真似をして申し訳ございません」

「出過ぎた真似をしてすみません」「出過ぎた真似をして申し訳ございません」などが、「出過ぎた真似」を使った一般的な言い回しになります。

「出過ぎた真似」の使い方

「出過ぎた真似」を使った分かりやすい例としては、「上司に出過ぎた真似をしてしまったのでとても後悔しています」「他人の秘密をバラすなんて出過ぎた真似だと思うよ」「出過ぎた真似をしてしまったのでとても反省している」などがあります。

「出過ぎた真似」は差し出がましい言動をすることを意味する「出過ぎる」に、行動や振る舞いのことを意味する「真似」が合わさり、分をわきまえない言動や行動のことの意味で使われている言葉です。

「出過ぎた真似」は自分の守るべき限度や範囲を超えていることを問題としているので、基本的にマイナスなイメージを伴っています。

「出過ぎた真似」の特徴

「出過ぎた真似」は自分に対しても相手に対しても使えるというのが特徴です。

例えば自分に対して使う場合は、「出過ぎた真似をしてすみません」「出過ぎた真似をして申し訳ございません」などのように、「出過ぎた真似」をしたことを謝罪するニュアンスでよく使われています。

一方、相手に対して使う場合は、「出過ぎた真似をするな」のように、忠告や注意喚起として使うことが多いと覚えておきましょう。

「出過ぎた真似」の類語

「出過ぎた真似」の類語・類義語としては、余計な口を出したり手出しをしたりすることを意味する「出しゃばる」、しなくてもいいのにすることを意味する「余計な真似」などがあります。

「出過ぎたこと」の意味

「出過ぎたこと」とは

「出過ぎたこと」とは、自分に関係ないことにまで余計な口出しや手出しをすることを意味しています。

表現方法は「出過ぎたことをして申し訳ございません」「出過ぎたことをしてすみません」

「出過ぎたことをして申し訳ございません」「出過ぎたことをしてすみません」などが、「出過ぎたこと」を使った一般的な言い回しになります。

「出過ぎたこと」の使い方

「出過ぎたこと」を使った分かりやすい例としては、「出過ぎたことを言うようですがあまり期待しないでください」「出過ぎたことはあまりするもんじゃないな」「出過ぎたことを言ってしまったので上司から怒られました」などがあります。

「出過ぎたこと」は差し出がましい言動をすることを意味する「出過ぎる」に、行為や仕業のことを意味する「こと」が合わさり、自分に関係ないことにまで余計な口出しや手出しをすることの意味で使われている言葉です。

「出過ぎたこと」は自分の守るべき限度や範囲を超えていることを問題としているので、基本的にマイナスなイメージを伴っています。

「出過ぎたこと」の特徴

「出過ぎたこと」は自分に対しても相手に対しても使えるというのが特徴です。

例えば自分に対して使う場合は、「出過ぎたことをして申し訳ございません」「出過ぎたことをしてすみません」などのように、「出過ぎたこと」をしたことを謝罪するニュアンスでよく使われています。

一方、相手に対して使う場合は、「出過ぎたことをするな」のように、忠告や注意喚起として使うことが多いと覚えておきましょう。

「出過ぎたこと」の類語

「出過ぎたこと」の類語・類義語としては、厚かましく出しゃばることを意味する「しゃしゃり出る」、邪魔や迷惑になるなどするためしないほうがいいことを意味する「余計なこと」などがあります。

「出過ぎた真似」の例文

1.彼は新人なのに出過ぎた真似をしたので、こっぴどく叱られました。
2.出過ぎた真似をすると出禁にするよと、強面の警備員から言われてしまいました。
3.飲み会の席で無礼講だからといって、出過ぎた真似するのは良くないだろう。
4.この度は出過ぎた真似をしてしまい、大変申し訳ございませんでした。
5.付き合ってもいない人に高価なプレゼントをするのは、出過ぎた真似だと思うよ。

この言葉がよく使われる場面としては、分をわきまえない言動や行動のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「出過ぎた真似」はマイナスなイメージで使われている言葉です。

「出過ぎたこと」の例文

1.お酒の席だからといって、調子に乗って出過ぎたことをするのは良くないと思うよ。
2.彼は配属されたばかりの新人なのに、出過ぎたことをするので扱いに困っています。
3.彼は社長に対して出過ぎたことをしたので、叱られて当然だと思っています。
4.他人の物を断りなく使用するなんて、出過ぎたことをするのは辞めた方がいいだろう。
5.出過ぎたことをすると立ち入り禁止にすると言われたので、大人しくすることにしました。

この言葉がよく使われる場面としては、自分に関係ないことにまで余計な口出しや手出しをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「出過ぎたこと」はマイナスなイメージで使われている言葉です。

「出過ぎた真似」と「出過ぎたこと」はどちらも分をわきまえない言動や行動のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「出過ぎた真似」の方が「出過ぎたこと」よりも一般的に使われていると覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター