今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【手前味噌ですが】と【手前味噌で恐縮ですが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「手前味噌ですが」(読み方:てまえみそですが)と「手前味噌で恐縮ですが」(読み方:てまえみそできょうしゅくですが)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」という言葉は、どちらも自分で自分を褒めることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の違い

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の意味の違い

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の違いを分かりやすく言うと、「手前味噌ですが」よりも「手前味噌で恐縮ですが」の方が丁寧な表現という違いです。

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の使い方の違い

一つ目の「手前味噌ですが」を使った分かりやすい例としては、「手前味噌ですが我々の研究チームは日本でトップクラスです」「手前味噌ですが弊社のセキュリティは完璧です」「手前味噌ですが料理の腕には自信があります」などがあります。

二つ目の「手前味噌で恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「手前味噌で恐縮ですが弊社は志が高い社員が多数在籍しております」「手前味噌で恐縮ですが私が作るスパゲッティは美味しいです」などがあります。

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の使い分け方

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」はどちらも自分で自分を褒めることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「手前味噌ですが」よりも「手前味噌で恐縮ですが」の方が丁寧な表現という点です。

ではなぜ「手前味噌で恐縮ですが」の方が丁寧な表現かというと、相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うことを意味する「恐縮」を使用しているので、より丁寧な表現になっています。

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」の英語表記の違い

「手前味噌ですが」も「手前味噌で恐縮ですが」も英語にすると「tooting your own horn」「blowing your own trumpet」「singing your own praises」となります。

「手前味噌ですが」の意味

「手前味噌ですが」とは

「手前味噌ですが」とは、自分で自分を褒めることを意味しています。

「手前味噌ですが」の使い方

「手前味噌ですが」を使った分かりやすい例としては、「手前味噌ですが今回の作品には自信があります」「手前味噌ですが私が執筆した小説が書籍化されました」「手前味噌ですが現在開発中の新作には自信はあります」などがあります。

「手前味噌ですが」は四字熟語である「手前味噌」に、「ある」を丁寧にした表現である「ですが」が合わさり、自分で自分を褒めることの意味で使われている言葉です。

「手前味噌ですが」はただ単純に自慢するのではなく、自分の行為や成果を謙遜しながら他者に紹介する際に使うのが一般的と覚えておきましょう。そのため、ビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

例えば、自分や自社の業績を控えめに自慢する際や、自社製品を売り込む場合などによく使われています。

「手前味噌ですが」の由来

「手前味噌ですが」の由来は味噌づくりです。昔は自家製の味噌を作っている家庭が多く、自分が作った味噌をお互いに自慢し合うのが一般的でした。この味噌を自慢する際に、自分の家のことを表す「手前」を使って「手前味噌」としていたそうです。

これが転じて、自分で自分を褒めることを「手前味噌ですが」と言うようになりました。

「手前味噌ですが」の類語

「手前味噌ですが」の類語・類義語としては、自分で自分の発言や行為を褒めることを意味する「自画自賛」、実際以上に自分が優れていると思い込んで得意になることを意味する「自惚れる」などがあります。

「手前味噌で恐縮ですが」の意味

「手前味噌で恐縮ですが」とは

「手前味噌で恐縮ですが」とは、自分で自分を褒めることを意味しています。

「手前味噌で恐縮ですが」の使い方

「手前味噌で恐縮ですが」を使った分かりやすい例としては、「手前味噌で恐縮ですが私が主催したイベントは大盛り上がりでした」「手前味噌で恐縮ですが私の作品が市のコンテストで最優秀賞を受賞しました」「手前味噌で恐縮ですが我が家のセキリュティは完璧です」などがあります。

「手前味噌で恐縮ですが」は四字熟語である「手前味噌」に、手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うことを意味する「恐縮」、「ある」を丁寧にした表現である「ですが」が合わさり、自分で自分の発言や行為を褒めることの意味で使われている言葉です。

「手前味噌で恐縮ですが」はただ単純に自慢するのではなく、自分の行為や成果を謙遜しながら他者に紹介する際に使うのが一般的と覚えておきましょう。

また、「手前味噌で恐縮ですが」はとても丁寧な表である「恐縮」を使用した言葉なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

例えば、自分や自社の業績を控えめに自慢する際や、自社製品を売り込む場合などによく使用されていると覚えておきましょう。

「手前味噌で恐縮ですが」の類語

「手前味噌で恐縮ですが」の類語・類義語としては、自分で自分に関係の深い物事を褒めて他人に誇ることを意味する「自慢する」、自分で自分の行為などを褒めることを意味する「自賛する」などがあります。

「手前味噌ですが」の例文

1.手前味噌ですが、弊社のサービスは業界シェア率No1の実績があります。
2.手前味噌ですが、趣味で15年続けていたのでゴルフの腕前はそれなりです。
3.手前味噌ですが、今回の公演は素晴らしいものとなっておりますので、是非足を運んでください。
4.手前味噌ですが、私は歌うのが得意なのでカラオケには自信があります。
5.手前味噌ですが、素晴らしい一品なのでぜひ食べてみてください。

この言葉がよく使われる場面としては、自分で自分を褒めることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「手前味噌ですが」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「手前味噌で恐縮ですが」の例文

1.手前味噌で恐縮ですが、美味しい肉じゃがができたのでもらっていただけますか。
2.手前味噌で恐縮ですが、息子はサッカーを頑張っておりまして、先日ユースチームへ入団することができました。
3.手前味噌で恐縮ですが、新作の出来にはとても自信があります。
4.手前味噌で恐縮ですが、弊社のエンジニアスタッフはとても優秀です。
5.手前味噌で恐縮ですが、今作品はとてもいいものになっております。

この言葉がよく使われる場面としては、自分で自分を褒めることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「手前味噌で恐縮ですが」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「手前味噌ですが」と「手前味噌で恐縮ですが」はどちらも自分で自分を褒めることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「手前味噌ですが」よりも「手前味噌で恐縮ですが」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター