今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【タレント】と【芸能人】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「タレント」(読み方:たれんと)と「芸能人」(読み方:げいのうじん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「タレント」と「芸能人」という言葉は、どちらもテレビやメディアで活躍する人のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「タレント」と「芸能人」の違い

「タレント」と「芸能人」の意味の違い

「タレント」と「芸能人」の違いを分かりやすく言うと、「タレント」はテレビやラジオ番組に出演して発言をメインとした仕事をしている人のこと、「芸能人」は芸能を職業としている人の総称のことという違いです。

「タレント」と「芸能人」の使い方の違い

一つ目の「タレント」を使った分かりやすい例としては、「彼は有名なタレントです」「今の野球界にはかつてのようなタレントが減ってしまいました」「私は将来タレントになりたいです」「彼女は日本を代表するマルチタレントです」などがあります。

二つ目の「芸能人」を使った分かりやすい例としては、「私は芸能人のゴシップ記事を読むのが好きです」「このドラマには大物芸能人が出演するらしいです」「あなたの好きな芸能人は誰ですか」などがあります。

「タレント」と「芸能人」の使い分け方

「タレント」と「芸能人」はどちらもテレビやメディアで活躍する人のことを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「タレント」はテレビやラジオ番組に出演して発言をメインとした仕事をしている人のことを意味します。

一方、「芸能人」は芸能を職業としている人の総称で、俳優、ミュージシャン、モデル、コメディアン、落語家、舞踊家など様々な人を対象に使えるというのが違いです。

つまり、「タレント」は芸能人の中の一種とも言えるでしょう。

「タレント」と「芸能人」の英語表記の違い

「タレント」を英語にすると「talent」となります。一方、「芸能人」を英語にすると「entertainer」「cerebrity」となります。

「タレント」の意味

「タレント」とは

「タレント」とは、テレビやラジオ番組に出演する歌手や俳優のことを意味しています。その他にも、才能や技量がある人のことの意味も持っています。

「タレント」の使い方

「タレント」を使った分かりやすい例としては、「彼は弁護士というよりもテレビタレントだろう」「この焼肉屋はあるタレントが経営しています」「妹は将来タレントになるのが夢らしいです」「今年の甲子園はタレントが豊富だ」などがあります。

「タレント」はテレビやラジオ番組に出演する歌手や俳優のことと、才能や技量がある人のことの二つの意味を持つ言葉です。

しかし、現代の日本ではテレビやラジオ番組に出演する歌手や俳優のことの意味で使うのが一般的であり、才能がある人の意味で使うのはあまり多くないと覚えておきましょう。

「タレント」は特別な芸を見せるのではなく、テレビやラジオ番組、メディアや雑誌などで、発言をメインとした仕事をするの一般的になります。

分かりやすい例を挙げると、テレビ番組の司会やコメンテーター、場を盛り上げる出演者たちのことです。

「タレント」の特徴

「タレント」にも様々な分類があり、複数の専門分野で活躍している人のことは「マルチタレント」、スポーツ選手を引退したあとにコメンテーターをやっている人を「スポーツタレント」、お笑い芸人と言われるよう人たちのことを「お笑いタレント」などとも言ったりします。

「タレント」の類語

「タレント」の類語・類義語としては、人々の心を引きつけるような強い魅力のことを意味する「カリスマ」、物事を巧みになしうる生まれつきの能力のことを意味する「才能」、生まれつき備わっている並み外れてすぐれた才能のことを意味する「天才」などがあります。

「芸能人」の意味

「芸能人」とは

「芸能人」とは、芸能を職業としている人の総称のことを意味しています。

「芸能人」の使い方

「芸能人」を使った分かりやすい例としては、「私は将来芸能人になりたいです」「芸能人にサインをお願いしました」「芸能人は綺麗な人が多いと思います」「イベントに芸能人を呼ぶことで集客率を高める」などがあります。

「芸能人」は芸能を職業としている人の総称のことを意味する言葉です。

そのため、俳優、ミュージシャン、モデル、コメディアン、アナウンサー、声優、ナレーター、落語家、舞踊家など様々な人を対象に使うことができると覚えておきましょう。

また、「芸能人」は総称なのでテレビやラジオ、映画や舞台に雑誌などに出ている人達にも使うことができます。

「芸能人」の類語

「芸能人」の類語・類義語としては、人々を楽しませる方法を身につけている人のことを意味する「エンターテイナー」、 世間に名が知られている人のことを意味する「有名人」などがあります。

「タレント」の例文

1.私はアイススケートを引退したあとは、スポーツタレントとしてテレビに出演しています。
2.彼は塾講師の肩書だが、もはやテレビタレントと言っても過言ではない。
3.お笑いタレントはとても人気なので、様々なテレビ番組に出演しています。
4.タレントを目指す人も多くいるが、狭き門なので脱落する人がほとんどです。
5.今のサッカー界はタレントが豊富なので、日本代表戦を観ていてとても楽しいです。

この言葉がよく使われる場面としては、テレビやラジオ番組に出演する歌手や俳優のことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、才能や技量がある人のことを表現したい時にも使います。

例文1から例文4の「タレント」はテレビやラジオ番組に出演する歌手や俳優のこと、例文5の「タレント」は才能や技量がある人のことの意味で使われています。

「芸能人」の例文

1.芸能人に出演依頼をするために、芸能事務所にメールを送ることにしました。
2.人気芸能人同士の結婚ニュースが流れ、SNSはとても盛り上がっていました。
3.憧れの芸能人に会うために、コンサートの抽選は欠かさず応募しています。
4.通勤時間はとても暇なので、芸能人ニュースのまとめサイトを見て時間を潰しています。
5.芸能人のニュースに疎いので、超人気グループが解散したことを先程知りました。

この言葉がよく使われる場面としては、芸能を職業としている人の総称のことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「芸能人」はとても幅広い範囲で使うことができる言葉です。

「タレント」と「芸能人」はどちらもテレビやメディアで活躍する人のことを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、テレビやラジオ番組に出演して発言をメインとした仕事をしている人のことを表現したい時は「タレント」、芸能を職業としている人の総称のことを表現したい時は「芸能人」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター