今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:28,626件

【反省を生かす】と【反省を活かす】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「はんせいをいかす」という読み方の「反省を生かす」と「反省を活かす」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「反省を生かす」と「反省を活かす」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「反省を生かす」と「反省を活かす」の違い

「反省を生かす」と「反省を活かす」の意味の違い

「反省を生かす」と「反省を活かす」の違いを分かりやすく言うと、「反省を生かす」公用文で使える、「反省を活かす」は公用文で使えないという違いです。

「反省を生かす」と「反省を活かす」の使い方の違い

一つ目の「反省を生かす」を使った分かりやすい例としては、「前回の反省を生かすために今回は早い段階から準備を進めました」「反省を生かすことで社内の生産量が増えました」「健康診断の反省を生かして食生活を見直すことにしました」などがあります。

二つ目の「反省を活かす」を使った分かりやすい例としては、「中間試験の反省を活かすことで期末試験で良い点数を取ることができました」「反省を活かすために失敗は必要なことだと思います」「前回大会の反省を活かして今大会に臨みました」などがあります。

「反省を生かす」と「反省を活かす」の使い分け方

「反省を生かす」と「反省を活かす」は同音の言葉で意味も同じなため大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「反省を生かす」は公用文でも使えるのに対して、「反省を活かす」は公用文では使えないという点です。

ではなぜ、「反省を活かす」が公用文では使えないのかというと、「活かす」という読み方が常用漢字表に載っていないのが理由になります。

常用漢字とは、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安として、内閣告示の常用漢字表で示された日本語の漢字のことです。

常用漢字はあくまで漢字使用の目安であって制限ではないので、常用漢字以外は使えないというわけではありません。ただし、公用文や新聞などでは常用漢字を使用するのが好ましいとされています。

ただし、能力や経験の活用の場合には「活かす」の方を使うという説もあるので、公用文以外であれば「反省を活かす」を使用しても問題ありません。また、「反省を生かす」に違和感があるのであれば、ひらがなの「反省をいかす」を使うのがいいでしょう。

「反省を生かす」と「反省を活かす」の英語表記の違い

「反省を生かす」も「反省を活かす」は日本語特有の表現なので直訳した英語はありませんが、近い表現として「make use of this experience」があります。

「反省を生かす」の意味

「反省を生かす」とは

「反省を生かす」とは、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することを意味しています。

「反省を生かす」の使い方

「反省を生かす」を使った分かりやすい例としては、「反省を生かすことは自分の成長へ繋がります」「次回は反省を生かして頑張りたいです」「幸せになるために昨年の反省を生かす」「本番は模擬テスト反省を生かす」などがあります。

「反省を生かす」は自分のよくなかった点を認めて改めようと考えることを意味する「反省」に、有効に使うことを意味する「生かす」が合わさり、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することの意味で使われている言葉です。

「反省を生かす」は失敗や課題を前向きに受け止めて次に繋げる場合に使う言葉です。そのため、プラスのイメージを伴っていると覚えておきましょう。

「反省を生かす」の「生かす」は生命に関わることに関して使うイメージが多いですが、「活かす」と全く同じ意味を持つ言葉なので、活用するという意味で使用しても問題ありません。

「反省を生かす」は公用文でも使える

「反省を生かす」の「生かす」は常用漢字表に載っている表現なので、公用文や新聞などでも使うことができます。

「反省を生かす」の類語

「反省を生かす」の類語・類義語としては、同じ失敗をしないようにして次に臨むことを意味する「失敗を生かす」、教え諭すことを意味する「教訓」などがあります。

「反省を活かす」の意味

「反省を活かす」とは

「反省を活かす」とは、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することを意味しています。

「反省を活かす」の使い方

「反省を活かす」を使った分かりやすい例としては、「失敗は誰にでもあるのでその反省を活かすことが大切です」「昨日の反省を活かすことができて良かったです」「去年の反省を活かして練習に取り組む」「反省を活かすことができませんでした」などがあります。

「反省を活かす」は自分のよくなかった点を認めて改めようと考えることを意味する「反省」に、有効に使うことを意味する「活かす」が合わさり、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することの意味で使われている言葉です。

「反省を活かす」は失敗や課題を前向きに受け止めて次に繋げる場合に使う言葉です。そのため、プラスのイメージを伴っていると覚えておきましょう。

また、「反省を活かす」はビジネスシーンや日常生活などの、様々な場面で使うことができる言葉です。

「反省を活かす」は公用文で使えない

「反省を活かす」は公用文や新聞などでは使うことができないので注意しましょう。なぜなら、「活かす」は常用漢字表に載っていない表現だからです。

「反省を活かす」の類語

「反省を活かす」の類語・類義語としては、悪いところを改めてよくすることを意味する「改善する」、経験したことを上手く使って役に立てることを意味する「経験を活かす」などがあります。

「反省を生かす」の例文

1.前回の反省を生かすことで、今回は無事勝利することができました。
2.仕事の反省を生かすために、定期的に自己分析を行っています。
3.前回の試験を反省を生かして、次回の試験までに効率的に勉強するつもりです。
4.お客様からのクレームの反省を生かすことで、サービス向上に努めます。
5.ただ失敗だけでして反省を生かすことをしないのであれば、成長することはできないと思いますよ。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「反省を生かす」は失敗や課題を前向きに受け止めて次に繋げる場合に使う言葉です。

「反省を活かす」の例文

1.失敗することは悪いことではなく、反省を活かすことができないのが問題です。
2.先週の試合の反省を活かすことで、今週は上手に立ち回ることができました。
3.失敗から学び反省を活かすことで、ここまで成長することができたと思います。
4.過去を振り返ってできなかったことや反省を活かすことは、次へのステップに進むには大事なことです。
5.チームで話し合いを行ない反省を活かすことで、生産性を向上させることができました。

この言葉がよく使われる場面としては、自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「反省を活かす」は失敗や課題を前向きに受け止めて次に繋げる場合に使う言葉です。

「反省を生かす」と「反省を活かす」はどちらも自分の良くなかった点を認めてそれを今後に有効活用することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、公用文でも使えるのが「反省を生かす」、公用文で使えないのが「反省を活かす」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター