【喫茶店】と【カフェ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「喫茶店」(読み方:きっさてん)と「カフェ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「喫茶店」と「カフェ」という言葉は、どちらも飲食物を提供する店であるという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。







喫茶店とカフェの違い

喫茶店とカフェの違いを分かりやすく言うと、「喫茶店営業許可」を取っている店は「喫茶店」であり、「飲食店営業許可」を取っている店は「カフェ」であるという違いです。

もっと分かりやすく考えると、アルコールの入っていない飲み物と軽食だけを提供するのが「喫茶店」で、アルコール類を含む飲み物と料理を提供することが出来るのが「カフェ」であるという違いです。

日本で食を扱う仕事をする場合には「食品衛生法」という法律に従う必要があります。食品衛生法には、食品を扱う店が取得しなくてはならない許可証について細かく定められています。どのような食品を扱うかによって、取得すべき許可証は異なるものです。

喫茶店やカフェを経営するためには、「喫茶店営業許可」または「飲食店営業許可」の許可証が必要になります。この二つの許可証は、その店が何を提供する店であるかによって、どちらが必要か決まるものです。

一般的に「喫茶店」と呼ばれる店では「喫茶店営業許可」の許可証が必要となります。この許可証で何が出来るのかと言うと、飲み物と簡単な調理をした軽食を提供することが出来ます。ここで言う簡単な調理とはパンを焼いてトーストにする程度のものです。

この喫茶店営業許可の許可証を持っている店のことを「喫茶店」と呼びます。喫茶店では、飲み物や軽食、もしくは既に出来上がっているケーキや焼き菓子などを提供することが可能です。飲み物はアルコールの入っていない飲料に限ります。

また、軽食と言っても、調理が必要になるオムライスやパスタなどの食事を提供することは出来ません。あくまでも、片手間で出来る適度の食事のみの提供が許されているものです。

対する「飲食店営業許可」の許可証を持っている店のことを、一般的には「カフェ」と呼びます。カフェでは、飲み物の他に料理を提供することが出来ます。本格的な調理を必要とするオムライスやパスタなどを提供するためには、こちらの許可証が必要です。

カフェでは、アルコール類を提供することも可能です。店員がメニューを考えて、料理を提供したり、オリジナルのソフトドリンクやアルコール類を提供したりするためには、この飲食店営業許可の許可証が必要となります。

これらの許可証は店を出す地域の保健所で取得することが出来るものです。喫茶店営業許可は、飲食店営業許可よりも許可証が取りやすいものであると言われています。

ただし、紛らわしいのが、その店の店名と持っている許可証の名称が一致していなくても良いというところです。「○○喫茶店」という店名でも、飲食店営業許可の許可証を取っていて、料理を提供できる店もあります。

反対に、「○○カフェ」という店名でも、許可証については喫茶店営業許可しか取っていないために、飲み物と軽食しか出すことの出来ない店もあります。

厳密に、喫茶店とカフェの違いを知りたい場合は、その店が何を提供しているかを確認するようにしましょう。

喫茶店の意味

喫茶店とは、コーヒーや紅茶などのアルコールの入っていない飲み物や軽食を客に提供する店のことを意味しています。ここで言うところの軽食というのは、焼いたトーストや、既に出来上がっていて調理の必要がないケーキや焼き菓子などのことです。

喫茶店の「喫茶」という言葉は、元々鎌倉時代に中国から伝来したお茶を飲む習慣や作法のことを意味するものでした。その時代では、喫茶の他に、喫茶室、茶房(読み方:さぼう)、茶寮(読み方:さりょう)などと呼ばれていたものです。

現代で言うところの「喫茶店」というのは、保健所から「喫茶店営業許可」の許可証を得た店舗のことを指します。この許可証は、店側が客に対して、アルコールを含まない飲み物と、軽食を提供することを許すものです。

しかし、喫茶店をイメージすると、昔懐かしいナポリタンやオムライスなどを想像する人も多いかと思います。ですが、実際には喫茶店を開くための条件である喫茶店営業許可の許可証では、そのような料理を提供することは出来ません。

このような調理が必要な料理を提供するためには、飲食店営業許可の許可証が必要になります。ただし、店名を「○○喫茶店」としながら、飲食店営業許可の許可証を取得することは可能です。

店名と許可証は一致していなくても問題ないものとされています。自分が来店したのが喫茶店なのかカフェなのか迷った場合には、その店が提供している飲食物の種類を見て判断するようにすると分かりやすいでしょう。

カフェの意味

カフェとは、コーヒーや紅茶などの他に、アルコール飲料や食事を客に提供する店のことを意味しています。ここで言う食事の提供は、店側がメニューを考えて調理をしたものなども含み、複雑な料理を提供することも可能です。

カフェという言葉は、元々、大正、昭和初期時代に、洋酒などを提供していた店のことをカフェ、カッフェー、キャフェなどと呼んでいたものです。

フランス語表記では「Café」、イタリア語表記では「Caffè」となります。これはコーヒーを意味する言葉でもあります。

当時、日本では、フランスのカフェを意識して、オシャレな外観やテラス席を隣接させたカフェテラスなどを展開しました。近年ではカフェも多様化していて、コーヒー専門のコーヒーカフェや、紅茶を中心としたティーサロンカフェなどもあります。

現代で言うところの「カフェ」というのは、保健所から「飲食店営業許可」の許可証を得た店舗のことを指します。この許可証は、店側が客に対して、アルコール飲料を含む飲み物と、きちんと調理をした料理を提供することを許すものです。

ただし、この飲食店営業許可の許可証は、持ち帰り用のケーキやアイスクリームの販売などをすることは許可していません。これらのものを持ち帰りで販売する場合には、菓子製造業の許可証やアイスクリーム類製造業の許可証が必要となります。

このように、カフェというものは、コーヒーなどの飲料の他に、手の込んだ料理やアルコールなどを提供することが出来る店だと覚えておくようにしましょう。

ただし、喫茶店の項目でも記載した通り、店名と許可証は一致していなくても問題はありません。「○○カフェ」という店名でも、喫茶店営業許可の許可証しか取っていないためにアルコール類や料理を提供できない店もあります。

喫茶店の例文と使い方

1.休日はジャズ喫茶に通って、ゆっくり音楽を楽しんでいる。
2.最近、弟は漫画喫茶に入り浸っているようだ。
3.喫茶店と言えば、やっぱりナポリタンのイメージがあるなぁ。
4.伝統的な劇場などに行くと、喫茶室と呼ばれる休憩室があったりする。
5.小さい頃、夏の暑い日に、喫茶店で飲むクリームソーダが好きだった。

この言葉がよく使われる場面としては、アルコールを含まない飲み物や軽食を提供する店のことを表現したい時などが挙げられます。出される料理は軽食に限られていて、ちゃんとした調理が必要なものを出すことは出来ません。

喫茶店というのは、保健所から発行される「喫茶店営業許可」の許可証を取得した飲食店のことです。ただし、この許可証では、アルコールの提供や調理が必要な料理を出すことは許されていません。

例文3のようにナポリタンなどの料理を出す店は、店名が「○○喫茶店」となっていても、喫茶店営業許可の他に、飲食店営業許可の許可証を取っている店舗であると言うことが出来ます。店名としては喫茶店でも、業種としてはカフェなどにあたるものです。

カフェの例文と使い方

1.疲れたから、カフェでお茶でもしていかない?
2.今日は昼ご飯を食べすぎたので、夕飯はカフェで軽く済ませることにした。
3.高校の同級生と久しぶりに会って、カフェで楽しくお茶をした。
4.フランス旅行をしたら、憧れのカフェであるドゥマゴでお茶をしたいな。
5.ここのカフェでは、夕方5時を過ぎるとビールを飲むことが出来るよ。

この言葉がよく使われる場面としては、アルコールを含む飲み物や料理などを提供する店のことを表現したい時などが挙げられます。カフェは、保健所から飲食店営業許可の許可証を取得している店舗の一種です。

カフェというのは、喫茶店と違い、飲食店営業許可の許可証を持っている必要があります。この許可証を取得することで、アルコール類や、複雑な調理を必要とする料理も提供することが可能になります。

日本のカフェというのは、例文4のようなフランスやイタリアなどにあるカフェを意識してオシャレな外装で造られていることが多くあります。テラス席が併設されていることもあり、これらはカフェテラスと呼ばれたりもします。