今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:28,626件

【大いに】と【多いに】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「おおいに」という読み方の「大いに」と「多いに」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「大いに」と「多いに」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「大いに」と「多いに」の違い

「大いに」と「多いに」の意味の違い

「大いに」と「多いに」の違いを分かりやすく言うと、「大いに」とは程度が大きいこと、「多いに」とは数や量が多いことという違いです。

「大いに」と「多いに」の使い方の違い

一つ目の「大いに」を使った分かりやすい例としては、「今夜は大いに飲みましょう」「私たちは大いに感謝しております」「滅多にない機会なので大いに活用しようと思います」「それは大いに役立ちます」などがあります。

二つ目の「多いに」を使った分かりやすい例としては、「人が集まる地域なら仕事も多いに違いありません」「予備の食料は多いに越したことはない」「お金は多いに越したことはないと思います」などがあります。

「大いに」と「多いに」の使い分け方

「大いに」と「多いに」は同音の言葉ですが、意味は異なっているので間違いないように注意しましょう。

「大いに」は程度が大きいことを意味しているので、「大いに期待している」「大いに盛り上がろう」「大いに感謝している」などのように、程度が甚だしいことを表現したい場合に使います。また、辞書に載っている表現です。

一方、「多いに」は数や量が多い場合に使う言葉になります。また、実際には「多いに」という単語は存在しておらず、「多い」と「に」が合わさった言葉であると覚えておきましょう。そのため、辞書には載っていない表現です。

「大いに」と「多いに」の英語表記の違い

「大いに」を英語にすると「very」「greatly」となり、例えば上記の「それは大いに役立ちます」を英語にすると「It helps me greatly」となります。

一方、「多いに」を英語にすると「many」「much」「a lot of」「plenty of」となります。

「大いに」の意味

「大いに」とは

「大いに」とは、程度が大きいことを意味しています。

表現方法は「大いに楽しむ」「大いに期待している」「大いに盛り上がる」

「大いに楽しむ」「大いに期待している」「大いに盛り上がる」などが、「大いに」を使った一般的な言い回しになります。

「大いに」の使い方

「大いに」を使った分かりやすい例としては、「この件に関しては大いに反省しています」「修学旅行を大いに楽しみました」「重要な証拠を見逃してしまっている可能性は大いにある」「ここ数年で日本のサッカーは大いに進歩している」などがあります。

「大いに」は程度が大きいことを意味する副詞です。副詞とは品詞の一つであり、他の言葉を修飾して説明を加えるという役割を担っています。

「大いに」は日常生活、ビジネスシーン、スポーツシーンなど様々な場面で使う言葉です。また、「大いに楽しむ」「大いに反省する」などのように、プラスとマイナスどちらのイメージでも使うことができます。

「大いに」の類語

「大いに」の類語・類義語としては、並の程度でないことを意味する「非常に」、程度の甚だしいことを意味する「大変」、普通の程度をはるかに超えていることを意味する「甚だ」、この上ないことを意味する「極めて」などがあります。

「多いに」の意味

「多いに」とは

「多いに」とは、数や量が多いことを意味しています。

表現方法は「多いに越したことはない」「多いに違いない」

「多いに越したことはない」「多いに違いない」などが、「多いに」を使った一般的な言い回しになります。

「多いに」の使い方

「多いに」を使った分かりやすい例としては、「戦力は多いに越したことはないだろう」「人が集まるクラブなら出会いも多いに違いありません」「緊急時のためのインスタント食品が多いに越したことはないだろう」などがあります。

「多いに」は数や量が多いことを表現したい場合に使う言葉です。

「多いに」は辞書に載っていない表現

ただし、「多いに」という単語は存在辞書に載っていない言葉になります。なぜなら、「多いに」は数や量がたくさんある「多い」と理由が原因を表す「に」が合わさった表現だからです。

そのため、「多いに」は「多いに越したことはない」のような、一定の場面でだけ使う言葉であると覚えておきましょう。

「多いに」の類語

「多いに」の類語・類義語としては、数量の多いことを意味する「沢山」、人や物の数が多いことを意味する「多数」、数量の多いことを意味する「大量」などがあります。

「大いに」の例文

1.人気アニメとタイアップすることで、この街を大いに盛り上げていきたいです。
2.新規プロジェクトを失敗してしまった私たちは、大いに反省しなければなりません。
3.とある有名通訳の逮捕報道に、日本国民は大いに驚きました。
4.彼は甲子園で10本ものホームランを放ち、チームの優勝に大いに貢献しました。
5.今年の学園祭は大物ゲストも登場し、大いに盛り上がりました。

この言葉がよく使われる場面としては、程度が大きいことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「大いに」は様々な場面で使うことができる言葉です。

「多いに」の例文

1.練習相手が多いに越したことはないので、たくさんの人に声を掛けてみようと思います。
2.東京なら就職先も多いに違いなので、大学を卒業したら上京しようと思います。
3.老後を考えたら貯金は多いに越したことはないので、若いうちからコツコツ貯めようと思います。
4.人気オンラインゲームなら人口も多いに違いないので、きっと気の合う人も見つかるだろう。
5.話の引き出しは多いに越したことはないので、若いうちから色々経験するのが多いのがいいだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、数や量が多いことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「多いに」は一定の場面でだけ使う言葉です。

「大いに」と「多いに」は同音の言葉ですが意味は異なっています。どちらの言葉を使うか迷った場合、程度が大きいことを表現したい時は「大いに」を、数や量が多いことを表現したい時は「多いに」を使うと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター