今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:27,346件

【合間合間に】と【合間に】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「合間合間に」(読み方:あいまあいまに)と「合間に」(読み方:あいまに)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「合間合間に」と「合間に」という言葉は、どちらも物事の途切れる間の時間に何かやることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「合間合間に」と「合間に」の違い

「合間合間に」と「合間に」の意味の違い

「合間合間に」と「合間に」の違いを分かりやすく言うと、「合間合間に」は繰り返しの意味がある、「合間に」は繰り返しの意味がないという違いです。

「合間合間に」と「合間に」の使い方の違い

一つ目の「合間合間に」を使った分かりやすい例としては、「合間合間に書いていた小説がやっと完成しました」「本業をやりながら合間合間に転職活動の準備をする」「父は合間合間に庭いじろをしている」などがあります。

二つ目の「合間に」を使った分かりやすい例としては、「勉強の合間に母のお手伝いをする」「通常業務の合間に別の資料を作成することにしました」「電車に乗っている合間に仮眠を取ることにしました」「授業の合間に学生と会う」などがあります。

「合間合間に」と「合間に」の使い分け方

「合間合間に」と「合間に」はどちらも物事の途切れる間の時間に何かやることを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「合間合間に」は物事の途切れる間の時間に何かやることを意味する「合間に」を繰り返した言葉なので、一回だけでは終わらなく、小さな時間に何回も繰り返して行いたい場合に使います。

一方、「合間に」は繰り返す表現はないので、物事の途切れる間の時間に一回だけ何かをする場合に使うというのが違いです。

「合間合間に」と「合間に」の英語表記の違い

「合間合間に」も「合間に」も英語にすると「in the intervals」「in one’s spare time」となり、例えば上記の「授業の合間に学生と会う」を英語にすると「I see students in the intervals between classes」となります。

「合間合間に」の意味

「合間合間に」とは

「合間合間に」とは、物事の途切れる間の時間に何かやることを意味しています。

表現方法は「仕事の合間合間に」「勉強の合間合間に」

「仕事の合間合間に」「勉強の合間合間に」などが、「合間合間に」を使った一般的な言い回しになります。

「合間合間に」の使い方

「合間合間に」を使った分かりやすい例としては、「仕事の合間合間にお菓子を食べて息抜きをする」「勉強の合間合間にSNSをチェックする」「合間合間に書いていた漫画がやっと完成しました」「両親は合間合間に家庭菜園をする」などがあります。

「合間合間に」は物事の途切れる間の時間に何かやることを意味する「合間に」を繰り返した表現なので、一回だけでは終わらなく小さな時間に何回も繰り返して行うことを表現した言葉です。

そのため、一回で終わってしまう場合には、繰り返す必要のない「合間に」を使うといいでしょう。

重要なことや優先するべきことは時間をしっかりと取って行うのが普通なので、「合間合間に」は優先すべきではないことを空いている時間に進めるというニュアンスで使います。

「合間合間に」は様々な場面で使える

また、「合間合間に」はビジネスシーンだけではなく、日常生活などの様々な場面で使うことができる言葉です。

「合間合間に」の類語

「合間合間に」の類語・類義語としては、何もしていないちょっとした時間のことを意味する「隙間時間」、手が空いている時のことを意味する「手隙き」などがあります。

「合間に」の意味

「合間に」とは

「合間に」とは、物事の途切れる間の時間に何かやることを意味しています。

表現方法は「仕事の合間に」「勉強の合間に」

「仕事の合間に」「勉強の合間に」などが、「合間に」を使った一般的な言い回しになります。

「合間に」の使い方

「合間に」を使った分かりやすい例としては、「勉強の合間にテレビを観ることにしました」「私は家事の合間に資格の勉強をしています」「映画撮影の合間に出るお弁当がとてもおいしいです」「仕事の合間に子供を送り迎えしました」などがあります。

「合間に」は物事の途切れる間の時間に何かやることを意味する言葉で、基本的に時間的な意味で用いるのが一般的です。

重要なことや優先するべきことは時間をしっかりと取って行うのが普通なので、「合間に」は優先すべきではないことを空いている時間に進めるというニュアンスで使います。

また、「合間に」は隙間時間の一回で終わる作業について使うと覚えておきましょう。もし、繰り返し作業を行うようであれば、「合間に」を繰り返した言葉である「合間合間に」を使うのが一般的です。

「合間に」は様々な場面で使える

「合間に」はビジネスシーンだけではなく、日常生活などの様々な場面で使うことができると覚えておきましょう。

「合間に」の類語

「合間に」の類語・類義語としては、 物事の切れ目のことを意味する「区切れ」、 連続している事と事のあいだの時間のことを意味する「間」などがあります。

「合間合間に」の例文

1.上司が仕事の合間合間に文句を言ってくるので、パワハラで訴えたいです。
2.忙しくてプライベートの時間がほとんどないので、移動時間の合間合間に読書をしています。
3.勤務の合間合間に、彼女へメッセージを送るのが日常です。
4.本業の合間合間に指導していた子が、プロユースチームに合格したと聞いて喜びました。
5.仕事の合間合間に書いていた小説が完成したので、早速小説サイトへアップロードすることにしました。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の途切れる間の時間に何かやることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「合間合間に」は日常生活とビジネスシーンどちらでも使える言葉です。

「合間に」の例文

1.待ち合わせ時間よりも早く到着したので、その合間に買い物をすることにしました。
2.仕事の合間に飲む紅茶がなくなったので、休日に買いに行くことにしました。
3.応援しているサッカーチームが試合中なので、撮影の合間にネットニュースで試合結果をチェックする。
4.仕事の合間にコンビニへ行って、アイスを買うのがささやかな楽しみです。
5.恵まれない子供たちを救いたいので、仕事の間にボランティア活動をしています。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の途切れる間の時間に何かやることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「合間に」は日常生活とビジネスシーンどちらでも使える言葉です。

「合間合間に」と「合間に」はどちらも物事の途切れる間の時間に何かやることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、繰り返しの意味があるのが「合間合間に」、繰り返しの意味がないのが「合間に」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター