【ローレル】と【ローリエ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ローレル」と「ローリエ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ローレル」と「ローリエ」という言葉は、どちらも植物の名称を表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。

ローレルとローリエの違い

ローレルとローリエの違いを分かりやすく言うと、月桂樹という植物の英語読みか、フランス語読みかの違いです。ローレルとローリエは同じ植物の名称を意味しています。

ローレルとは、英語であり「laurel」というスペルで書きます。和名で言うところの月桂樹のことで、主にハーブや香辛料として使われるものです。月桂樹はクスノキ科の常緑高木です。

一方、ローリエとは、フランス語であり「laurier」というスペルで書きます。こちらもローレルと同じく和名で言うところの月桂樹を意味しています。

月桂樹は、古代ギリシャでは神聖な木であるとされていて、月桂樹の葉を編んだ冠を戦やスポーツの勝者に名誉の証として与えていたという歴史があります。

近年でも、オリンピックの聖火ランナーやスポーツ競技の優勝者などには、月桂樹の冠が与えられています。

また、月桂樹の葉には、はっきりとした香りがあり、香辛料として使用されることも多くあります。そのことから、一説には葉の形をそのままに使う場合を「ローレル」、粉末状にして香辛料として使う場合を「ローリエ」と呼ぶとしている場合もあります。

しかし、使い分け方に明確な決まりはないので、「ローレル」「ローリエ」と聞いたら、どちらも月桂樹のことであると覚えておくようにしましょう。

「ローレル」「ローリエ」の名前の由来は、ラテン語の「Laudis」であると言われています。この「Laudis」というのは「賞賛する」という意味を持つ言葉です。そこから、聖火ランナーやスポーツ競技の勝者に月桂樹の冠が授与されるようになりました。

月桂樹は、ローレル、ローリエの他にも様々な名称で呼ばれる植物です。国によっては、「ベイリーフ」「ロールベールブレッター」などの名前で呼ばれることもあります。

ローレルの意味

ローレルとは、月桂樹の英語での呼び方を意味しています。英語では「laurel」というスペルで書きます。また、一説には葉の形のまま月桂樹を使う場合に「ローレル」と呼ぶとしている場合もあります。

ローレルとは、葉に香りのある植物の名称で、和名では「月桂樹」と呼ばれるものです。ローレルの語源はラテン語の「Laudis」であり、これは「賞賛する」という意味を持つ言葉です。

そのことから、月桂樹は葉の部分を編んで冠にして、オリンピックの聖火ランナーやスポーツ競技の勝者に授与されたりしています。

月桂樹の産地は、地中海東部、西アジア、ヨーロッパ地方などで、世界各国で広く栽培されています。その土地によって呼び方も異なっており、ローレル、ローリエの他にも「ベイリーフ」「ロールベールブレッター」などの名前で呼ばれることがあります。

ローリエの意味

ローリエとは、月桂樹のフランス語の呼び方を意味しています。フランス語では「laurier」というスペルで書きます。一説には、粉末状にして香辛料として使用する際には「ローリエ」と呼ぶとしている場合もあります。

ローリエは、葉の部分に香りがあることから、香辛料として使用されることが多い植物です。炒め物や煮物などに使用されたり、魚や肉の臭みなどを消すために使われたりすることがあります。

しかし、長時間火にかけると苦みが出てしまうので、火を通す場合には短時間でとどめるのが良いとされています。

地域によっては、粉末ではなく葉の形のまま香辛料として使用する場合もあります。その場合は、葉に切れ目を入れて折り曲げるなどして香りが出やすい状態にしてから使うことが多いです。

ローレルの例文と使い方

1.ローレルとは月桂樹の英語での呼び方らしいよ。
2.オリンピックの聖火ランナーは、ローレルの葉を編んで冠にしたものをかぶって走る。
3.ローレルはギリシャ神話では聖なる樹とされていた。
4.ローレルの語源はラテン語の「賞賛する」という意味の言葉だそうだよ。
5.漢方薬としてローレルが使われることもあるそうだ。

この言葉がよく使われる場面としては、月桂樹を英語呼びで表現する時などが挙げられます。葉の状態のまま使用する場合に「ローレル」と呼ぶとされることもあります。

ローレルというのは月桂樹のことを指す言葉です。月桂樹はクスノキ科の常緑高木で、世界各国で広く栽培されています。ギリシャ神話では聖なる樹とされていて、賞賛の証という意味を持っている植物です。

一般的によく知られているのは、オリンピックの聖火ランナーや、スポーツ競技の優勝者に授与される月桂樹の葉で出来た冠などが挙げられます。葉の部分が大きく、はっきりとした香りがあるのが特徴です。

ローリエの例文と使い方

1.ローリエとは月桂樹のフランス語での呼び方らしいよ。
2.ローリエを香辛料として使う場合は、臭い消しとしても使われるよ。
3.ローリエはあまり煮込んでしまうと苦くなるよ。
4.月桂樹の葉を香辛料として使う場合に「ローリエ」と呼ぶとする説もある。
5.ローリエは医薬品ではないとされているけれど、漢方薬としては使われている。

この言葉がよく使われる場面としては、月桂樹をフランス語呼びで表現する時などが挙げられます。粉末にして香辛料として使用する場合に「ローリエ」と呼ぶとされることもあります。

ローリエの葉には、はっきりとした香りがあり、肉や魚などの生臭さを消すために使用されたり、料理の香り付けのために使用されたりします。炒め物や煮込み料理に使われることもありますが、長時間煮込むと苦みが出ることもあるので注意が必要です。

ローレルもローリエも同じ植物であり、和名で呼ぶところの月桂樹のことです。栄誉の証として使われたり、香辛料として使われたりするものであると覚えておくようにしましょう。