【シャベル】と【スコップ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:484件/累計買取件数:3,556件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た意味を持つ「シャベル」と「スコップ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「シャベル」と「スコップ」という言葉は、どちらも土などを掘る道具であるという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



シャベルとスコップの違い

シャベルとスコップの意味の違い

シャベルとスコップの違いを分かりやすく言うと、土を掘る道具を英語で表現したものが「シャベル」で、オランダ語で表現したものが「スコップ」という違いです。

また、シャベルとスコップというのは、道具の大きさや形状、使う目的によって呼び方に地域差があるものでもあります。

シャベルとスコップのJIS規格での違い

まずは大きさや形状について考えてみます。日本には、日本工業規格(通称JIS規格)と呼ばれる工業製品に関する規格を定める組織があります。

そのJIS規格の定めるところで言うと、掘る部分が平らで、土を深く掘るために足をかける場所があるものをシャベル、またはショベルと呼びます。一方、掘る部分がなだらかな曲線状のものをスコップと呼ぶという風に決められています。

シャベルとスコップの使用目的での違い

次に、使用目的で考えてみます。目的別に考えると、土を掘りやすい形状で、先端が尖っているものをシャベル、雪かきをするために、先端が真っ直ぐになっているものをスコップと呼ぶという区別の仕方もあります。

シャベルとスコップの関東関西での違い

最後に地域差で考えてみます。地域で考えてみると、東日本では、大型のものをスコップと呼び、小さいものをシャベルと呼ぶのが主流です。しかし、西日本では逆に、大きいものをシャベル、小さいものをスコップと呼ぶのが主流となっています。

シャベルは英語でスコップはオランダ語

このように、シャベルとスコップというのは、形状や使用目的、地域によって呼び方が異なってくるものです。共通して言える違いとすれば、シャベルは英語の表現であり、スコップはオランダ語の表現であることだと覚えておくようにしましょう。

シャベルの意味

シャベルとは、土などを掘るための道具の英語での呼び方を意味しています。英語のスペルでは「Shovel」と書き、「シャベル」または「ショベル」と読みます。

シャベルの定義は色々とあり、日本工業規格(JIS規格)で決められているのは、上部が平であり、土などを掘る時に力をかけやすいように、足を置く場所があるものをシャベルとするとしています。

しかし、東日本では、土などを掘る道具のうち、小型のものをシャベルと呼び、関西や九州などの西日本では逆に大型のものをシャベルと呼ぶ傾向にあります。その他にも、先端が尖っているものをシャベルとするという見分け方もあります。

このように、シャベルという名称は、使用用途や地域によって様々な定義で呼ばれています。状況によって「シャベル」「ショベル」という言葉が指す道具は違うものであると覚えておくようにしましょう。

スコップの意味

スコップとは、土などを掘るための道具のオランダ語での呼び方を意味しています。オランダ語のスペルでは「Schop」と書き、「スコップ」と読みます。

スコップの定義は色々とあり、日本工業規格(JIS規格)で決められているのは、シャベルとは違い、上部がなだらかな曲線状のものをスコップと呼ぶとされています。

しかし、関東や東北そして北海道などの東日本では、土などを掘る道具のうち、大型のものをスコップと呼び、西日本では逆に小型のものをスコップと呼ぶ傾向にあります。その他にも、雪かきなどがしやすいように、先端が真っ直ぐなものをスコップとするという見分け方もあります。

このように、スコップという名称は、シャベルと同じように使用用途や地域によって様々な定義で呼ばれているものです。状況によって「スコップ」という言葉が指す道具は違うものであると覚えておくようにしましょう。

シャベルの例文

1.工事現場では、シャベルが必需品だ。
2.昨日の大雨で道路に土砂が積もってしまったので、シャベルで撤去作業をしている。
3.土を大量に掘るための道具をショベルカーと呼ぶ。
4.東日本では、土を掘る小型の道具をシャベルと呼ぶらしい。
5.昔はよくシャベルを使ったものだけれど、最近はコンクリートが増えてめっきり使わなくなったなぁ。

この言葉がよく使われる場面としては、土などを掘るための道具について英語で表現する時などが挙げられます。日本工業規格では、主に道具の上部が平らで、足をかけられるものをシャベルと呼ぶとしています。

しかし、上記に挙げた通り、シャベル、ショベルと呼ばれる道具の定義については様々です。使用用途により呼び方の違いや、地域差があるものです。状況によってシャベルという言葉の指すものは違うのだと覚えておくようにしましょう。

スコップの例文

1.明日は学校で朝顔を植えるので、スコップが必要です。
2.雪かきをするから、スコップを持ってきて!
3.オランダでは、深皿に敷き詰められたケーキを取り分ける際に使う大型のスプーンをスコップと呼ぶらしいよ。
4.家庭菜園をするために、可愛い色のスコップを買った。
5.東日本では、土を掘る大型の道具をスコップと呼ぶらしい。

この言葉がよく使われる場面としては、土などを掘るための道具についてオランダ語で表現する時などが挙げられます。日本工業規格では、主に道具の上部がなだらかな曲線状のものをスコップと呼ぶとしています。

しかし、シャベルと同じようにスコップと呼ばれる道具についても、その定義は様々です。状況によってスコップという言葉が指すものは違うのだと理解しておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター