【隔週】と【毎週】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:21件/今月の買取件数:573件/累計買取件数:3,012件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる日本人を探しています)

似た意味を持つ「隔週」(読み方:かくしゅう)と「毎週」(読み方:まいしゅう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「隔週」と「毎週」という言葉は、どちらも週単位の間隔を表しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



隔週と毎週の違い

隔週と毎週の意味の違い

隔週と毎週の違いを分かりやすく言うと、隔週とは一週間おきを意味し、毎週とは一週間ごとを意味するという違いです。

隔週と毎週の使い分け方

一つ目の隔週を使った分かりやすい例としては、「この雑誌は隔週月曜日に発売される」「仕事は毎週日曜日と隔週土曜が休みです」「ピアノのレッスンが隔週火曜日にある」「隔週日曜日で出勤しています」などがあります。

二つ目の毎週を使った分かりやすい例としては、「毎週刊行の雑誌を定期購読している」「毎週末に家族でドライブに行く」「趣味で毎週のようにキャンプに行っている」「毎週土曜日は英語の習い事がある」などがあります。

隔週と毎週という言葉は、週単位の間隔を表す言葉ですが、その間隔の違いが二つの言葉の違いになります。隔週とは一週間おきを意味し、一週へだてることを表します。毎週とは一週間ごとを意味し、週がかわるたびであることを表します。

「隔週月曜日」と「毎週月曜日」の違い

上記の例文の「隔週月曜日」とは一週間おきの月曜日であり、例えば第一週目の月曜日、第三週目の月曜日、第五週目の月曜日、、、というように一週間挟むことです。

これが「毎週月曜日」になると一週間ごとの月曜日であり、第一週目の月曜日、第二週目の月曜日、第三週目の月曜日、、、と週がかわるたびになります。

隔週は一週間とばすこと、毎週はとばさずに全ての週ごと、と考えれば良いでしょう。

隔週と毎週の英語表記の違い

隔週を英語にすると「every other [second] week」「every second week」「every two weeks」となり、例えば上記の「隔週月曜日に」を英語にすると「every other Monday」となります。

一方、毎週を英語にすると「every week」「each week」「weekly」となり、例えば上記の「毎週刊行」を英語にすると「weekly publication」となります。

隔週の意味

隔週とは

隔週とは、1週間おきを意味しています。

表現方法は「隔週休み」「隔週1回」「隔週土日休み」

「隔週休み」「隔週1回」「隔週土日休み」などが、隔週を使った一般的な言い回しです。

隔週の使い方

隔週を使った分かりやすい例としては、「隔週休2日制の会社に就職した」「隔週のゴミ出しは忘れがちだ」「隔週で家にお花が届くサービスを申し込んだ」「メルマガは隔週土曜日に配信される」などがあります。

その他にも、「このクリニックは土曜隔週休みだった」「隔週で週2日勤務と週3日勤務が入れ替わる」「古新聞は隔週水曜日に回収だ」「絵の習い事を隔週で続けている」「隔週の予定を自動入力できるアプリだ」などがあります。

隔週という言葉の「隔」とは、物理的にへだてることの他に、継続する時間単位を一つだけとばすことを表します。隔週とは週単位を一つとばした1週間おきのことを意味します。また、隔月は月単位を一つとばしたひと月おきのこと、隔年は年単位を一つとばした1年おきのことです。

「隔週休2日制」の意味

上記の例文の「隔週休2日制」とは、二日休みの週と一日休みの週が交互にある休日制度を表します。例えば、今週は土日休み、翌週は日曜のみ休み、翌々週は土日休み、といった規則性になります。対する言葉に「完全週休2日制」があり、どの週もお休みが二日あることを意味します。

隔週の類語

隔週の類語・類義語としては、一日おきを意味する「隔日」、ひと月おきを意味する「隔月」、1年の間をおくことや1年おきを意味する「隔年」などがあります。

隔週の隔の字を使った別の言葉としては、物事と物事とのあいだの時間を意味する「間隔」、へだたることやへだて離すことを意味する「隔離」、時代・世代がへだたっていることや時代が違うことを意味する「隔世」などがあります。

毎週の意味

毎週とは

毎週とは、1週間ごと、週がかわるたびを意味しています。

毎週の使い方

毎週を使った分かりやすい例としては、「毎週デートしたいのに忙しくて会えない」「息子は毎週日曜日のアニメを楽しみにしている」「趣味の句会に毎週参加している」「毎週の運勢をサイトでチェックしている」などがあります。

その他にも、「毎週水曜日にランチ会がある」「毎週末何かしらイベントがある」「学級新聞は毎週二回発行される」「毎週1キロ痩せることを目標にしている」「美容院に毎週行くなんてセレブだな」などがあります。

「毎週日曜日」「毎週二回」の意味

毎週という言葉の「毎」はそのたびごとを表し、 毎週とは一週間ごと、週がかわるたびを意味します。上記の例文の「毎週日曜日」とは、すべての週の日曜日を表します。また、「毎週二回」とは、どの週も二回あることを表します。

毎週の類語

毎週の類語・類義語としては、来る日も来る日もや日ごとを意味する「毎日」、つきづきや月ごとを意味する「毎月」、としごとや年々を意味する「毎年」などがあります。

毎週の毎の字を使った別の言葉としては、毎回やその度ごとを意味する「毎毎」、食事ごとや食事のたびを意味する「毎食」、物事があるたびにや事につけてを意味する「事毎に」などがあります。

隔週の例文

1.私の会社は隔週休2日制なので、完全週休2日制の友人たちが羨ましい。
2.娘が隔週土曜日に授業があることに不満を漏らすので、私が子供の頃は学校週6日制が当たり前だったことを教えた。
3.釣りが趣味なので、隔週刊の釣り情報雑誌を定期購読して最新情報をチェックしている。
4.今年度から人手不足で、休みの日も家で資料作成などしているので隔週二日休みの感覚だ。
5.「担当する隔週の予定」と書いてあるが、「各週の予定」の間違いだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、一週間おき、一週間へだてることを表現したい時などが挙げられます。

例文3にある「隔週刊」とは、2週間に1回発行する雑誌などのことを表す言葉です。例文4で使われている「隔週」は誤った表現であり、正しくは「各週」です。各週とは、それぞれの週を意味する言葉であり、1週間の間隔をあける「隔週」の同音異義語です。

毎週の例文

1.付き合っていないけれど毎週会う関係の男性がいて、そろそろ関係をはっきりさせたい。
2.忙しいのに毎週会いたがる男性心理にあるものは、やはり恋愛感情だと思っている。
3.毎週末に泊まりに来る彼氏がいるが、週末の過ごし方がマンネリ化していて関係を見直したい。
4.欠かさず観ているドラマを毎週録画にしていたのに、なぜか解除になっていて悔しくてたまらない。
5.英検の勉強のために、毎週日曜日の朝に英語のラジオ講座を聴くようにしている。

この言葉がよく使われる場面としては、一週間ごと、すべての週を表現したい時などが挙げられます。

例文3にある「毎週末」とは、毎週の週末であり、毎週の土日を表す言葉です。毎週週末と表現しても間違いではありませんが、毎週週末は書き言葉よりも話し言葉で使われる傾向があります。例文4にある「毎週録画」は、毎週決まった曜日と開始時間で録画することです。

隔週と毎週という言葉は、どちらも週単位の間隔を表す言葉です。どちらの言葉を使うか迷った場合、一週間おきを表現したい時は「隔週」を、一週間ごとを表現したい時は「毎週」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター