【反映】と【反影】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:21件/今月の買取件数:573件/累計買取件数:3,012件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる日本人を探しています)

同じ「はんえい」という読み方の「反映」と「反影」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「反映」と「反影」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



反映と反影の違い

反映と反影の意味の違い

反映と反影の違いを分かりやすく言うと、ほぼ同じ意味を持ちますが、反映は一般的によく使われて、反影はあまり使われないという違いです。

反映と反影の使い方の違い

一つ目の反映を使った分かりやすい例としては、「国民の意見を政治に反映させる」「消費者の声を商品開発に反映させる」「設定変更したのに反映されない」「森の緑が湖面に反映している」などがあります。

二つ目の反影を使った分かりやすい例としては、「都市計画には住民の意見を反影するべきだ」「私達の意見が反影されることはなかった」「反影がきらめく夕暮れ時が好きだ」「反影で赤く染まった雲が美しい」などがあります。

反映と反影の使い分け方

反映と反影という言葉は、どちらも「はんえい」と読み、「ある物の影響が他の物に及んで現れること」という共通の意味を持つ言葉です。この意味で使う場合、反映と反影のどちらを使っても間違いではありません。上記の例文の「住民の意見を反影する」の反影は反映に置き換えることが出来ます。

ただし、一般的には反影よりも反映のほうが使われる傾向があります。

共通する意味を持つ一方で、反映と反影はそれぞれ別の意味も持っています。反映は光や色が反射してうつることの意味も持ち、反影は夕日の照り返しの意味も持ちます。この意味で使われる場合は、反映と反影は互いに置き換えることができません。これが、反映と反影の明確な違いになります。

反映と反影の英語表記の違い

反映も反影も英語にすると「reflection」「influence」となり、例えば上記の「意見を反映する」を英語にすると「reflect one’s opinion」となります。

反映の意味

反映とは

反映とは、光や色などが反射して光って見えること、対照的に色がうつり合って美しさを増すことを意味しています。

その他にも、あるものの性質が他に影響して現れることの意味も持っています。

表現方法は「反映させる」「反映されない」「変更を反映する」

「反映させる」「反映されない」「変更を反映する」などが、反映を使った一般的な言い回しです。

反映の使い方

「青空が反映した美しい海を写真に収める」「銀世界に月の光が反映する」などの文中で使われている反映は「光や色が反射して光って見えること」の意味で使われ、「紅葉の赤と湖の深い緑の反映を描きたい」などの文中で使われている反映は「対照的に色がうつり合って美しさを増すこと」ています。

一方、「アンケートの集計結果をグラフに反映させる」「会社への貢献度も人事評価に反映する」「打合せの内容が企画書に反映されていない」などの文中で使われている反映は、「あるものの性質が他に影響して現れること」の意味で使われています。

反映という言葉は上記の例文のように複数の意味を持つ言葉です。「反」ははねかえすこと、「映」は光が反射して輝くことや像をうつし出すことを表します。反映とは、光や色が反射する物理的な意味と、物事の性質が影響する概念的な意味を持つ言葉なのです。

「反映論」の意味

反映という言葉を用いた日本語には「反映論」があります。これは哲学に関する言葉であり、認識は客観的実在の意識への反映であるとする唯物論的認識論を表します。「模写説」とも呼ばれています。

反映の類語

反映の類語・類義語としては、照り返すことや照り返しを意味する「反照」、物事の力や作用が他のものにまで及ぶことを意味する「影響」、あるものから他のものに積極的に作用をしかけるのことを意味する「働き掛け」などがあります。

反影の意味

反影とは

反影とは、夕日の照り返し、反照を意味しています。

その他にも、あるものの性質が他に影響して現れることの意味も持っています。

表現方法は「反影される」「反影する」「夕日の反影」

「反影される」「反影する」「夕日の反影」などが、反影を使った一般的な言い回しです。

反影の使い方

「ビルが反影してオレンジ色に染まる」「夕日が水面に反影している」「湖面が反影でキラキラ輝いている」「夕日の反影が街を染める」などの文中で使われている反影は、「夕日の照り返し、反照」の意味で使われています。

一方、「賞与は業績に反影するものだ」「ファッションは世相を反影する」「データ更新したのに反影されない」などの文中で使われている反影は、「あるものの性質が他に影響して現れること」の意味で使われています。

反影という言葉は、上記の例文のように二つの意味を持ちます。反影の「影」とは光が物にさえぎられてできる暗い部分のほかに光も表し、反影は反映する光、特に夕日の照り返しを意味します。また、性質が他に影響することの意味も持ち、この意味では反映と表記することができます。

反影の類語

反影の類語・類義語としては、光が照りかえすことや夕日の光を意味する「返照」、光や熱が反射することを意味する「照返す」、他のものに力を及ぼして影響を与えることを意味する「作用」などがあります。

反映の例文

1.北海道の「青い池」は、その名の通り一年中青く美しいが、5月は新緑が水面に反映し深みのある青となる。
2.地名は歴史や自然環境を反映するものが多いので、土地選びの参考にしている。
3.今度のイベント企画は、アンケート結果をもとにお客様の意見を反映させるように。
4.入金が画面に反映されるのは翌営業日になるので、本日は確認できません。
5.お店の口コミを投稿したのに、いつまで経っても反映されないのはネガティブな感想だからだろうか。

この言葉がよく使われる場面としては、光や色が反射して光って見えること、ある物の影響が他の物に及んで現われることを表現したい時などが挙げられます。

例文1で使われている反映は、光や色が反射して光って見えることの意味で使われいます。例文2から例文5にある反映は、ある物の影響が他の物に及んで現われることの意味で使われおり、反影に置き換えることができます。

反影の例文

1.穏やかな瀬戸内海はいつもきれいに水面が輝いているが、反影する夕方の時間帯はさらに格別である。
2.夕暮れ時の、反影でオレンジ色に染まる富士山を描こうと思う。
3.「歌は世につれ」というように、音楽は時代を色濃く反影するものである。
4.絶対王政では民意が反影されることがなかったため、不満を持つ人々が市民革命を画策するようになった。
5.今年は日本から反影月食が3回見られると書いてあるが、半影月食の間違いだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、夕日の照り返し、ある物の影響が他の物に及んで現われることを表現したい時などが挙げられます。

例文1や例文2にある反影は、夕日の照り返しの意味で使われています。例文3や例文4にある反影は、ある物の影響が他の物に及んで現われることの意味で使われています。例文5にある「反影月食」は誤り、正しくは「半影月食」であり、地球の半影に月が隠されて暗くなることです。

反映と反影という言葉は、どちらも「はんえい」と読み、「あるものの性質が他に影響して現れること」という共通する意味を持ちます。さらに反映には「光や色が反射して光って見えること」、反影には「夕日の照り返し」という別の意味も持っています。

どっちを使うか迷った場合は、一般的によく使われている反映を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター