今日の買取件数:20件/今月の買取件数:80件/累計買取件数:10,621件

【艶やか(あでやか)】と【艶やか(つややか)】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ漢字で読み方が違う「艶やか」(読み方:あでやか)と「艶やか」(読み方:つややか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「艶やか(あでやか)」と「艶やか(つややか)」という言葉は、どちらも美しいことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の違い

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の意味の違い

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の違いを分かりやすく言うと、艶やか(あでやか)とは美しくて華やかなこと、艶やか(つややか)とは光沢があって美しいことという違いです。

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の使い方の違い

一つ目の艶やか(あでやか)を使った分かりやすい例としては、「彼女は艶やかにほほ笑む」「艶やかに衣装に身を包む女性に目を奪われました」「彼女のドレス姿はとても艶やかでした」「彼女の艶やか舞台姿に皆が目を見張った」などがあります。

二つ目の艶やか(つややか)を使った分かりやすい例としては、「彼女の艶やかな肌がとても羨ましい」「艶やかなぶどうが美味しそうだったので思わず購入してしまいました」「彼女は美しく艶やかな髪をしている」などがあります。

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の使い分け方

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)は同じ漢字を使う言葉ですが、意味と読み方は異なっているので間違えないように注意しましょう。

艶やか(あでやか)は美しくて華やかなことを意味する言葉で、主に女性の容姿に対して使います。一方、艶やか(つややか)は光沢があって美しいことを意味しており、潤いがありつやつやしていることを表現したい使うというのが違いです。

艶やか(あでやか)を英語にすると「charming」「fascinatingly elegant」「bewitching」となり、例えば上記の「彼女の艶やか舞台姿に皆が目を見張った」を英語にすると「Her bewitching stage presence drew everyone’s attention」となります。

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)の英語表記の違い

一方、艶やか(つややか)を英語にすると「glossy」「shining」「shiny」となり、例えば上記の「彼女は美しく艶やかな髪をしている」を英語にすると「She has beautiful and shiny hair」となります。

艶やか(あでやか)の意味

艶やか(あでやか)とは

艶やか(あでやか)とは、美しくて華やかなことを意味しています。

表現方法は「艶やかに」「艶やかな」

「艶やかに」「艶やかな」などが、艶やか(あでやか)を使った一般的な言い回しになります。

艶やか(あでやか)の使い方

艶やか(あでやか)を使った分かりやすい例としては、「彼女は艶やかな衣装がとても似合っている」「艶やかなメイクを試してみたら男性陣から絶賛されました」「艶やかな着物を着ている女性に目を奪われた」などがあります。

艶やか(あでやか)は美しくて華やかなことを意味しており、主に女性の容姿に対して使います。また、褒め言葉として使うので、プラスのイメージを持つ言葉です。

艶やか(あでやか)は女性の容姿だけではなく、女性の仕草や植物の花など幅広い範囲で使うことができます。

艶やか(あでやか)の類語

艶やか(あでやか)の類語・類義語としては、妖しいほどに艶めかしく美しいことを意味する「妖艶」(読み方:ようえん)、容姿が艶やかで美しいことを意味する「艶麗」(読み方:えんれい)、人の心を惑わすような妖しい美しさのことを意味する「妖美」などがあります。

艶やか(つややか)の意味

艶やか(つややか)とは

艶やか(つややか)とは、光沢があって美しいことを意味しています。

表現方法は「艶やかだ」「艶やかな」

「艶やかだ」「艶やかな」などが、艶やか(つややか)を使った一般的な言い回しになります。

艶やか(つややか)の使い方

艶やか(つややか)を使った分かりやすい例としては、「透明感のある艶やかなお肌が羨ましいです」「艶やかな野菜で作ったカレーはとても美味しかった」「彼女の艶やかな歌声に感動してしまいました」「市場に寄ったら艶やかなたらこがあったので思わず購入する」などがあります。

艶やか(つややか)の特徴としては、直接人に対しては使わないという点です。

艶やか(つややか)はあくまでも、光沢があって美しいことを意味しているので、その人に直接使うのではなく、「あなたの髪の毛は艶やかだ」「艶やかな肌が羨ましい」などのように、光沢があって美しいものを形容して使います。

艶やか(つややか)の類語

艶やか(つややか)の類語・類義語としては、物の表面の輝いていることを意味する「光沢がある」、物の色彩や形などがはっきりしていて目立つことを意味する「鮮やか」などがあります。

艶やか(あでやか)の例文

1.パーティーで艶やかなドレスを着ている女性に一目惚れしたので、何としても連絡先を聞きたいです。
2.彼女の浴衣姿はとても艶やかだったので、一緒に歩いていると心臓がバクバク鳴っています。
3.自分自身を変えたといと思ったので、艶やかなメイクにチャレンジしました。
4.艶やかな女性を演じた女優さんの演技がとても素晴らしかったので、ファンになりました。
5.彼女は自分が艶やかであることを知っているので、男性陣の扱いがとても上手だ。

この言葉がよく使われる場面としては、美しくて華やかなことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、女性対して使うことが多い言葉です。

艶やか(つややか)の例文

1.夜更かしばかりしていると艶やかな肌にならないので、規則正しい生活を送ることにしました。
2.スーパーで艶やかなナスを見つけたので、思わず購入してしまいました。
3.このお店は艶やかな鯛を目の前で捌いてくれるので、いつも予約がいっぱいで中々行くことができません。
4.今人気急上昇中の彼女のような、美しく艶やかなロングヘアーに憧れています。
5.この化粧水を使うと艶やかな肌を手に入れられるらしいので、若い女性の間で大人気です。

この言葉がよく使われる場面としては、光沢があって美しいことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、肌や髪などに対しては使うものの、直接人に対しては使わない言葉になります。

艶やか(あでやか)と艶やか(つややか)はどちらも美しさを表す言葉ですが、意味は異なっています。どちらの言葉を使うか迷った場合、美しくて華やかなことを表現したい時は艶やか(あでやか)を、光沢があって美しいことを表現したい時は艶やか(つややか)を使うと覚えておきまそしょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター