今日の買取件数:20件/今月の買取件数:290件/累計買取件数:13,766件

【時下】と【目下】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「時下」(読み方:じか)と「目下」(読み方:もっか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「時下」と「目下」という言葉は、どちらも「今日このごろ」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




時下と目下の違い

時下と目下の意味の違い

時下と目下の違いを分かりやすく言うと、時下とは挨拶文で使われる言葉、目下とは挨拶文で使われない言葉という違いです。

時下と目下の使い方の違い

一つ目の時下を使った分かりやすい例としては、「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」「時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます」「時下ますますご清栄の段、お喜び申し上げます」などがあります。

二つ目の目下を使った分かりやすい例としては、「目下の目標は英語検定の取得です」「そのメカニズムは目下のところ不明です」「各地域で地震対策が目下の急務となっています」「素晴らしい景色が目下に広がる」などがあります。

時下と目下の使い分け方

時下と目下という言葉は、どちらも「今日このごろ、現在」を意味しますが、使い方には違いがあります。

時下とは、「時下ますます~」の形で、手紙や案内状またはビジネスメールの冒頭に置かれる言葉です。「立春の候」などの季節よって変わる時候の挨拶の代わりになります。時下は「今日このごろ」を意味しますが、主に挨拶文で使われ、話し言葉として使われることはありません。

目下とは、「当面するこの時、現在」を意味し、前述の時下とほぼ同じ意味を持つ言葉です。ただし、会話のなかや文章中に使われる言葉であり、時下のように挨拶文のなかで使われることはありません。また、「目下に広がる」のような使い方で、「目の前、すぐ近く」の意味も持つ言葉です。

時下と目下の英語表記の違い

時下も目下も英語にすると「nowadays」「present」「now」となります。ただし、手紙の挨拶文で使われる時下は特に英語に訳されることはなく、例えば上記の「時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます」を英語にすると「I hope this email finds you well」となります。

時下の意味

時下とは

時下とは、このごろ、当節、多く手紙の冒頭のあいさつに用いるを意味しています。

時下の使い方

時下を使った分かりやすい例としては、「拝啓 時下ますますご清祥のことと存じます」「時下益々ご健勝のこととお慶び申し上げます」「時下ますますご隆盛のこととお慶び申し上げます」「などがあります。

その他にも、「時下いよいよご清祥の由拝察いたします」「時下いよいよ御清祥の段、お慶び申し上げます」「時下益々ご隆昌のこととお慶び申し上げます」「時候の挨拶を省いて時下と書きました」などがあります。

時下は、もともと中国から伝わって日本語として定着した漢語の一つです。時下とは、「このごろ」や「この時節」を意味する言葉であり、「時下ますます」「時下益々」「時下いよいよ」の言い回しで、改まった手紙やビジネスメールなどの書き出しに置かれる言葉です。

正式な手紙や文書には、「新春の候」「新緑の候」「秋分の候」「師走の候」などの時候の挨拶を季節に合わせて使い分けますが、この時候の挨拶の代わりに一年中使える便利な言葉が「時下」になります。「拝啓」や「謹啓」などの頭語のあとに続くことが多くあります。

時下は挨拶文の冒頭で使用する言葉なので、「敬具」「草々」などのような結びの言葉としては使用できないので、気をつけてください。

時下の対義語

時下の対義語・反対語としては、今からのちや以後を意味する「今後」、現在より以前の時や過ぎ去った時を意味する「過去」、過ぎ去った時や以前を意味する「往時」などがあります。

時下の類語

時下の類語・類義語としては、現在や今を意味する「現下」、今日このごろを意味する「今日日」、このごろや最近を意味する「近頃」、現在を意味する「今来」、このごろや近ごろを意味する「頃者」などがあります。

目下の意味

目下とは

目下とは、目の前、すぐ近く、眼前を意味しています。

その他にも、「ただいま、さしあたり、現在」の意味も持っています。

目下の読み方

目下の読み方は「もっか」です。「めした」と読むことも出来ますが、その場合は「地位や年齢などが自分より下であること」を意味する別の言葉になります。

目下の使い方

「田園が目下に広がる眺めの良いホテルです」「災難が目下に迫ってくるのを恐れている」「これは私の目下で起こったことです」などの文中で使われている目下は、「目の前、すぐ近く」の意味で使われています。

一方、「市場は目下のところインフレが懸念されています」「目下の目標は体重3キロ減です」「英語力の向上が目下の課題です」「目下、時間の使い方が課題になっています」「新店舗立ち上げを目下検討中です」などの文中で使われている目下は、「ただいま、現在」の意味で使われています。

目下という言葉は、上記の例文にあるように二つの意味がありますが、「ただいま、現在」の意味で使われることが多くなっています。「目下勉強中です」「目下検討しております」のように、副詞的に使われることもあります。

目下の対義語

目下の対義語・反対語としては、現在のあとに来る時を意味する「未来」、これから先や未来を意味する「将来」、時間的にさかのぼった過去の一時期を意味する「昔」、過ぎ去った月日を意味する「いにしえ」などがあります。

目下の類語

目下の類語・類義語としては、過去から未来へと移り行く今を意味する「現在」、過去と未来との境になる時や現在を意味する「今」、今この時や現在を意味する「只今」、只今や現在を意味する「刻下」などがあります。

時下の例文

1.時下、貴社におかれましてはますますご清栄のことお慶び申し上げます。
2.拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
3.「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」と、送付状の冒頭に書きました。
4.時下で始めた手紙の結びにきまりはありませんが、相手を気遣う一言を書くと良いでしょう。
5.時候の挨拶を間違えてしまうと相手に対して失礼になるので、なるべく時下を用いるようにしています。
6.拝啓、時下ますますご清栄の段、大慶に存じます。平素は何かとご高配をいただき誠にありがとうございます。
7.時下益々のご隆盛のこととお慶び申し上げます。平素は何かとご高配いただき、誠にありがとうございます。さて弊社では創立記念といたしまして記念セールを行うこととなりました。
8.拝啓、時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。さてこの度、式典への参加希望のご書面を拝受いたしました。
9.時下いよいよご清栄の段、お慶び申し上げます。さて私儀、このたび株式会社〇〇の代表取締役社長に就任いたしました。
10.時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。さてこのたび、下記の場所でレストラン●●を開業いたしますので、よろしくお引き立てを賜りたくご案内申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、この頃、当節、ただいまを表現したい時などが挙げられます。

例文1は、会社宛てに使われる手紙や文書の表現です。「ご清栄」は会社などの組織の繁栄を喜ぶ挨拶の言葉です。似た言葉の「ご清祥」は、個人宛の手紙に使われるもので、相手の健康と幸せを喜ぶ挨拶の言葉です。

目下の例文

1.白い砂浜が目下に広がるフレンチレストランで、美味しいディナーをいただきました。
2.私は健康そのものですが、しいて言えば目下の問題は体重が増加傾向にあることでしょうか。
3.我が校の進学実績を向上させるためには、英語の強化が目下の課題となっております。
4.海外事業部に配属となり、目下のところ英語文書の読み方や書き方の習得が課題となっています。
5.各自治体において、急拡大する感染症の予防ワクチンを確保することが目下の急務となっています。
6.応援しているチームが目下6連勝中で単独首位を走り、このままいけばリーグ優勝も見えてきた。
7.目下の経済のことも考えないで、財政再建などと主張することがどれだけ庶民を苦しめるかまったくわかっていないようだ。
8.あのホテルは琵琶湖が目下に広がって、眺めが素晴らしかったのに、今は廃業してしまい泊まることができなくなってしまった。
9.会議では主力商品の売り上げの鈍化が目下の課題にあるなかで、どのようにして消費者に訴えかけるかが話し合われている。
10.この年になって投資を始めてみたものの、まだ分からないところも多いので、目下勉強中といったところだ。

この言葉がよく使われる場面としては、まのあたり、すぐ近く、ただいま、現在を表現したい時などが挙げられます。

例文1の文中にある目下は、「まのあたり、すぐ近く」の意味で用いられています。例文2から例文5の目下は、「ただいま、現在」の意味で用いられています。これらの例文にあるように、「ただいま、現在」の意味で使われることが多くなっている言葉です。

時下と目下という言葉は、どちらも「今日このごろ、現在」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、挨拶文の冒頭に用いる時には「時下」を、本文や会話のなかで用いる時は「目下」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター