今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【ユーモア】と【ユニーク】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ユーモア」と「ユニーク」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ユーモア」と「ユニーク」という言葉は、「独特なおかしさ」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ユーモアとユニークの違い

ユーモアとユニークの意味の違い

ユーモアとユニークの違いを分かりやすく言うと、ユーモアは人の笑いを誘うような洒落を表現する時に使い、ユニークは珍しいものを表現する時に使うという違いです。

ユーモアとユニークの使い方の違い

一つ目のユーモアを使った分かりやすい例としては、「彼は分かりにくいユーモアを言うが案の定分かってもらえない」「彼女ほどのユーモアのセンスはない」「ユーモアに富んだ会話を理解できない人も一定数存在する」などがあります。

二つ目のユニークを使った分かりやすい例としては、「ユニークな企業はどんどん奇抜な商品を生み出すが売れ行きは好調なようだ」「そんなユニークな考えは誰も思いつかないと言われた」「ユニークな方法で子どもたちを楽しませている」などがあります。

ユーモアとユニークの使い分け方

ユーモアとユニークはどちらも場を和ませるようなおかしさに対して使われている言葉ですが、使い方が若干異なります。

ユーモアは、人に面白いと感じさせるような洒落を指す言葉で、陰湿なものは「ブラックユーモア」という表現をすることもありますが、ユーモアという言葉だけで悪い意味として使われることはありません。

一方のユニークは、唯一のものや、少し変わったものに対して使われるため、悪い意味で捉えられることもありますが、本来はそういった意味はないため誤用とも言われています。

つまり、ユーモアは会話の手法の一環である洒落に対して使い、ユニークは物や人が珍しく少し変わっている様子に対して使います。そのため、「彼はユーモアな人」や「ユニークのセンス」のように置き換えて使うことはできません。

ユーモアとユニークの英語表記の違い

ユーモアを英語にすると「humor」となり、例えば上記の「分かりにくいユーモア」を英語にすると「heavy humor」となります。

一方、ユニークを英語にすると「unique」となり、例えば上記の「ユニークな企業」を英語にすると「an unique establishment」となります。

ユーモアの意味

ユーモアとは

ユーモアとは、人の心を和ませるような洒落を意味しています。

表現方法は「ユーモアがない」「ユーモアがある」「ユーモアを交える」

「ユーモアがない」「ユーモアがある」「ユーモアを交える」などが、ユーモアを使った一般的な言い回しです。

ユーモアの使い方

ユーモアを使った分かりやすい例としては、「勝負に負けたとて彼のユーモアは健在だった」「ユーモアは相手の心を開く鍵にもなり得る」「ユーモアに富んだ会話を交わしていれば時間などあっという間に過ぎる」などがあります。

その他にも、「ブラックユーモアばかり口にする人は話していて困ることが多い」「彼のようにユーモアがある人間になりたい」「知識の多さはユーモアの有無に繋がると感じている」などがあります。

ユーモアは英語で「humor」と表記され、おかしさや滑稽、気まぐれといった意味で使われています。日本語として、気分や機嫌といった意味で使われることはありません。

この言葉は単なる風刺ではなく、会話の相手や場を和ませる時に使われるものですが、話し手の意図する面白さが相手に伝わらない場合はその効果は発揮されません。

「ブラックユーモア」の意味

上記例文の「ブラックユーモア」とは、攻撃的であったり陰湿なユーモアや、道徳的なタブーにわざとふれるような洒落にならない洒落を指す言葉です。少しの間は笑いが取れたとしても後々ぞっとするようなものに対して使われています。

そのため、話し手が風刺的な話題を面白さを感じさせるためにユーモアを使ったとしても、相手が不愉快に感じることもあるため注意が必要です。

ユーモアの類語

ユーモアの類語・類義語としては、気の利いた会話や文章などを生み出す才能を意味する「ウィット」、その場の状況に応じて素早く出る知恵を意味する「機知」、機敏で巧みに物事を処理する能力を意味する「エスプリ」などがあります。

ユニークの意味

ユニークとは

ユニークとは、唯一である様子を意味しています。

その他にも、他のものとは異なる様子や、風変わりなものや珍しいものも表します。

ユニークの使い方

「電話番号はユニークナンバーの一つである」「ユニークユーザー数を調査して分析を行う」「データベースのユニークキーを設定する」などの文中で使われているユニークは、「唯一のもの」の意味で使われています。

一方、「私の職場はユニークな人たちばかりで恵まれていると思う」「ユニーク雑貨はつい購入してしまう」「彼のユニークなアイデアには驚かされる」などの文中で使われているユニークは、「他のものと異なる様子」の意味で使われています。

ユニークは英語で「unique」と表記され、唯一なものや比類ないものを表す言葉として使われていますが、口語として使わない限り、日本語のユニークと同じように「珍しい」という意味で使われることはありません。

日常会話では面白さを兼ね備えていて他とは異なるものに対して使われることが多い言葉ですが、IT用語では重複のないものを指す言葉として使われています。

「ユニークナンバー」の意味

例えば上記例文の「ユニークナンバー」には電話番号やインターネット上のIPアドレスなどが該当します。

「ユニークユーザー」の意味

また、上記例文の「ユニークユーザー」は一定期間でウェブサイトに訪問した人を指し、重複することはありません。

ユニークの対義語

ユニークの対義語・反対語としては、普通のものや共通のものを意味する「コモン」、行動や考え方が固定的である様子を意味する「ステレオタイプ」があります。

ユニークの類語

ユニークの類語・類義語としては、そのものだけが有することを意味する「固有」、それだけが特別に持っていることを意味する「独特」、他と異なりそれだけにあることを意味する「独自」、際立って優れている様子を意味する「異彩」などがあります。

ユーモアの例文と使い方

1.ユーモアにあふれた彼らのやり取りは相手や第三者を傷つけることはなく、テンポもいいため聞いていて非常に面白いと感じる。
2.自分にユーモアのセンスがあれば、どんな人にも魅力的な人間として見られるのだろうか。
3.彼はたとえ落ち込むような出来事があったとしてもユーモアを忘れずにいるため、基本的には笑顔で過ごせているらしい。
4.頭が固くユーモアがないと彼女は相談してきたことがあったが、彼女の真面目さは長所だと思っている。
5.ユーモアを交えた会話は、場を和ませる手法として使われるが、多用すれば相手に不快感を与えてしまうこともある。
6.彼は見た目は普通だが、ユーモアを交えた返しが芸人のつっこみ担当みたいでおもしろいので、私は彼と付き合うようになってから笑うことが増えたと思う。
7.エリート社員はとても頭がが良くて優秀なのだが、ユーモアのセンスがないのでお堅い印象がありました。
8.この手の外国の小説は、日本語に翻訳するとユーモアが薄れてしまうことが多いので非常に難しい仕事だ。
9.ユーモアを磨こうと思い、いろいろ会話本を買い漁ってみるものの、それでユーモアが磨かれることはなかった。
10.私が冗談でつぶやいたことを本気で批判している人がいるが、ユーモアを理解できない人も一定数いるのだなと思った。

この言葉がよく使われる場面としては、人の心を和ませるような洒落などが挙げられます。

どのユーモアという言葉も悪い意味で使われることはなく、プラスのイメージで使われています。

ユニークの例文と使い方

1.ウェブサイトの設計においてユニークユーザーの数から様々なことを分析することはデザインなどを決める一助となるだろう。
2.ユニーク番号は個人情報として扱われることがほとんどであるため、流出すれば一大事とされるだろう。
3.魅力的なユニークグッズを見掛ける度に購入していたら、家の中がもので溢れるようになってしまった。
4.面白いことをするのではなく、ユニークさを感じるような応答を期待している。
5.テレビでユニークなダイエット方法が取り上げられたが実際に試して効果があるのかまでは調べていない。
6.サイトのアクセス数は多かったがユニークユーザー数が少なく、リピーターを増やすことが当面の目標となった。
7.中学時代の同級生が会社を経営しているのだが、以前テレビ番組でユニークな会社として取り上げられたこともあるそうだ。
8.会議で行き詰っている時に、いつも彼のユニークなアイデアを出してくれて、何度も救われています。
9.番組では子どもたちのユニークな質問に教授たちはタジタジになっていて、見ていてとても面白かったです。
10.彼らはYouTuberとしては後発組であったが、その後ユニークな企画を生み出して、徐々に頭角を現している。

この言葉がよく使われる場面としては、唯一である様子などが挙げられます。

今日では例文3から例文5のように、珍しいものや、他とは異なるもの、風変わりなものに対して使われることがほとんどです。

ユーモアとユニークは、どちらも「独特なおかしさ」を表します。どちらを使うか迷った場合は、人の笑いを誘うような洒落を表す場合は「ユーモア」を、珍しいものを表す場合は「ユニーク」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター