今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【イノベーション】と【リノベーション】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「イノベーション」と「リノベーション」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「イノベーション」と「リノベーション」という言葉は、「変化を加えて改善すること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




イノベーションとリノベーションの違い

イノベーションとリノベーションの意味の違い

イノベーションとリノベーションの違いを分かりやすく言うと、イノベーションは変化が目で見てわからないものに対して使い、リノベーションは変化が目で見てわかるものに対して使うという違いです。

イノベーションとリノベーションの使い方の違い

一つ目のイノベーションを使った分かりやすい例としては、「イノベーション促進に向けて動くこととなった」「イノベーションを起こす前に準備をする必要がある」「プロダクトイノベーションは携帯電話によく見られるのではないだろうか」などがあります。

二つ目のリノベーションを使った分かりやすい例としては、「リノベーション物件は新築物件と大差ないように見える」「自宅をリノベーションする決心がつかない」「リノベーション都市開発によって活気を取り戻してほしい」などがあります。

イノベーションとリノベーションの使い分け方

イノベーションとリノベーションはどちらも、変化させることで改善することを意味する言葉として使われていますが、若干異なります。

イノベーションは、技術やその他アイデア、組織や制度の改革や導入を意味する言葉として使われており、今まで使われていたものや仕組みを変えることで新しい価値を見出そうとする行動や活動を指す言葉です。

一方のリノベーションも、元ある仕組みの一部を利用することや再開発などの意味で使われていますが、建築物などに対して使うことで改修や修復を意味します。

つまり、イノベーションはアイデアや組織などの目で変化の形をとらえることができないものに対して使われ、リノベーションは建築物など変化が目で見てわかるものに対して使うという違いがあります。

イノベーションとリノベーションの英語表記の違い

イノベーションを英語にすると「innovation」となり、例えば上記の「イノベーションの促進」を英語にすると「promoting innovation」となります。

一方、リノベーションを英語にすると「renovation」となり、例えば上記の「リノベーションパターン」を英語にすると「renovation patterns」となります。

イノベーションの意味

イノベーションとは

イノベーションとは、革新や刷新を意味しています。

表現方法は「イノベーションを起こす」「イノベーションを生み出す」

「イノベーションを起こす」「イノベーションを生み出す」などが、イノベーションを使った一般的な言い回しです。

イノベーションの使い方

イノベーションを使った分かりやすい例としては、「イノベーション事例を調べてみたら思ったより身近なものも対象だった」「プロダクトイノベーションではロボットが導入されている」「イノベーションを起こすためにメンバーが集められた」などがあります。

その他にも、「オープンイノベーションは開発期間を短くするなどのメリットがある」「航空イノベーションは何度か行われてきた」「気に入りの製品を販売する企業のイノベーション内容に興味がある」などがあります。

イノベーションは英語で「innovation」と表記され、革新や刷新、新制度を意味する言葉として使われています。「innovate」という動詞を名詞に派生させた言葉で、ラテン語で何かを新しくすることを意味する「innovare」が語源となっていると言われています。

さらに、「in」は内側を示す接頭語であり、「novation」は更新を意味する言葉です。このことからも、内なる改革や新制度の導入を表すようになり、1440年頃から使われるようになりました。

「オープンイノベーション」の意味

また、上記例文の「オープンイノベーション」とは、組織の内外だけでなく、別分野のデータや知識などのを参考に改善などを行うことで、イノベーション方法の一つです。これに対し自社のみで行われる研究開発は「クローズドイノベーション」と言われています。

イノベーションの対義語

イノベーションの対義語・反対語としては、旧来のやり方や考え方を守っていく姿勢を意味する「保守」、習慣や思想など規範として昔から受け継がれてきた事柄を意味する「伝統」があります。

イノベーションの類語

イノベーションの類語・類義語としては、古い方法を新しい方法などに変えることを意味する「更改」、従来の制度などをより良いものにすることを意味する「改革」、まったく新しくなることを意味する「一新」などがあります。

リノベーションの意味

リノベーションとは

リノベーションとは、改善や再開発を意味しています。

その他にも、建造物などの修理や修復を意味する言葉としても使われています。

表現方法は「リノベーションをする」「リノベーションされたマンション」

「リノベーションをする」「リノベーションされたマンション」などが、リノベーションを使った一般的な言い回しです。

リノベーションの使い方

「エリアリノベーションが起きた街に足を運んで見てみたい」「地方都市リノベーションには住民たちの意見も必要だ」「リノベーションまちづくりへの支援も行われている」などの文中で使われているリノベーションは、「再開発」の意味で使われています。

一方、「リノベーションされたマンションの購入を決めた」「この地域にはリノベーションされた物件が多い」「リノベーション前が想像できないほど綺麗だ」などの文中で使われているリノベーションは、「建造物などの修理」の意味で使われています。

リノベーションは英語で「renovation」と表記され、修復や刷新を意味する言葉として使われています。特に建造物の修復を示す場合に使われており、日本語として使う場合にも同じ使い方をします。日本では「リノベ」と省略されることもあります。

そのため、既存の建築物の耐震性を高めるためなどの大規模な改修工事で新しい価値を加える場合に多く使われており、古くなったものを元の状態へと戻すことを目的とする「リフォーム」と区別されています。

「エリアリノベーション」の意味

また、上記例文の「エリアリノベーション」とは、同時期にたくさんのリノベーションが行われる地域を指す言葉で、小さなリノベーションも数多く行われればそのエリア全体の都市開発が進むとされています。

リノベーションの対義語

リノベーションの対義語・反対語としては、正常に動かなくなることを意味する「故障」、建造物や組織などを壊すことを意味する「破壊」があります。

リノベーションの類語

リノベーションの類語・類義語としては、壊れたり悪くなった箇所を直すことを意味する「修繕」、壊れたり傷んだりした部分を繕うことを意味する「補修」、悪い状態になったものがもとに戻ることを意味する「回復」などがあります。

イノベーションの例文と使い方

1.イノベーションの方向性が変わったと耳にしたが、さらにニーズに沿える物が生まれるのであれば非常に楽しみだ。
2.人員を含む資源を効果的に、かつ効率的に使うためのイノベーションマネジメントを疎かにしてはいけない。
3.企業がイノベーションを起こすために一体何が必要なのかを考えた時、柔軟な思考を行う人物が第一だと感じた。
4.イノベーションを実現させるためにまずは何を課題とするかに関して議論が行われた。
5.イノベーションでは改善を重ねていくだけではなく、新しい技術や方針も重要視される。
6.脱炭素型の持続可能な地域づくりを進めるために、今こそ私たち一人一人のライフスタイルイノベーションが必要である。
7.政府はイノベーションを起こすために躍起になっているが、政府は従来の規制を撤廃するだけでいいのだ。
8.若い皆さんはかつて日本でもウォークマンなどでプロダクトイノベーションを起こしていたことをご存知だろうか?
9.私はマーケットイノベーションを起こすべく、新しい販路開拓を試みているが、なかなかうまくいかない。
10.不況下でイノベーションが生まれないのは、若年層の失業者が増えて組織の新陳代謝が滞るからである。

この言葉がよく使われる場面としては、革新や刷新を表す時などが挙げられます。

例文2の「イノベーションマネジメント」とは、イノベーションに適する状況を作るための活動を指す言葉です。

リノベーションの例文と使い方

1.引っ越し先を考えるにあたって、新築ではなくリノベーション物件も視野に入れていると不動産屋に伝えた。
2.かつて住んでいた場所はリノベーションマンションとして生まれ変わったため耐震性も十分で、その他の設備も充実したらしい。
3.フルリノベーションは非常にお金が掛かるものだが、新築物件を購入するよりも安く済むだろう。
4.全国的に起きているリノベーションプロジェクトが成功すれば、そのエリアに多くの観光客を集めることができるはずだ。
5.リノベーションまちづくりによる地域活性を狙って、空いている土地に様々な価値を見出されていく。
6.古い蔵や銀行などの建物をリノベーションしたホテルが日本の各地に増えていて、あえて残したレトロな趣がおしゃれだと若い人にも好評だそうだ。
7.国立競技場はやはり解体せずにリノベーションして保存、活用するべきだったが、偉い人はお金を回したかったのだろう。
8.リノベーション物件は新築物件と大差ないように見えるが、たとえば耐震性能などはどうなっているのだろうか。
9.建物の資産価値を維持しながら、長く住み継がれるリノベーション事業は社会的に意義があると思います。
10.これらの駅前の再開発事業では、従来の建物をすべて取り壊すのではなくリノベーションして街の活性化を図ろうというものです。

この言葉がよく使われる場面としては、改善や修理を表す時などが挙げられます。

例文3の「フルリノベーション」とは、骨組みの状態まで解体して間取りを変更したり配管を変更したりなどの大規模なリノベーションを指す言葉です。

イノベーションとリノベーションは、どちらも「変化を加えて改善すること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、目に見える変化を伴わない場合は「イノベーション」を、目に見える変化を伴う場合は「リノベーション」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター