今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【履き違える】と【取り違える】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「履き違える」(読み方:はきちがえる)と「取り違える」(読み方:とりちがえる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「履き違える」と「取り違える」という言葉は、どちらも意味を間違えて理解することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「履き違える」と「取り違える」の違い

「履き違える」と「取り違える」の意味の違い

「履き違える」と「取り違える」の違いを分かりやすく言うと、「履き違える」は元から知っているものに対して使う、「取り違える」は誰かから言われたことに対して使うという違いです。

「履き違える」と「取り違える」の使い方の違い

一つ目の「履き違える」を使った分かりやすい例としては、「靴下の左右を履き違えてしまいました」「目的を履き違えて相手に迷惑をかけてしまいました」「彼女は自由の意味を履き違えている」などがあります。

二つ目の「取り違える」を使った分かりやすい例としては、「言葉の意味を取り違えると大変なことになる」「祖父はブロッコリーとカリフラワーを取り違える」「彼は私の鞄を取り違えて帰ってしまいました」などがあります。

「履き違える」と「取り違える」の使い分け方

「履き違える」と「取り違える」はどちらも意味を間違えて理解することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば「履き違える」は元から知っているものに対して使うのに対して、「取り違える」は誰かから言われたことに対して使うという点です。

ただし、ほぼ同じニュアンスを持っているので、置き換えて使うことも可能になっています。

「履き違える」と「取り違える」の英語表記の違い

「履き違える」も「取り違える」も英語にすると「misunderstand」「mistake」となり、例えば上記の「彼女は自由の意味を履き違えている」を英語にすると「She have a mistaken idea of freedom」となります。

「履き違える」の意味

「履き違える」とは

「履き違える」とは、意味を間違えて理解することを意味しています。その他にも、他人の履物を間違えて履いたり左右を間違えて履いたりすることの意味も持っています。

表現方法は「言葉を履き違える」「目的を履き違える」「立場を履き違える」

「言葉を履き違える」「目的を履き違える」「立場を履き違える」などが、「履き違える」を使った一般的な言い回しになります。

「履き違える」の使い方

「目的を履き違えるのは良くないです」「あなたは加害者なのだから立場を履き違えるおは辞めてください」「励ましの言葉を履き違えるのは良くないだろう」などの文中で使われている「履き違える」は、「意味を間違えて理解すること」の意味で使われています。

一方、「うっかり人の靴を履き違える」「うちの幼稚園では長靴の履き違えが多発している」などの文中で使われている「履き違える」は、「他人の履物を間違えて履いたり左右を間違えて履いたりすること」の意味で使われています。

「履き違える」はただ単純に間違えるのではなく、言葉の意味を間違えて理解する場合に使う動詞です。また、他人の履物を間違えて履いたり左右を間違えて履いたりすることという物理的に間違った場合にも使うことができます。

「履き違える」はビジネスシーンなどのかしこまった場面でよく使われている言葉で、日常生活ではあまり使われていないと覚えておきましょう。

「履き違える」の語源

「履き違える」の語源はズボンを履くことです。元々はもう一つの意味である左右前後を間違えてズボンを履く場合に使っていた言葉なのですが、これを物事の意味や趣旨を正しい意味ではなく間違った解釈をすることに喩えて使われるようになったと言われています。

「履き違える」の類語

「履き違える」の類語・類義語としては、間違って思い込むことを意味する「勘違い」、間違えて思い込むことを意味する「思い違い」、ある事実について間違った理解や解釈をすることを意味する「誤解」などがあります。

「取り違える」の意味

「取り違える」とは

「取り違える」とは、意味を間違えて理解することを意味しています。その他にも、間違って他の物を取ることの意味も持っています。

表現方法は「意味を取り違える」「値段を取り違える」

「意味を取り違える」「値段を取り違える」などが、「取り違える」を使った一般的な言い回しになります。

「取り違える」の使い方

「あなたが言っている意味を取り違えてしまいました」「自由とわがままを取り違えるのは辞めてください」などの文中で使われている「取り違える」は、「意味を間違えて理解すること」の意味で使われています。

一方、「靴を取り違えてしまいました」「彼女ははっさくとぽんかんを取り違える」などの文中で使われている「取り違える」は、「間違って他の物を取ること」の意味で使われています。

「取り違える」はただ単純に間違えるのではなく、言葉の意味を間違えて理解する場合に使う動詞です。また、間違って他の物を取るこという物理的に間違った場合にも使うことができます。

「取り違える」はビジネスシーンなどのかしこまった場面でよく使われている言葉で、日常生活ではあまり使われていないと覚えておきましょう。

「取り違える」の類語

「取り違える」の類語・類義語としては、思い違いのことを意味する「心得違い」、間違えることを意味する「誤謬」(読み方:ごびゅう)などがあります。

「履き違える」の例文

1.無礼講の意味を履き違えて、社長にとても失礼なことを言ってしまいました。
2.あなたは自由の意味を履き違えていると、先輩から注意されてしまいました。
3.彼の優しさを履き違えてわがままに振る舞っていたら、別れを告げられてしまいました。
4.どうやら彼女は、この会議の目的を履き違えているようだった。
5.雨の日は長靴の履き違えが多いので注意するようにと、保育園から通達がきました。

この言葉がよく使われる場面としては、意味を間違えて理解することを表現したい時などが挙げられます。その他にも、他人の履物を間違えて履いたり左右を間違えて履いたりすることを表現したい時にも使います。

例文1から例文4の「履き違える」は意味を間違えて理解すること、例文5の「履き違える」は他人の履物を間違えて履いたり左右を間違えて履いたりすることの意味で使っています。

「取り違える」の例文

1.社会人になったからには、自由と放任を取り違えるのは良くないだろう。
2.私はあなたの言っていたことを取り違えていたようです。申し訳ございません。
3.同情と愛情を取り違えると、あとで悲しい思いをするだろう。
4.あなたは私の言ってることを取り違えている気がします。
5.彼はキャベツとレタスを取り違えることが多いので、その度に教えてあげています。

この言葉がよく使われる場面としては、意味を間違えて理解することを表現したい時などが挙げられます。その他にも、間違って他の物を取ること間違って他の物を取ることを表現したい時にも使います。

例文1から例文4の「取り違える」は意味を間違えて理解すること、例文5の「取り違える」は間違って他の物を取ることの意味で使っています。

「履き違える」と「取り違える」はどちらも意味を間違えて理解することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、元から知っているものに対して使うのが「履き違える」、誰かから言われたことに対して使うのが「取り違える」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター