今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【迎春】と【新春】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「迎春」(読み方:げいしゅん)と「新春」(読み方:しんしゅん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「迎春」と「新春」という言葉は、どちらも「新しい年」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




迎春と新春の違い

迎春と新春の意味の違い

迎春と新春の違いを分かりやすく言うと、迎春とは新年を迎えることを表し、新春とは新年そのものを表すという違いです。

迎春と新春の使い方の違い

一つ目の迎春を使った分かりやすい例としては、「ホテルで迎春を祝うニューイヤーブッフェが人気です」「商店街は早くも迎春ムードを漂わせています」「迎春花はジャスミンの仲間です」「大掃除や年賀状など迎春準備はお済みですか」などがあります。

二つ目の新春を使った分かりやすい例としては、「新春のお慶びを申し上げます」「恒例の新春俳句大会に投句する」「お得な新春キャンペーンを実施中です」「当店の新春イベントにぜひお越し下さい」などがあります。

迎春と新春の使い分け方

迎春と新春という言葉は、どちらも新しい年を表し、年賀状などに使用されていますが、厳密な意味には違いがあります。

迎春とは、新年を迎えることを意味します。新年が到来することを指す言葉ですが、実際には正月の期間を表す時に使用されています。上記の例文にある「迎春を祝う」「迎春ムード」の迎春は、「正月」や「新春」という言葉に置き換えることができます。

新春とは、新年や正月を意味します。現在の新暦ではなく陰暦が用いられていた頃、正月を迎える頃が春の始まりだったため、その名残で新春という言葉が使われるようになりました。

つまり、迎春とは新年を迎えることを表しますが、新春とは新年そのものを表す言葉です。ただし、本来の意味に違いはありますが、二つの言葉はほぼ同じ意味で使用されているのが実情です。

迎春と新春の英語表記の違い

迎春も新春も英語にすると「the New Year」となり、例えば上記の「迎春を祝う」を英語にすると「celebrate new year」となります。

迎春の意味

迎春とは

迎春とは、新春を迎えること、新年を迎えることを意味しています。

迎春の読み方

迎春の読み方は「げいしゅん」です。誤って「ごうしゅん」などと読まないようにしましょう。

迎春の使い方

迎春を使った分かりやすい例としては、「迎春飾りはいつからいつまで飾るべきなのだろうか」「無料の迎春イラストをダウンロードする」「筆文字の迎春でフリー素材を探しています」「年賀状で賀正や迎春はいつまで使えますか」などがあります。

その他にも、「お年賀に話題の迎春スイーツを用意しました」「門松を設置して迎春の準備が整った」「毎年恒例の迎春セールを実施します」「どんな花なのか知りたくて迎春花の画像を検索しました」などがあります。

迎春とは、新春を迎えることや新年を迎えることを意味し、年の始めの挨拶として年賀状などに用いられる言葉です。旧暦の一月は季節の上では春にあたるところから、新年を表す語句に「春」の字を用いるようになったとされています。

迎春は、祝いの心を表す言葉である「賀詞」の一つです。賀詞には「寿」「賀正」「謹賀新年」などの種類がありますが、一文字や二文字の賀詞は簡略化されたものであるため、敬意が欠けているとの印象を与えてしまいます。そのため、「迎春」は目上の人に使ってはいけないものとされています。

迎春の期間はいつからいつまでか

迎春という言葉は、使用できる期間が決まっています。迎春は、基本的に1/1から1/7までの「松の内」に使用するものです。ただし、「松の内」は1/15までとする地域もあるので、迎春の使用期間も地域によって多少の差があります。

迎春の対義語

迎春の対義語・反対語としては、過ぎ去って行く春を送ることを意味する「送春」などがあります。

迎春の類語

迎春の類語・類義語としては、新春を祝うことを意味する「賀春」、新年を祝うことを意味する「賀正」、元日の朝や元朝を意味する「元旦」、年のはじめや年頭を意味する「年初」などがあります。

新春の意味

新春とは

新春とは、新年、初春、正月を意味しています。

新春の使い方

新春を使った分かりやすい例としては、「新春の候、 益々ご清栄のことお慶び申し上げます」な「2023年の新春ドラマをチェックする」「新春セールで欲しい家具を買う予定です」「新春の候という挨拶はいつまで使えるのだろうか」などがあります。

その他にも、「謹んで新春をお祝い申し上げます」「新春シャンソンショーのチケットを購入しました」「新春浅草歌舞伎が3年ぶりに上演されます」「お正月には新春かくし芸大会を家族で見ます」などがあります。

新春とは、新しい年や正月を意味します。陰暦が使用されていたころ、正月を迎える頃が春の始まりでした。前述した「迎春」と同じような二文字の賀詞であり、年頭の挨拶の言葉として年賀状や広告などに用いらてれています。

新春という言葉を年賀状などに使用する場合、目上の人や取引先に対して使うことは適切ではありません。賀詞の基本は「謹賀新年」「恭賀新年」の4文字からなるもので、二文字の「新春」は敬意を表す「謹」や「恭」が省略されているためです。

新春の対義語

新春の対義語・反対語としては、昨年の冬や昨冬を意味する「旧冬」などがあります。

新春の類語

新春の類語・類義語としては、新春を褒めたたえることを意味する「頌春」(読み方:しょうしゅん)、新年を祝うことや新年のあいさつを意味する「年始」、1月1日を意味する「元日」などがあります。

迎春の例文

1.門松や迎春飾りはいつ出していつ片付けるのが正しいのか、ご存知でしょうか。
2.気が付けば12月も後半に入り、今週は迎春の準備で忙しくしています。
3.年賀状の定番文字である「迎春」を、筆書きのイラストにしました。
4.年賀状におみくじ付き迎春シールを貼ったところ、友人たちから好評でした。
5.目上の人に書く年賀状には、「迎春」ではなく「謹賀新年」と記すようにしています。

この言葉がよく使われる場面としては、新春を迎えること、新年を迎えることを表現したい時などが挙げられます。

例文1の「迎春飾り」とは「正月飾り」のことであり、しめ縄や鏡餅といったお正月に向けて飾るものを指します。例文5に関して、「迎春」は簡略的な賀詞のため、上司や目上の方に使うことは適切でないとされています。

新春の例文

1.新春の候、皆様におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申しげます。
2.目上の人に対する年賀状には、「新春」ではなく「謹賀新春」を使うようにしています。
3.近所のショッピングモールは元旦から営業し、新春イベントが開催されるようです。
4.市が主催する新春俳句大会で入賞した生徒は、学校の始業式で表彰される予定です。
5.新春に飾りたい縁起が良い花や植物と言えば、松竹梅が定番ですね。

この言葉がよく使われる場面としては、新年、初春、正月を表現したい時などが挙げられます。

例文1にある「新春の候」や「新春のみぎり」は、正月に用いる時候の挨拶です。いつまで使用できるかというと、松の内までなら使用できます。 この松の内は1月7日までとする地域がほとんどですが、地域によっては1月15日までとするところもあります。

迎春と新春という言葉は、どちらも「新しい年」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、新しい年を迎えることを表現したい時は「迎春」を、新年や正月そのものを表現したい時は「新春」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター