今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:29,146件

【山々ですが】と【せっかくですが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「山々ですが」(読み方:やまやまですが)と「せっかくですが」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「山々ですが」と「せっかくですが」という言葉は、どちらも断り文句のことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「山々ですが」と「せっかくですが」の違い

「山々ですが」と「せっかくですが」の意味の違い

「山々ですが」と「せっかくですが」の違いを分かりやすく言うと、「山々ですが」は断りの文句以外でも使える、「せっかくですが」は断りの文句のみで使うという違いです。

「山々ですが」と「せっかくですが」の使い方の違い

一つ目の「山々ですが」を使った分かりやすい例としては、「行きたいのは山々ですが都合がつきません」「手伝いたいのは山々ですが今回は時間がありません」などがあります。

二つ目の「せっかくですが」を使った分かりやすい例としては、「せっかくですがこの件はお引き受けすることはできません」「せっかくですが今回はご辞退いたします」「せっかくですがそのイベントには参加できそうにありません」などがあります。

「山々ですが」と「せっかくですが」の使い分け方

「山々ですが」と「せっかくですが」はどちらも断り文句のことを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「山々ですが」は実際はできないがそうしたいと思うことを意味しており、断り文句だけはなく、「兄とチームに行きたいのは山々ですが実力が足りません」のように、実際にそうしたいができないという願望のニュアンスで使うこともできます。

一方、「せっかくですが」は相手のしてくれたことに対してその価値を認めながらも断ることという断りの文句でのみ使うというのが違いです。

また、断りの文句として使う場合は意味は同じなので、お互いに置き換えても問題ないと覚えておきましょう。

「山々ですが」と「せっかくですが」の英語表記の違い

「山々ですが」も「せっかくですが」も英語にすると「unfortunately」「I regret to say」「It’s a shame that」となり、例えば上記の「せっかくですがそのイベントには参加できそうにありません」を英語にすると「Unfortunately I won’t be able to partake in the event」となります。

「山々ですが」の意味

「山々ですが」とは

「山々ですが」とは、実際はできないがそうしたいと思うことを意味しています。

「山々ですが」の読み方

「山々ですが」の読み方は「やまやまですが」です。誤って「さんざんですが」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「参加したいのは山々ですが」「気持ちは山々ですが」「行きたいのは山々ですが」

「参加したいのは山々ですが」「気持ちは山々ですが」「行きたいのは山々ですが」などが、「山々ですが」を使った一般的な言い回しです。

「山々ですが」の使い方

「山々ですが」を使った分かりやすい例としては、「行きたいのは山々ですが都合がつきません」「お供したいのは山々ですが今晩は約束があるので行けません」「プロになりたいのは山々ですが実力が足りません」などがあります。

「山々ですが」は実際はできないがそうしたいと思うことを意味する「山々」に、「だが」の丁寧な表現を意味する「ですが」が合わさった言葉です。

「行きたいのは山々ですが予定があるので参加することができません」のように、「行きたい気持ちはあるけれど行けない」という断り文句として使うのが一般になっています。

その他にも、「うちの部は県大会ベスト16が山々ですが今年はもう少し上を目指せそうです」のようにせいぜいというニュアンスで使うことも可能です。

また、「山々ですが」は会話ならでは表現なので、メールや手紙などの文章に使うのはあまり適していません。もし、文章で使いたいのであれば、「大変申し訳ございません」のようなストレートな表現を使うのがいいでしょう。

「山々ですが」はビジネスシーンでも使うことができるのが特徴です。また、目上の人に対して使うことも可能ですが、前後の文章も敬語にすることで、より丁寧な印象を与えることができると覚えておきましょう。

「山々ですが」の類語

「山々ですが」の類語・類義語としては、何か都合をつけて行くようにすることを意味する「行けたら行く」、そう思ってはいることを意味する「思ってはいますが」、そうあって欲しいと願っていることを意味する「願ってはいますが」などがあります。

「せっかくですが」の意味

「せっかくですが」とは

「せっかくですが」とは、相手のしてくれたことに対してその価値を認めながらも断ることを意味しています。

「せっかくですが」の漢字表記

「せっかくですが」を漢字にすると、「折角ですが」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「せっかくですが」を使うようにしましょう。

「せっかくですが」の使い方

「せっかくですが」を使った分かりやすい例としては、「せっかくですが今回はお気持ちだけ頂戴いたします」「せっかくですが当日は予定があり出席することができません」「せっかくですが今回は辞退させていただきます」などがあります。

「せっかくですが」はいろいろの困難を排して事をすることや苦労してのことを意味する「せっかく」に、「だが」の丁寧な表現を意味する「ですが」が合わさり、相手のしてくれたことに対してその価値を認めながらも断ることを意味する言葉です。

特にビジネスシーンにおいて、相手に不快感を与えることなく、相手の誘いを込断ることができるため、重宝されています。

また、目上の人に対して使うことができるというのも特徴です。その場合は前後の文章を敬語にするといいでしょう。

「せっかくですが」の類語

「せっかくですが」の類語・類義語としては、都合の悪いことを意味する「生憎ですが」、相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うことを意味する「恐縮ですが」などがあります。

「山々ですが」の例文

1.参加したいのは山々ですが、今回は予定が入っているのでご遠慮させていただきます。
2.憧れの先輩と同じ大学の行きたいのは山々ですが、学力が足らず難しそうです。
3.久々に会ったのでもっと話したいのは山々ですが、今回はあまり時間がありません。
4.一緒に行って上げたいのは山々ですが、その日は仕事のため行くことができません。
5.この小説を貸したいのは山々ですが、まだ読み終わっていません。
6.もっと皆さんとお話していたいのは山々ですが、そろそろ終了のお時間が迫ってまいりました。
7.そのプロジェクトに参加したいのは山々ですが、他のプロジェクトの進捗が追いついておらず、難しい状況です。
8.懇親会に参加したいのは山々ですが、その日はあいにく別の用事があるので行くことができません。
9.プロになりたいのは山々ですが、まだまだ実力が足りませんから、日々修業の日々ですよ。
10.展示会に出展したいのは山々ですが、予算の都合で今年は見送りとさせていただきます。

この言葉がよく使われる場面としては、実際はできないがそうしたいと思うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「山々ですが」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「せっかくですが」の例文

1.せっかくですがこの件に関してはご協力することができず、誠に申し訳ございません。
2.せっかくですが今夜は先約があり、ご遠慮させていただきます。
3.せっかくですがどうしても外せない用事があり、今回は辞退させていただきます。
4.せっかくですが、その日は諸事情により参加するのが難しいです。
5.せっかくですが怪我が完治していないため、今回は辞退させていただきます。
6.せっかくですが、その依頼にお応えすることが難しく、お断りさせていただくことになりました。
7.経済支援の申し出ついてはせっかくですが、今回はお気持ちだけ頂戴しております。
8.同窓会のお誘いありがとうございます。せっかくですが、今回は欠席させていただきます。
9.売却先決定のため、せっかくですが、また別の機会がありましたらよろしくお願いいたします。
10.せっかくですが、そのイベントには都合が悪く、出席できない状況です。また機会がありましたらよろしくお願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、相手のしてくれたことに対してその価値を認めながらも断ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように「せっかくですが」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「山々ですが」と「せっかくですが」はどちらも断り文句のことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、断りの文句以外でも使えるのが「山々ですが」、断りの文句でのみ使うのが「せっかくですが」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター