今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:28,566件

【お時間を頂戴したく存じます】と【お時間をいただきたく存じます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お時間を頂戴したく存じます」(読み方:おじかんをちょうだいしたくぞんじます)と「お時間をいただきたく存じます」(読み方:おじかんをいただきたくぞんじます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」という言葉は、どちらも相手に時間をもらえないかと依頼することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の違い

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の意味の違い

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の違いを分かりやすく言うと、「お時間を頂戴したく存じます」の方が「お時間をいただきたく存じます」よりも丁寧な表現という違いです。

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の使い方の違い

一つ目の「お時間を頂戴したく存じます」を使った分かりやすい例としては、「つきましては下記の日程でお時間を頂戴したく存じます」「今日のどこかで15分ほどお時間を頂戴したく存じます」などがあります。

二つ目の「お時間をいただきたく存じます」を使った分かりやすい例としては、「一つご相談したいことがありお時間をいただきたく存じます」「来週のどこかで1時間ほどお時間をいただきたく存じます」などがあります。

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の使い分け方

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」はどちらも相手に時間をもらえないかと依頼することを意味する言葉ですが、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「お時間を頂戴ししたく存じます」の方が「お時間をいただきたく存じます」よりも丁寧な表現という点です。

また、「頂戴」と「いただく」はどちらも謙譲語なので、「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」はどちらもビジネスシーンにおいて目上の人に対して使っても問題ない言葉です。

ただし、「頂戴」の方がより堅い表現なので、社外の人や取引先などのよりかしこまった場面では、「お時間を頂戴したく存じます」の方を使うことが多いと覚えておきましょう。

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」の英語表記の違い

「お時間を頂戴したく存じます」も「お時間をいただきたく存じます」も英語にすると「Could you please give me a time」「I would like to give me a time」となります

「お時間を頂戴したく存じます」の意味

「お時間を頂戴したく存じます」とは

「お時間を頂戴したく存じます」とは、相手に時間をもらえないかと依頼することを意味しています。

「お時間を頂戴したく存じます」の使い方

「お時間を頂戴したく存じます」を使った分かりやすい例としては、「ご面談のお時間を頂戴したく存じます」「一度打ち合わせのお時間を頂戴したく存じます」「ご相談したいことがあるのでお時間を頂戴したく存じます」などがあります。

「お時間を頂戴したく存じます」は、ある長さをもつ時のことを意味する「時間」に、接頭語の「お」、もらうの謙譲語の「頂戴したく」、思うの丁重語「存じる」、丁寧語の「ます」が合わさり、相手に時間をもらえないかと依頼することの意味で使われている言葉です。

「お時間を頂戴したく存じます」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができると覚えておきましょう。

「お時間を頂戴したく存じます」は社外の人に対してビジネスメールや電話などで、相手に時間をもらえないかお願いする場合に使う言葉になります。その他にも、上司に対して相談する場合にも使うことが可能です。

「お時間を頂戴したく存じます」はクッション言葉とセットで使える

「お時間を頂戴したく存じます」は「大変恐縮ですがお時間を頂戴したく存じます」「ご迷惑をおかけしますがお時間を頂戴したく存じます」などのように、クッション言葉とセットで使うことで相手により良い印象を与えることができます。

クッション言葉とは、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことを意味しています。そのため、クッション言葉を使用すると相手に対して良い印象を与えることができます。

「お時間を頂戴したく存じます」の類語

「お時間を頂戴したく存じます」の類語・類義語としては、時間をもらいたいことをお願いすることを意味する「お時間を頂戴したく申し上げます」、時間を頂戴とお願いすることを意味する「お時間をください」などがあります。

「お時間をいただきたく存じます」の意味

「お時間をいただきたく存じます」とは

「お時間をいただきたく存じます」とは、相手に時間をもらえないかと依頼することを意味しています。

「お時間をいただきたく存じます」の使い方

「お時間をいただきたく存じます」を使った分かりやすい例としては、「今から15分ほどお時間をいただきたく存じます」「今しばらくお時間をいただきたく存じます」「ご多忙の中大変恐縮ですがお時間をいただきたく存じます」などがあります。

「お時間をいただきたく存じます」はある長さをもつ時のことを意味する「時間」に、接頭語の「お」、もらうの謙譲語の「いただきたく」、思うの丁重語「存じる」、丁寧語の「ます」が合わさり、相手に時間をもらえないかと依頼することの意味で使われている言葉です。

「お時間をいただきたく存じます」は丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができると覚えておきましょう。

ただし、社外の人に対して使用する場合は、「お時間をいただきたく存じます」よりもさらに丁寧な表現である「お時間を頂戴したく存じます」を使うことが多いです。

「お時間をいただきたく存じます」はビジネスメールや電話などで、相手に時間をもらえないかお願いする場合に使う言葉になります。その他にも、上司に対して相談する場合にも使うことが可能です。

「お時間をいただきたく存じます」の類語

「お時間をいただきたく存じます」の類語・類義語としては、時間をもらえたら嬉しいことを意味する「お時間をいただければ幸いです」、時間をもらうようにお願いすることを意味する「お時間をいただきますようお願い申し上げます」などがあります。

「お時間を頂戴したく存じます」の例文

1.今週のどこかで、1時間ほど打ち合わせのお時間を頂戴したく存じます。
2.明日緊急会議を開くこととなっため、皆様のお時間を頂戴したく存じます。
3.以下の日程から30分ほどお時間を頂戴したく存じますが、ご都合の方はいかがでしょうか。
4.その件については社内で検討中なため、今しばらくお時間を頂戴したく存じます。
5.ご多忙のところ大変恐縮ですが、一度顔合わせのお時間を頂戴したく存じます。
6.K社との契約のことでご相談したいことがございまして、近いうちに少々お時間を頂戴したく存じます。
7.今週のどこかで15分ほどお時間を頂戴したく存じます。ご相談したいことがありますので、よろしくお願いいたします。
8.この度は新しいビジネスについてお話を伺いたく、お時間を頂戴したく存じます。それほど時間が取りませんのでご安心ください。
9.この商品は完全受注生産ですので、今からご注文いただけますと最大1ヶ月程お時間を頂戴したく存じます。
10.営業再開に向け一同復旧作業に努めておりますので今しばらくお時間を頂戴したく存じます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に時間をもらえないかと依頼することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お時間を頂戴したく存じます」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「お時間をいただきたく存じます」の例文

1.誕生日パーティーを行うので、予定が空いている方はお時間をいただきたく存じます。
2.明後日の15時頃にそちらへ伺う予定です。お時間をいただきたく存じます。
3.お待たせして大変申し訳ございませんが、お時間をいただきたく存じます。
4.下記の日程のどこかで、面談のお時間をいただきたく存じます。
5.今週のどこかで、30分ほど工場見学のお時間をいただきたく存じます。
6.今週の金曜日に内々で送別会を行いたいと思いますので、来れる方はお時間をいただきたく存じます。
7.ご多忙な中、お時間をいただきたく存じます。新しいプロジェクトに関してご相談があります。
8.お忙しいところ恐縮ですが、来週の水曜日の午後にお時間をいただきたく存じます。
9.お時間をいただきたく存じますが、ご都合の良い日程をお教えいただけますでしょうか?イベントの計画についてお話をさせてください。
10.大変申し訳ありませんが、現在多忙のため、ご連絡に数日お時間をいただきたく存じます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に時間をもらえないかと依頼することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お時間をいただきたく存じます」はビジネスシーンにおいてよく使われている言葉です。

「お時間を頂戴したく存じます」と「お時間をいただきたく存じます」はどちらも相手に時間をもらえないかと依頼することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、よりかしこまった場面では「お時間を頂戴したく存じます」の方を使うことが多いと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター